出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(あた)は、中国および日本で用いられていた長さの単位である。

中国[編集]

「咫」(シ、zhǐ) は古代の長さの単位である。 『説文解字』九、尺部「咫」に、「中婦人手長八寸、謂之咫。周尺也。」とある。一般にはこの文章は「代ので8を咫という」という意味に解釈されている。「尺」字の説解にも「周制、寸・尺・咫・尋・常・仞諸度量、皆以人之体為法。」とある。

日本[編集]

「あた」は動詞「あつ(当)」を名詞化したもので、手を開いて測ることを意味する。具体的には手を開いたときの中指の先から親指の先までの長さを咫としており、これはの元々の定義と同じである。実際、日本書紀では「咫」と書いているものを、古事記では「尺」の字で書いているもの(八尺鏡など)がある。日本神話では、八咫鏡、八咫烏など「八咫」という長さがよく登場する。

「あた」は「さか」とも言う。八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)も、「尺」の字が宛てられているが本来は「あた」である。

八咫鏡に関する特殊な説[編集]

上記『説文解字』にいう「周」を円周と解釈して、咫とは円周の単位であり、円周率は約 3.14 であるが、これを 3.2 で近似すると、 1 尺のの円周は 3.2 尺となり、これを 4 咫としたという説がある[1]。この説によれば、日本の八咫鏡は円周 8 咫、すなわち径 2 尺という意味である。後漢の尺は 23.04cm であるから、直径 46cm 前後の円鏡を指し、福岡県糸島市の平原遺跡から現在5面の大型内行花文鏡が出土している。

参考文献[編集]

  1. ^ 三原邦夫 (2000), “八咫の鏡について”, 月刊しにか (2000 年 2 月号) (大修館書店) 120