湖泥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金田一耕助 > 湖泥

湖泥』(こでい)は、横溝正史の短編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。角川文庫人面瘡』 (ISBN 4-04-130497-0) に収録されている。

1996年に『呪われた湖』のタイトルでドラマ化され、TBS系列で放送された。

あらすじ[編集]

岡山に磯川警部を訪ねた金田一は、磯川がある奇妙な失踪事件の捜査に関わっていることを知る。

10月3日夜、村の娘・御子柴由紀子は隣村の祭りのさなかに姿を消した。2日後、婚約者・浩一郎から由紀子に宛てた手紙と由紀子の紙入れが相次いで見つかるが、そのどちらにも不審な点があった。

登場人物[編集]

  • 金田一耕助(私立探偵)
  • 磯川常次郎(岡山県警警部)
  • 御子柴由紀子(失踪中。浩一郎の婚約者)
  • 北神浩一郎(北神家の跡取り)
  • 西神康雄(西上家の跡取り)
  • 北神九十郎(満州からの引揚者)
  • 清水(駐在所の巡査)
  • 勘十(村の青年)
  • 志賀恭平(村長)
  • 秋子(志賀の後妻)

テレビドラマ[編集]

1996年版[編集]

名探偵・金田一耕助シリーズ22・呪われた湖』は、TBS系列1996年1月2日に放送された。

キャスト
スタッフ