長さの単位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長さの単位(ながさのたんい)は、長さ距離を計測する手段である。

SIでの長さの単位はメートル(m)である。接頭辞をつけたセンチメートルキロメートルなども用いられる。

非SI単位[編集]

ヤード・ポンド法で用いられる単位[編集]

 以下は、「国際ヤード[1][2]」に基づいた長さである。

尺貫法で用いられる単位[編集]

  • (約 3.0303 cm)
  • (約 30.303 cm)
  • (約 1.818 m)
  • (約 3927.27 m)

海事で用いられる単位[編集]

天文学で用いられる単位[編集]

  • 天文単位 (AU) (約 149 ギガメートル)
  • 光年 (ly) (約 9.46 ペタメートル)
  • パーセク (pc) (約 30.8 ペタメートル) - キロパーセク(kpc)、メガパーセク(Mpc)も用いられる

物理学で用いられる単位[編集]

かつて用いられていた単位[編集]

その他[編集]

アメリカにおける測量では、以下の単位が現在でも用いられている。

  • チェーン (chain) (約 20.1m)
  • ポール (pole)(ロッド(rod)、パーチ(perch)ともいう) (約 5 m)

競馬ではハロン(約201m。日本では200m)という長さの単位が用いられている。

写真などでは、被写体の長さをわかりやすく示すのに、そのかたわらに、紙巻きタバコ、タバコの箱、硬貨、マッチ棒、物差しなどを置くことがある。


外部リンク[編集]