小野寺昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おのでら あきら
小野寺 昭
本名 小野寺 昭(同じ)
生年月日 (1943-09-19) 1943年9月19日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道帯広市
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 1968年 -
配偶者 既婚
公式サイト 小野寺昭公式サイト
主な作品
テレビドラマ
太陽にほえろ!
黄金の日日
御宿かわせみ』シリーズ
毎度おさわがせします
必殺仕切人

映画
釣りバカ日誌』シリーズ
龍三と七人の子分たち

小野寺 昭(おのでら あきら、1943年9月19日 - )は、日本俳優大学教授北海道帯広市出身。フロム・ファーストプロダクション所属。身長173cm。血液型はO型北海道帯広三条高等学校卒業。

人物・来歴[編集]

地方公務員をしながらアマチュア劇団を主宰していた父親の影響で俳優を志し、高校卒業後、東京で児童劇団を主宰していた父親の元劇団仲間を頼って、上京する。俳優座養成所入所を目指すも2年連続で受験に失敗(合格していれば「華の15期生」の一員であった)。受験後、劇団やまいもに参加し、『チロリン村とくるみの木』の人形操作を最終回まで担当した。当時は人形を操りながら、「役者になりたくて東京へ出てきたのに、顔を出すと怒られるなんて」と悔しがったが、芝居のセリフを入れたテープをもらい、カット割りを頭に入れ、スタジオでテープの声に合わせて、足元のモニターを見ながら人形を操作する作業により、ドラマ・映画の撮影時のカット割りの要領を独学で覚えた[1]。1969年、TBSの『パンとあこがれ』に出演、リハーサル後の休憩時間に、俳優には渡されないスタッフのカット割り台本を見つけ、頭に入れて本番に臨み、カット割りにキッチリ合わせた芝居をして高い評価を受ける。当時はNGを出すと、ビデオテープを切ってつなぐのに1カ所3万円かかり、膨大なコストと時間がかかったが、小野寺はカット割りを理解していたおかげでNGが少なく、その後の俳優生活の飛躍に繋がった[2][3]

1972年、『太陽にほえろ!』で島公之刑事(愛称「殿下」)役に起用され、番組開始から8年間レギュラー出演し、特に女性層から絶大な人気を獲得し、代表作のひとつとなる。

『太陽にほえろ!』降板直後の1980年10月から、平岩弓枝原作のNHK時代劇『御宿かわせみ』に出演、真野響子が演じる主人公・るいの恋人役・神林東吾を演じて好評を得る。計47回の放送は大河ドラマに匹敵する充実した内容となり、「真野・小野寺コンビ」の印象が強かった作品となったことから、NHKが再び『御宿かわせみ』を制作するまで20年近い歳月を必要とするほど人気を博した[4]

2時間ドラマにも多数出演し、明智小五郎金田一耕助十津川警部狩矢警部などの名探偵役に起用された(明智と金田一の両方を演じたのは2006年末現在、小野寺、岡譲司稲垣吾郎の3名のみ)。

If もしも』では、出演当時50歳でギャグ作品ではないにもかかわらず、回想シーンでも学生服を着て高校生役を演じた。

2007年4月には大阪芸術大学短期大学部広報学科(現・メディア芸術学科)演劇(演技演出)コース教授に就任した。同コースが卒業公演を行う際は、基本的に特別出演として学生達と一緒に出演している[5]。下積み時代に覚えたカット割りの知識を元に、演技だけでなく制作志望の学生にも指導をしており、若い学生は1970年代に演じた「殿下」刑事を見たことがないが、「おばあちゃんがファンでした。」と学生にサインをせがまれたことがあるという[6]

また2012年6月には、前任者の川村龍一が急逝したため、同学科の学科長に就任している[7]

バラエティ番組出演も増え、TBSズバリ言うわよ!』では細木数子から「バラエティ番組は難しい。でも、大衆と直結するから役者にとっても大切な場。だから、もっとバラエティ番組に出て、心を開放する訓練をした方がよい」とアドバイスされている。

2015年度、『龍三と七人の子分たち』で 第25回東京スポーツ映画大賞・助演男優賞を受賞した(近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、安田顕とともに受賞)[8]

『太陽にほえろ!』に関するエピソード[編集]

  • 太陽にほえろ!』で演じた「殿下」こと島刑事は、端正な顔立ち、貴公子的な雰囲気のある「優しい男の象徴」の役柄で、女性心理とメカに強い特徴もあり、女性層から絶大な人気があった[9]。その人気ぶりは、殿下ファンの女性の父親から「毎週殿下を楽しみに番組を欠かさず見ていた娘が家出をしたので、テレビを通じて知らせてほしい。」と依頼があり、家出した娘に対して、「父親が心配しているから早く家に帰るように。」と殿下が呼びかける作品(第247話「家出」)を作ったほどであった[10]
  • 『太陽にほえろ!』の視聴率が初めて視聴率20%台に乗ったのは、殿下の優しい性格をアピールするために作った「真夜中の刑事たち」(第8話)で、関係者はこの作品でヒットの確信をつかんだという[11]
  • 女子高校生の視聴者から送られてきたシナリオを基にした「鶴が飛んだ日」(79話)では、実際に手錠につながれ、手首を血だらけにした迫真の演技が大きな反響を呼んだ。この作品をきっかけに小野寺の人気は急上昇し、番組のチームワークが強化された記念碑的作品となった[12]
  • 最初に恋人役(有吉ひとみ)が登場した時は、「殿下に恋人がいるのは許せない。」と投書が殺到したので、交通事故死させた。二番目の恋人役(真野響子)が登場した時はヨーロッパへ行かせた。脚本家の畑嶺明は「(殿下の恋人役で)どんないい女を登場させても、ファンの反感を買うだけだった。」と証言している[13]。プロデューサーの岡田晋吉によると、実際に優しい性格の殿下の恋が悲恋に終わり、不幸になればなるほど、女性視聴者は母性本能をくすぐられ殿下を応援してくれたという[14]。三人目の恋人(香野百合子)との恋愛劇は「あるシリーズ」と呼ばれ、ビデオ化のリクエストでもう一度見たいという声が多く寄せられるほど人気を博し、「殿下純愛編」として発売された[15]
  • 上京する前から、ボスを演じた石原裕次郎の大ファンだった。最初に『太陽にほえろ!』の宣伝写真の撮影のときに会った時は隣にいたにも関わらず、一言も話せなかったが、テレビのインタビューで俳優を目指した理由を聞かれた時に、石原裕次郎に憧れて俳優になったことを話すと、その番組をまき子夫人がたまたま見ていた。インタビュー放送直後の撮影で、裕次郎から「殿下、俺のファンだったんだって。テレビで見たって、カミさんが言っていたぞ。」と声をかけられ、ゴルフや自宅にも呼ばれるようになった[16]
  • 小野寺が下積み時代に人形劇劇団にいたと知った岡田晋吉は、殿下主演作品として人形劇団に潜入捜査する「夢見る人形たち」(128話)を作り、劇中で小野寺は見事に人形を操作する姿を披露した[17]
  • 出演5年目くらいに、このままでは刑事しか演じられなくなるのではと考え、降板を申し出たがプロデューサーの岡田晋吉に「絶対ダメ」と拒絶される。8年目に殉職が決定した際に岡田晋吉からは「正式に発表するまでは一切口外しないように」と言われ、そのとおり口外しなかったにもかかわらず、間もなく石塚刑事役の竜雷太から「お前、辞めるんだって?」と聞かれ仰天した。その真相は、竜も同時期に降板を申し入れたものの「殿下の殉職が決まっているので待ってくれ」と慰留されたためだった(竜は2年後の1982年に殉職の形で番組を降板)。当時の太陽にほえろファンの間では、第一回から出演を続けてきたレギュラー刑事「殿下」の降板はそれほど衝撃的な事件だった[18]。竜雷太演じるゴリさんは藤堂一家の長男的存在で「たくましい男」、殿下は次男坊で「やさしい男」の象徴だった[19][20]
  • 多くの出演者が壮絶な銃撃戦による殉職シーンを演じていたが、島刑事は撃ち合いではなく交通事故により死亡するという結末となった。これは小野寺自身の「自分は若手刑事ではないので、あっさりした殉職シーンを」という希望に沿ったためである[21]。ドラマ放映後には交通事故シーンロケ地附近に「島公之殉職碑」が建てられた[22]
  • 後任の神田正輝が演じた「ドッグ」の役名「西條昭」は、二枚目刑事「殿下」の後継者を意味することもあり、小野寺昭の昭から取っている。またロッキー(木之元亮)とマミー(長谷直美)に双子が生まれるストーリーは、小野寺の実生活をヒントにしたという[23]
  • 1988年放映の金田一耕助『三つ首塔』では、露口茂と『太陽にほえろ!』以来約8年ぶりに共演した。小野寺は露口が「小野寺がやるなら。」と出演してくれたことがうれしかったと語った[24]。翌年の明智小五郎『蜘蛛男』では、長寿刑事ドラマとして『太陽にほえろ!』とライバル関係にあった『特捜最前線』橘警部役の本郷功次郎とも共演している。

趣味[編集]

趣味の登山には50歳を過ぎてから本格的に取り組んでおり、日本百名山の中の半分近くをすでに踏破し、著書も刊行している。パソコンによる作曲も得意で、携帯電話の着信音も自分で作曲・アレンジしたものをダウンロードしているとのこと。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

情報番組[編集]

CM[編集]

  • 日清製粉 マ・マー パスタ関連製品(1984年)
  • ハウス食品ラーメン『うまいっしょ』 - 屋台の店主 役
  • キュートーシステム(旧・給湯システムネットワーク)※初期は、電化給湯にちなんで『太陽にほえろ!』でのニックネーム「殿下」として「ボス」という名の犬を連れて登場
  • サントリー『ボス レインボーマウンテンブレンド』(2009年6月20日 - ) - 島公之(殿下) 役
  • さつま白波
  • ノバルティスファーマ加齢黄斑変性疾患啓発キャンペーン(2012年)

音楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • ひとりきりの部屋
  • 旅・青春・ふるさと

著書[編集]

  • 『ぼくの山登り いつも雨』リヨン社 1998

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊ポスト2018年5月25日号P145~147 <密着>小野寺昭「授業も芝居もチームワーク」   
  2. ^ 俳優・小野寺昭さん 25歳デビューの役は「丸刈り高校生」 日刊ゲンダイ2014年8月3日
  3. ^ 週刊ポスト2018年5月25日号P145~147 <密着>小野寺昭「授業も芝居もチームワーク」
  4. ^ NHKアーカイブ 時代劇人気シリーズ『御宿かわせみ』2011年2月4日
  5. ^ 小野寺昭が驚きの転身「今は殿下ではなく学科長と呼ばれています」 スポーツニッポン2018年2月2日
  6. ^ 週刊ポスト2018年5月25日号P145~147 <密着>小野寺昭「授業も芝居もチームワーク」
  7. ^ 第1回オーキャン速報!”. 大阪芸術大学短期大学部BLOG. 大阪芸術大学短期大学部 (2012年6月24日). 2018年1月26日閲覧。
  8. ^ ビートたけしが「龍三と七人の子分たち」に4冠授ける、東スポ映画大賞発表”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年1月26日). 2016年1月27日閲覧。
  9. ^ 『毎週金曜夜8時 君は太陽にほえろ!を見たか?〜熱き刑事たち、今ここに蘇る〜』スターツ出版, 1993.4
  10. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P227
  11. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P204〜205
  12. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P216
  13. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P315〜316
  14. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P205
  15. ^ 『太陽にほえろ! 4800シリーズ Vol.50「殿下純愛編1」解説
  16. ^ 文化放送『くにまるジャパン』2014年3月17日~20日 「ラジオバイオグラフィー 5冊のアルバム」
  17. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P220
  18. ^ 『太陽にほえろ! 4800シリーズ Vol.3「殿下&スコッチ殉職編」解説
  19. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』P311
  20. ^ 『毎週金曜夜8時 君は太陽にほえろ!を見たか?〜熱き刑事たち、今ここに蘇る〜』スターツ出版, 1993.4
  21. ^ 三宅裕司著『ぼっ!ぼっ…ぼくらはテレビ探偵団 : 懐かしがってばかりはいられない』祥伝社, 1987.5
  22. ^ 「太陽にほえろ!DVD 1980-I」に収録されているアンソロジー・メイキングインタビュー内でも写真付きで触れられている。
  23. ^ 『太陽にほえろ!伝説 失踪15年 私が愛した七曲署』
  24. ^ 映画秘宝EX にっぽんの刑事スーパーファイル 洋泉社MOOK 48P

外部リンク[編集]