天孫族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天孫族(てんそんぞく)は、日本神話において降臨ヤマト王権をつくったとする古代勢力の総称。また「新撰姓氏録」では天照大神などの子孫を「天孫族」としている。

記紀における天孫族[編集]

記紀によると、高天原より葦原中国平定のため日向に降臨し、中国地方を経て近畿地方まで東征し西日本各地の豪族を従え大王天皇)を中心とするヤマト王権(倭国)を樹立させ、中部・関東地方まで勢力を拡大させ、のちの日本へと発展していったとしている。

新撰姓氏録における天孫族[編集]

新撰姓氏録」神別では、天照大神の子孫の神々、天忍穂耳命天穂日命天津彦根命は御子神、天火明命瓊瓊杵尊建比良鳥命天之御影命(=天目一箇命の本名)は孫神、火闌降命意冨伊我都命は曾孫神などを『天孫』と定義している。

皇室出雲氏三上氏尾張氏土師氏広峯氏山背氏隼人などはその子孫にあたる。

皇室・出雲氏・三上氏は天照大神の御子神による嫡流氏族。それ以外は庶流氏族である。

関連項目[編集]