山下洞人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山下洞人(やましたどうじん)は、1968年沖縄県那覇市山下町の山下町第一洞穴遺跡から発見された約3万2000年前の旧石器時代化石人骨[1][2]

概要[編集]

発見されたのは、8歳程度の幼児(女子)のものとみられる大腿骨脛骨腓骨各1本で、放射性炭素年代測定では3万2000年前(較正年代では3万6000年前)のものとされた。これは、更新世洪積世)後期に相当する[3]。日本国内最古の人骨とされるが、人骨から直接抽出されたタンパク質を調べたのではなく、人骨と一緒に出土した炭化物の年代を測定したもので、信憑性が劣る[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ 新城俊昭『教養講座 琉球・沖縄史』編集工房東洋企画、p. 12
  3. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. ^ 新城俊昭『教養講座 琉球・沖縄史』編集工房東洋企画、p. 15