分 (数)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

(ぶ)は、110 を表す漢数字である。そもそも「分」は、「八」+「刀」の会意であり、刀で左右に(八)に切りわける意味を表す漢字である[1][2]。したがって10進法の文脈では「十個に切り分ける」ということから、様々な計量単位割合110を表すために使われる[3][4](ただし、時間や角度のような60進法においては、160を表す)。

このように、「分」は、文脈によって様々な物理量を表すことになる。

」と共に使われることに起因して、1100を意味すると誤解されることがある(後述)。なお、は、基準単位の1100である[5]

計量単位など[編集]

何の110になるかの基準となる単位(「基準単位」)は、ごとに決まっており、以下のとおりである。

このように固定されているので、「分」は単に110を意味するだけでなく、様々な計量単位又は通貨単位として使われる。したがって、一分が0.1寸なのか、0.1匁なのか、0.1度なのか、それとも0.1割なのかは文脈による。

実際に桁を連ねるときは、「二三分四厘」、「二四分六厘」、「三十六五分」、「三二分六厘」のように1の位の直後に「基準単位」を付ける。現代的な表現が「2.34寸」のように最後に「基準単位」を付けるのとは異なる[注 1]

以下、「分」がよく使われる個別の単位について述べる。なお、現在の日本の計量法体系では、計量単位としての分は、特殊の計量の場合[6]であっても、使用が一切禁止されている。

分(長さの単位)[編集]

長さの単位としての「分」は、110 である。が約30.303 mmであるので、分は、約3.0303 mm である。

」とともに使う場合、「一寸二分」(= 1.2寸)のように表す。1の位が0の場合は、単に「二分」(= 0.2寸)のように表す。一分は常に基準単位である寸の1/10(すなわち0.1寸)を表すのであって、0.1を意味することはない。したがって、一尺三分は、1.3尺ではなく、1尺+0.3寸 = 1.03尺 である。

ことわざの「一寸の虫にも五分の魂」は、1寸(約3cm)ほどの小さい虫にも、0.5寸ぐらいの意地や思いはあるという意味である。

(もん)は、主として足袋や靴など履物の大きさを表すのに用いられた長さの単位で、約2.4センチメートルであるが、この「文」の110も、「分」という。

なお、ワイヤボルトなどの鋼材の直径を示す場合、ヤード・ポンド法における 0.125 インチ (18インチ) が基本単位として用いられることがある。18インチ は 正確に3.175 mm であり、尺貫法の分の長さに近いことから、便宜的にこれを「分」と呼ぶ場合がある。例えば、38インチ を 3 分、12インチ を 4 分と呼ぶ。

分(質量の単位)[編集]

質量の単位としての「分」(読みは、「ふん」。後述。)は、110である。は正確に 3.75 g であるので、分は、正確に 0.375 g である。は、「もんめ」(単位記号は、mom)と表記されて「真珠の質量の計量」の場合に限って認められるが、分は使用が禁止されている(前述)。

分(温度の単位)[編集]

温度の単位としての「分」は、110 である。例えば 36.5を「三十六度五分」と呼ぶ。ただし、この呼び方は、国際単位系でも日本の計量法体系でも認められていない。

割合[編集]

割合で用いる「分」は、110である。歩合割合)の基準単位は 110 を表す「」である。したがって、3.26 割を「三割二分六厘」と表現する。

1100との誤解[編集]

割合を言うときには、「三割二分六厘」というように表現する。「割」そのものが110を意味する数詞であるために、「割」とともに「分」を使った場合には、まるで分が 1100を意味するかのように誤解されることとなった[7]。しかし、上記の「三割二分六厘」は、3.26割の意味であって、「分」は、基準単位である「割」の 110を表しているのである[8]

「七分咲き」、「五分五分」、「九分九厘」、「腹八分(腹八分目)」、「盗人にも三分の理」、「七分袖」の表現の中での使われ方は、全体である「十分(じゅうぶ) = 1」に対する割合を表している。つまりそれぞれ「1」を全部として、「0.7咲き」、「0.5 対 0.5」、「0.99」、「満腹の0.8」、「盗人にも0.3(30%)の理屈」、「長袖の70%の長さの袖」ということであり、ここでも「分」は 110という本来の意味を保っている。

人民元ニュー台湾ドル満州国圓などの通貨単位においても、分は元や圓から見れば1100とはなるが、その場合でも分の意味としてはあくまで(元や圓の110である)角の110であり、分自体が1100を表しているわけではない。例えば「3角5分」は「3.5角」の意味である。

60進法における「分」[編集]

時間と角度は60進法であるので、「分」は、160を表すことになる。なお、この場合の読みは、「ふん」又は「ぷん」である。

漢字の旁[編集]

分は、メートル法(現在では国際単位系)におけるデシ (d)(= 110)と同等である。 したがってデシ接頭辞とする単位の漢字(つくり)となっている。ただし、これらの漢字は計量法では認められておらず、使用することはできない。

読み[編集]

質量110を表す「分」の場合は「ふん」と読む。これは、「匁」や「分」は貴金属(特に)を量るにも使われるため、一分(ぶ)金( = 1/4両)と混同されうるからである。

110160でない分[編集]

次の場合は、元来の「分」とは由来が異なり、110160を意味しない。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、現代でも口頭では、3メートル20センチのように、1の位の直後に「基準単位」を付けて呼称することがある。

引用[編集]

  1. ^ 岩波新漢和辞典、p.146、岩波書店、第2刷、1995年4月13日発行、ISBN 4-00-080080-9
  2. ^ 白川静:常用字解、p.564、平凡社、初版第5刷、2004年3月1日発行、ISBN 4-582-12805-X
  3. ^ 二村隆夫監修:「丸善 単位の辞典」、p.289、2002年3月25日発行、ISBN 4-621-04989-5
  4. ^ 小泉袈裟勝、『歴史の中の単位』、「さらに銭の10分の1を「分」ということになったが、この分は質量単位に限らず、一般に10分の1を表わす字である。」、p.345、総合科学出版、1974年11月10日発行
  5. ^ 小泉袈裟勝、『歴史の中の単位』、「銭以下は、分、厘、豪と10進法をとるのである。この方式もいつか日本に入った。」、p.259、総合科学出版、1974年11月10日発行
  6. ^ 計量単位令、別表第6 この表に掲げられているもの。「もんめ」のみが「真珠の質量の計量」の場合に限って認められるが、「分」は認められていない。
  7. ^ 九分九厘で「ほとんど」の意味だが、何故「割」ではないの?
  8. ^ 二村隆夫監修:「丸善 単位の辞典」、p.289、2002年3月25日発行、ISBN 4-621-04989-5

関連項目[編集]