小野寺昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おのでら あきら
小野寺 昭
本名 小野寺 昭(同じ)
生年月日 1943年9月19日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道帯広市
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 1968年 -
活動内容 1969年:『パンとあこがれ』(TBS
1972年 - 1980年:『太陽にほえろ!』(NTV
1980年1982年:『御宿かわせみ
1985年:『毎度おさわがせします』(TBS)
配偶者 既婚
公式サイト 小野寺昭公式サイト
主な作品
『太陽にほえろ!』
『御宿かわせみ』
『毎度おさわがせします』

小野寺 昭おのでら あきら1943年9月19日 - )は、日本俳優北海道帯広市出身。フロム・ファーストプロダクション所属。

人物解説[編集]

身長は173cm。血液型O型

来歴[編集]

北海道帯広三条高等学校卒業後に上京、俳優座養成所入所を目指すも2年連続で受験に失敗。合格していれば「花の15期生」であった。その後人形劇団劇団やまいもに参加、人形劇『チロリン村とくるみの木』(NHK)の人形操作を最終回まで担当した。

日本テレビ系で放映された刑事ドラマ太陽にほえろ!』で島公之刑事役(愛称“殿下”)に抜擢され、番組開始から8年間レギュラー出演し人気を獲得。同番組では、それまで多くの出演者が壮絶な銃撃戦による殉職を演じていたが、島刑事は撃ち合いではなく交通事故により死亡するという結末であった。これは、小野寺自身の「あっさりした殉職シーンを」という希望に沿ったため。また放映後、交通事故シーンロケ地附近に「島公之殉職碑」が建てられた逸話がある[1]
なお、殉職が決定した際にプロデューサーの岡田晋吉からは「正式に発表するまでは一切口外しないように」と言われ、そのとおり口外しなかったにもかかわらず、間もなく石塚刑事役の竜雷太から「お前、辞めるんだって?」と訊かれ仰天した。その真相は、竜も同時期に降板を申し入れたものの「殿下の殉職が決まっているので待ってくれ」と慰留されたためだった(竜は2年後の1982年に殉職にて番組卒業)。

二時間ドラマにも多数出演し、明智小五郎金田一耕助十津川警部狩矢警部など名探偵役にキャスティングされることが多かった。明智と金田一の両方を演じたのは2006年末現在、小野寺と岡譲司稲垣吾郎の三名のみである。

If もしも』では、出演当時50歳でギャグ作品ではないにもかかわらず、回想シーンでも学生服を着て高校生役を演じた。

2007年4月大阪芸術大学短期大学部広報学科(現・メディア芸術学科)演劇(演技演出)コース教授に就任した。2012年6月には、前任者の川村龍一が急逝したため、同学科の学科長に就任している[2]

バラエティ番組出演も増え、TBSズバリ言うわよ!』では細木数子から「バラエティ番組は難しい。でも、大衆と直結するから役者にとっても大切な場。だから、もっとバラエティ番組に出て、心を開放する訓練をした方がよい」とアドバイスされている。

趣味[編集]

趣味の登山には本格的に取り組んでおり、日本百名山の中の半分近くをすでに踏破している。パソコンによる作曲も得意で、携帯電話の着信音も自分で作曲・アレンジしたものをダウンロードしているとのこと。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • テレメンタリー2009「憧れのトムラウシで…〜検証 夏山遭難8人凍死」(北海道テレビ制作、2009年) - ナレーション
  • NHKスペシャル MEGAQUAKE 巨大地震「第3回 メガシティを襲う、新たな震災〜未知なる長周期震動との戦い」(2010年1月 - 3月・NHK総合) - バーの客(建築士・白石) 役

情報番組[編集]

CM[編集]

  • ハウス食品ラーメン『うまいっしょ』 - 屋台の店主 役
  • キュートーシステム(旧・給湯システムネットワーク)※初期は、電化給湯にちなんで『太陽にほえろ!』でのニックネーム「殿下」として「ボス」という名の犬を連れて登場
  • サントリー『ボス レインボーマウンテンブレンド』(2009年6月20日 - ) - 島公之(殿下) 役
  • さつま白波
  • ノバルティスファーマ加齢黄斑変性疾患啓発キャンペーン(2012年)

音楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • ひとりきりの部屋
  • 旅・青春・ふるさと

受賞歴[編集]

2015年度

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「太陽にほえろ!DVD 1980-Ⅰ」に収録されているアンソロジー・メイキングインタビュー内でも写真付きで触れられている。
  2. ^ 第1回オーキャン速報! - 大阪芸術大学短期大学部BLOG・2012年6月24日
  3. ^ ビートたけしが「龍三と七人の子分たち」に4冠授ける、東スポ映画大賞発表”. 映画ナタリー (2016年1月26日). 2016年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]