黒猫亭事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金田一耕助 > 黒猫亭事件

黒猫亭事件』(くろねこていじけん)は、横溝正史の短編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。角川文庫本陣殺人事件』に収録されている。

解説[編集]

この作品は、1947年(昭和22年)12月『小説』誌第3号に原題『黒猫』で発表された作品で、原稿用紙で200枚の中編である。金田一耕助ものとしては『本陣殺人事件』・『獄門島』に次ぐ3作目となる。ただし、発表は『獄門島』より早かった。1950年、第2回探偵作家クラブ賞 短編部門の候補作品にノミネートされる[1]

発表時に掲載された「作者の言葉」では、「出来るだけドスぐろい犯罪をドスぐろく」書こうとした旨が記されている。作品冒頭に推理小説のトリックについての言及があり、「顔のない死体」への挑戦をテーマとして[2]、単なるそのトリックの利用だけではなく、さらに一捻りを加えた作品に仕上がっている[3]。そこに表題にもある黒猫が作品全体のムードを盛り上げている[4]

あらすじ[編集]

昭和22年3月20日深夜、東京近郊の武蔵野の面影が多分に残るG町の派出所詰めの巡査・長谷川は、巡回中に酒場「黒猫」にさしかかる。そこは1週間前から空き家同然となっているはずだが、その裏庭にて隣接する寺の若い僧・日兆が穴を掘っているところを目撃する。不審に思った長谷川が穴の中を確かめると、そこには腐乱しかけた女の屍体があり、しかもその顔の部分は完全に損壊し、容貌すら判別できない。

検死の結果、死因は頭の傷で、他殺である。全裸であったため、かもじをつけた若い女としかわからない。さらに、同じ場所に黒猫の死体が埋められていた。「黒猫」には黒猫が飼われていたから、当然それかと思われたが、直後に、黒猫が健在であることが確認された。

長谷川巡査によると、この家には糸川とその妻お繁が暮らしていた。彼らがここに来たのは昨年夏のことで、2人とも中国からの引き揚げ者であった。家には他に若いお君が住み込みで働き、客の相手をしていたのは通いの加代子、珠江の2人の女だった。閉店したのは1週間前、夫婦以外のものとは、それ以降に顔を合わせていた。また、お繁とも閉店の頃に会ったという。死体の死亡推定日時は、それより2週間も前である。つまり、店の者には、死体に該当する者がいない。

また、お繁は引き揚げ時に糸川とはぐれ、当初は1人であったが、横浜で土建業者・風間の愛人をしていて、糸川とよりを戻したあとも密かに会っていること、糸川の方もダンスホールの鮎子という愛人がいることなどを長谷川巡査はお君から聞いていた。そのため夫婦間にいざこざが絶えなかったが、最近はお繁も反省して、生活を清算して夫婦まともに暮らしたいと言っていたとのことであり、店を引き払う理由はそれだったと推察された。室内を調べて、居間の床と壁に血液の痕跡を見つけた。

店を買った男は糸川に面識はあったが、お繁は見たことがなかった。通いの女たちからも、店を閉める前の2週間、お繁は病気でこもっていて、顔を見ていないことが知らされる。またその頃、これまでなついていた黒猫が急に馴れなくなったことがあり、後から考えると猫が変わったらしいのだが、糸川は言い訳をして、それを隠そうとしたという。また、鮎子のものらしいパラソルを見かけたが間もなく無くなっていた、庭に穴を掘った跡があり糸川が野菜でも作ろうと思ったと言い訳した、などのことから、彼女らは鮎子が糸川のところにきてお繁に殺され、それを糸川が埋めたのではと言い出す。

糸川夫婦は神戸に行ったことになっていた。それに、引き揚げ者であり、写真などもなかった。そのため、捜査は難航する。ダンスホールでは、鮎子のことを知っていたが、中国からの引き揚げ者であること以外、何もわからない。風間は、お繁との交際は認めたものの、その話からはお繁の人となりしか聞き取れない。鮎子については、同じ船で引き揚げてきた人物の話で小野千代子ではないかと思われたが、彼女も、糸川もお繁も、その後の消息は結局わからない。

ところが26日、「黒猫」で働いていた大工が警察にやってきた。彼は、日兆が「二、三日前に死体の足を見て、掘って調べる気になった」と言ったことを聞きつけ、前日に庭掃除をしたとき、そんなものはなかったと証言する。改めて日兆に問うと、彼は嘘を認めた。彼が新しく言ったのは、以下のことだった。28日に糸川が庭に穴を掘っていて、黒猫を埋めたと言った。その後、奇妙な視線を奥座敷から感じてお君たちに聞くと、奥座敷にいるのはお繁だが、病気だから会えないとのこと。そこで、奥座敷の女が手洗いに出るのを見張ると、その女はお繁の姿ながら顔はお繁ではなかった。それでいよいよ怪しんで、穴を掘り返したのだと。このことで、警察は殺されたのは鮎子ではなくお繁であり、鮎子は2週間の間、お繁になりすましていたと判断。身代わりをしたのは、それによって糸川とともに高飛びする準備が必要だったからと考えた。これが新聞発表されると、それを見た風間は、ちょうどめんどうを見ていた金田一の元に走り、捜査を要請した。

3日後、捜査本部に、警視庁の人物の推薦状を持った金田一がやってきた。彼は一通りの調査の後にそこに来たのだ。彼は担当者たちに「幽霊をお眼にかける」と言って、まず日兆を呼び出す。彼が捜査本部に向かっているのを確認して、金田一は担当者たちを「黒猫」の裏手の墓地に案内した。そこで、新しく穴を掘った形跡を確認、掘ってみると糸川の死体が現われた。金田一は次に、その傍の土蔵に一同を案内、扉を開けた途端に銃声が響く。土蔵にかくまわれていた「鮎子」の姿のお繁が、銃を撃ったのだ。彼女は金田一に照準を定めるが、そこに風間が現れて制止する。真相を風間に知られたことで、お繁は心臓を撃って自殺した。

翌日、金田一のところに関係者が集まった。彼は風間から、糸川が「お繁は過去に夫を毒殺したことがある」と言っていたことを聞き、彼女の前身を確認した。お繁は大工の娘で本名は「松田花子」であり、洋画家で資産家の三宅順平に嫁ぐが姑・やす子と合わず、姑の毒殺を企み誤って夫を毒殺してしまったため、警察の手が及ぶ前に中国に高飛びしたのだった。そこで素性を知った糸川に捕まり、食い物にされていたのだろうという。引き揚げの際に先に帰国したのも彼女の意図であったと思われる。そして彼女は風間に会い、初めて恋をした。しかしそこに糸川が現れ、せっかくかち得た幸福をうちくずそうとする糸川を殺すことにしたと推測する。鮎子は彼女の変装であり、彼女はお繁と鮎子という2人の女を演じていた。無論糸川も知っていたことで、一種の遊びとして彼女が持ちかけたのだろう。お繁に横恋慕していた日兆は、計画に利用されたらしい。千代子を殺して日兆に埋めさせ、同時に黒猫も殺した。これは千代子の殺害時に部屋中に散った血糊をごまかすと同時に、糸川に穴を掘らせ、代わりの黒猫を捜させるなど、彼を怪しいものに仕立てる意味もあった。その後、わざと体に合わない化粧品をつけて奥にこもり、転居を持ちかけ、引き払うと同時に糸川を殺した。多分、お繁は日兆も殺す気でいたのだが、日兆に閉じ込められたことで逃亡の機会を逃がしたのだ。金田一により警察署に呼び出された日兆は騙されたことに気づき、発狂してしまう。

トリックについて[編集]

作品の冒頭、作者自身をモデルとする話者が推理小説のトリックについて論じるシーンがあり、密室殺人一人二役顔のない死体を指して三大トリックであることなどという下りがある。そこでは、この3つのうち、一人二役は読者にばれれば終わりのトリック、あとの2つは最初から読者に示されるトリックであること、また「顔のない死体」は、ほとんどの場合、被害者と犯人の入れ替わりになっていることを横溝が金田一に述べる。それに対して、金田一が「顔のない死体で、入れ替わりではなくて、おもしろい事件があるかもしれない」といって、そういう事件に遭遇した場合には知らせることを約束する。この事件は、それに対する答えとして送られてきたという設定になっている。

作者と金田一耕助[編集]

金田一シリーズは作中の設定において、横溝自身が金田一の活躍を聞いて書いたものとされている。作者に当たる人物が登場する例も少なくない。しかし、この作品以前の2作では、作者は金田一の名と活躍を知るのみの他人であるのに対して、この作品の冒頭で、作者が金田一本人と会うシーンが挿入されている。この事件も、そのときの話に関わって、金田一が興味深い事件としてこの事件の記録を送ってきた、ということになっている。ちなみに、作者は昭和22年に疎開先の岡山で受け取ったと本文中にある[5]

なお、金田一が横溝の元を訪れたのは、横溝が『本陣殺人事件』の連載をしていたところで、金田一はそれを読んで驚き、「因縁をつけにきた」[6]由。このとき、横溝は金田一の活躍を小説化することを承認され、ちょうど解決したばかりだった『獄門島』の事件を語って聞かせた。

このことについて、前述の「作者の言葉」には、この作品を書いて初めて金田一に好意と友情を感じられたこと、その意味で、これからも書き続けられるであろう彼のシリーズでも最も作者の愛する作となるだろう、と書いている。

登場人物[編集]

  • 金田一耕助 - 私立探偵。
  • 長谷川 - 巡査。
  • 日兆 - 日蓮宗・蓮華院の僧。お繁に横恋慕しており、彼女の共犯になった。お繁捕縛のために騙されて警察に呼び出されたことを知った途端、発狂する。
  • 村井 - 刑事。
  • 糸島大伍 - 酒場「黒猫」の主人。お繁の表面上の共犯であり、標的でもある。
  • お繁 - 「黒猫」のマダム。大伍の妻。大工の娘で本名は「松田花子」。事件の主犯。嫁姑の争いの果てに姑・やす子の毒殺を企んで誤って夫・三宅順平を殺してしまい、警察の手が伸びる前に大陸に逃げた。逃げそびれて真相を暴かれ、絶望して自殺を遂げた。
  • お君 - 「黒猫」の従業員。
  • 加代子 - 「黒猫」の従業員。
  • 珠江 - 「黒猫」の従業員。
  • 桑野鮎子 - 日華ダンスホールのダンサー。実は、お繁の一人二役で実在しない。
  • 小野千代子 - 大伍と共に復員してきた女。自身の身代わりにしようとしたお繁と共犯の日兆に惨殺された。冒頭で発見され、埋められていた女性の死体は彼女である。
  • 風間俊六 - 土建業・風間組の親分。金田一の同窓の友人。久保銀造・神門貫太郎と共に金田一の生活を支えるパトロンの1人。40歳に少々間のありそうな金田一と同い年の30代。本妻はいないのだが、愛人を複数抱えており、糸島が現れるまでお繁も横浜で囲っていた。
  • おせつ - 風間の愛人の1人。風間がお得意先の接待のために建てた割烹旅館「松月」の女将。

テレビドラマ[編集]

1978年版[編集]

黒猫亭事件
ジャンル テレビドラマ
原作 横溝正史「黒猫亭事件」
企画 角川春樹事務所
脚本 安倍徹郎
監督 渡邊祐介
出演者 古谷一行
エンディング 茶木みやこ「あざみの如く棘あれば」
製作
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1978年9月2日 - 9月9日
放送時間 土曜日22:00 - 22:55
放送分 55分
回数 2
テンプレートを表示

横溝正史シリーズII・黒猫亭事件』は、毎日放送TBS系列1978年9月2日から9月9日まで毎週土曜日22時 - 22時55分に放送された。全2回。

原作との主な違い
  • 原作では金田一と風間は中学の同窓で同い年だが、ドラマ版では風間は先輩で年上である。
  • お繁は原作では自殺するのに対し、ドラマ版では自身の犯罪を暴いた金田一を道連れに無理心中を図るも風間に止められ、生きて逮捕・服役となる。
  • 日兆は原作では発狂するのに対し、ドラマ版では自殺する。
  • おせつは、存在自体が抹消された。
  • お繁の過去の夫殺しは削除された。
キャスト
スタッフ
毎日放送TBS系列 横溝正史シリーズII
前番組 番組名 次番組
女王蜂
(1978.8.12 - 1978.8.26)
黒猫亭事件
(1978.9.2 - 1978.9.9)
仮面劇場
(1978.9.16 - 1978.10.7)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このときの受賞作は 山田風太郎の『虚像淫楽』であった(第2回 日本推理作家協会賞 短編部門 日本推理作家協会公式サイト参照)。
  2. ^ 『本陣殺人事件』で曲がりなりにも「密室殺人」を書くことができた、今度はどうしても「顔のない死体」を書きたい、それも犯人と被害者の入れ替わりという公式的な結末以上の結末となる作品を書きたい、と作品冒頭に横溝が金田一に語ったこととして記されている。
  3. ^ 作品のラストで金田一から横溝への手紙という形で記されているとおり、「顔のない死体」のトリックとしては従来の公式に大きくはずれるものではなく、他のトリックを組み合わせたことで複雑になったものである。
  4. ^ 大坪、(1973)、p.414
  5. ^ 横溝、(1973)、p.281
  6. ^ 横溝、(1973)、p.284

参考文献[編集]

関連項目[編集]