暗闇の中の猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金田一耕助 > 暗闇の中の猫

暗闇の中の猫』(くらやみのなかのねこ)は、横溝正史の短編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。

概要[編集]

本作は、金田一耕助と等々力警部が初めて顔を合わせたことで知られている。角川文庫華やかな野獣』、春陽文庫悪魔の百唇譜』に収録されている。

等々力警部は登場するが金田一耕助は出てこない1947年発表の短編『双生児は踊る』[1]を改稿した作品である。『双生児は踊る』の章題でもある『暗闇の中にひそむ猫』の題で1956年に発表され、後に現在の題へと改められた。

あらすじ[編集]

昭和21年11月に起きた、銀行強盗事件。2人組の犯人は、東銀座にある工事中のキャバレー・ランターンへ逃げ込んだが、踏み込んだ警官が見たのは、ピストルで撃たれて倒れている犯人の姿。そして強奪された70万円は、どこにも見つからなかった。犯人のうち1人は死亡、もう1人の佐伯誠也は一命を取りとめたものの、事件以前の記憶を失くしていた。しかし何かしらの印象が残っているらしく、彼は時々こんな言葉を口走るのだった。「暗闇の中に何かいる。 …ネコだ! ネコだ!」

警察は当初、彼らが仲間割れを起こして互いに撃ち合い相打ちになったのだと考えていたが、ランターンには盗まれたはずの現金が見つからず、事件から数日後ランターンに侵入し逃走したものがいることから、事件の際その場にはもう1人何者かが存在しており、強奪された70万円は今でもランターンのどこかに隠されているのではないかと推測された。

昭和22年3月、警察は、平癒した佐伯を現場に連れて行けば何かを思い出すかも知れないと考えランターンに連れてきた。ランターンは、どこかに70万円が隠されているという噂を聞いて、それを見つけようとする客たちで賑わっていた。佐伯が店内に設けられた噴水の周りを歩いていると、突然店内が停電し、佐伯が「暗闇の中に何かいる。おお。ネコだ! ネコだ!」と叫んだ瞬間、何者かに射殺されてしまった。

大事な証人を目の前で殺されてしまった等々力警部は怒り心頭に発し、店内の従業員・客の一同を徹底的に身体検査をするが、怪しいものを所持している者はいなかった。頭を悩ませる等々力警部に、ランターンの入り口脇に店を出している大道易者の天運堂が「犯人はネコのように暗闇の中でも目が見えるに違いない」、そして「犯人はまだこのキャバレーの中にいる」と助言する。

主な登場人物[編集]

金田一耕助
私立探偵。
等々力大志
警視庁警部
新井刑事
警視庁刑事
木下刑事
警視庁刑事。
寺田甚蔵
キャバレー・ランターンのマスター。
伊藤雪枝
キャバレー・ランターンのマダム。
江口緋紗子
キャバレー・ランターンのジャズシンガー。
鎌田梧郎
キャバレー・ランターンの用心棒。
天運堂
キャバレー・ランターンの前で営業している大道易者
日置重介
襲撃された銀行の支店長。
佐伯誠也
銀行強盗の1人。襲撃された銀行の行員。犯行後記憶喪失になる。
高柳信吉
銀行強盗の1人。襲撃された銀行の元行員。犯行後キャバレー・ランターンで死亡。

脚注[編集]

  1. ^ 角川文庫『ペルシャ猫を抱く女』に収録。なお、『ペルシャ猫を抱く女』は後に金田一ものの長編『支那扇の女』に改稿されている。

関連項目[編集]