民族考古学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

民族考古学(みんぞくこうこがく、英:ethnoarcheology)とは、現存する伝統的文化を保持する小規模な民族集団を調査し、そこで得られた知見に基づいて、過去の考古学上のデータから様々な人間の活動パターンを復元する際の比較資料やモデルを作り出そうとしたり、ある考古学上の仮説を検討する基礎にしようと試みるものである。

方法[編集]

観察された民族集団の事例から、考古学的証拠となるものに着目し、先史時代の遺跡の発掘において、それらの証拠が得られるように発掘方法や資料最終方法を改良し、従来では得られなかった証拠を得る手がかりとなる。

具体例[編集]

参考文献[編集]

  • 東京大学出版「考古学入門」

関連項目[編集]