港川人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
港川人の復元模型。国立科学博物館の展示[1]。模型制作時は港川人は縄文人の祖先と思われていたため、日本人に似せて模型が作成されたが、後年、最新機器を使った人骨再調査によりこの模型とは異なり、オーストラリア先住民やニューギニアの集団に近い復元図が発表された[2]

港川人(みなとがわじん、Minatogawa people)は、約20000~22000年前に日本沖縄県に存在していたとされている人類[3][4]

港川人(港川1号)の化石(レプリカ)。国立科学博物館の展示。

1967年[2]から1970年[5]、沖縄県島尻郡具志頭村港川(現在の八重瀬町字長毛)の海岸に近い石切場で骨が発見された。この人骨は、全身骨格の形で残っている日本の人骨の中で最も古いものである[3]

身長は男性で約153〜155cm[6] 、女性で約144cm[要出典]であった。全体的に小柄で腕は細めで胴長なのに対して手は大きく、下半身がしっかりとしていたとされている。また、顎ががっしりしていて、硬いものも食べていたとされている。

かつて港川人は縄文人の祖先ではないかと考えられてきた[7]が、2009年の研究で、港川人を縄文人の祖先とする考えに疑問を投げかけるような分析結果が出ている[8]。港川人は現在の人類ならば、オーストラリア先住民やニューギニアの集団に近いのではないかという説である。 国立科学博物館の海部陽介研究主幹によると、港川人は本土の縄文人とは異なる集団だった可能性がある。つまり、港川人は5万〜1万年前の東南アジアやオーストラリアに広く分布していた集団から由来したことになる。その後に、農耕文化を持った人たちが東南アジアに広がり、港川人のような集団はオーストラリアなどに限定されたのではないかと述べられている[2][5]

沖縄県立博物館・美術館には「港川人復元像」が所蔵されている。また、八重瀬町立具志頭歴史民族資料館には、常設展示の1つとして港川人コーナーがあり、全身骨格のレプリカやこれまでの研究成果が紹介されている。

2014年には、港川と近距離の沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で少なくとも9000年以上前の人骨が発掘され、調査が進められている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 港川人の夫婦 - 国立科学博物館
  2. ^ a b c 渡辺延志 (2010年6月28日). “港川人、縄文人と似ず 顔立ち復元、独自の集団か”. 朝日新聞社. 2015年12月23日閲覧。
  3. ^ a b c 本田寛成 (2015年1月27日). “歴史的発見相次ぐ 日本人の起源論争にも波及 歴史新発見 沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡”. 日本経済新聞社. 2015年12月23日閲覧。
  4. ^ 大森顕浩 (2015年2月22日). “沖縄・サキタリ洞遺跡の人骨埋葬文化探る手がかりに”. 毎日新聞社. 2015年12月23日閲覧。
  5. ^ a b 山城祐樹 (2009年10月9日). “【教えてニュース塾】港川人 縄文人と別起源]”. 琉球新報社. 2015年12月23日閲覧。
  6. ^ p.459 「...男性骨は...身長は低くて約155 cmと推定されている」 埴原 和郎「特別寄稿 二重構造モデル: 日本人集団の形成に関わる一仮説 (PDF) 」 、『Anthropol. Sci. 人類誌』第102巻第5号、1994年、 455-477頁、2015年12月23日閲覧。
  7. ^ Hisao BABA and Shuichiro NARASAKI (1991). “Minatogawa Man, the Oldest Type of Modern Homo sapiens in East Asia” (PDF). 第四紀研究(The Quaternary Research) 30 (2): 221-230. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaqua1957/30/3/30_3_221/_pdf 2015年12月23日閲覧。. 
  8. ^ ハイビジョン特集 私たちはどこから来たのか ~日本列島人の起源に迫る~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

関連項目[編集]