宗教考古学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宗教考古学(しゅうきょうこうこがく)とは、欧米においては聖書考古学、日本においては仏教考古学がある。

聖書考古学[編集]

聖書考古学は、旧約聖書の基本となるような出来事を確認できる紀元前2000年紀頃から新約聖書の成立頃までを範囲とする。地理的にはパレスチナ及びその周辺となる。旧約聖書に記された都市遺跡の発掘、教会教団の存在した地域の調査を行っている。1947年に、死海西岸の洞穴で発掘された「死海文書」は有名である。

仏教考古学[編集]

仏教遺跡・遺物に関して、伽藍配置の研究、経塚や仏具の研究が中心となっている。

神道考古学[編集]

また、日本には神道考古学もある。神道に関する祭祀遺跡や遺物を研究する学問である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]