長瀬智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ながせ ともや
長瀬 智也
生年月日 1978年11月7日(37歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 O型
ジャンル ミュージシャン
俳優
アイドル
タレント
活動内容 1993年:俳優デビュー
1994年:TOKIO、CDデビュー
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品

映画
ソウル
真夜中の弥次さん喜多さん
ヘブンズ・ドア
ストレンヂア』(吹き替え)
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ


テレビドラマ
白線流し
池袋ウエストゲートパーク
タイガー&ドラゴン
ムコ殿
マイ☆ボス マイ☆ヒーロー
うぬぼれ刑事』ほか
受賞
日本メガネベストドレッサー賞
石原裕次郎新人賞
ACC CM FESTIVAL 演技賞
第29回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞『ムコ殿
第45回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞『タイガー&ドラゴン
第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・主演男優賞『フラジャイル

長瀬 智也(ながせ ともや、1978年11月7日 - )は、日本のミュージシャン、男性アイドル俳優タレントであり、バンド形態のアイドルグループ・TOKIOの最年少メンバーでボーカリストでもある。所属事務所はジャニーズ事務所。所属レコード会社はジェイ・ストーム

概要[編集]

音楽活動[編集]

1994年CDデビューを目前に控えたTOKIOのメンバーとなった。同年9月21日に、ボーカリストとして「LOVE YOU ONLY」でCDデビューを果たす。

1997年にはマイケル・ジャクソンプロデュースのTomoya with 3T(3Tはマイケルの甥3人によるバックコーラスグループ)として、バングルスカヴァー曲である「ETERNAL FLAME」(ドラマ『D×D』主題歌)を発売している。

TOKIOでは、ボーカルの他にギターブルースハープも演奏するほか、自ら作詞と作曲・編曲を手掛けることもある。シングル曲「明日を目指して!」をはじめ、アルバムにも自作曲が収録されている。2009年2月に放映された「MTVアンプラグド」のライブでは、自作曲6曲を発表。リアレンジで「宙船」や「Knockin' On Heaven's Door」なども披露している。2013年2月には、自身の主演ドラマ『泣くな、はらちゃん』のテーマソング「リリック」で作詞・作曲・編曲も手がけた。

2006年夏の初ライブハウスツアーを収録したDVD『TOKIO GIGs 2006』においては自身で監督・編集を手掛けている。2011年に発売されたツアーDVD『OVER/PLUS』でも、2008年と2009年の映像の編集を担当している。

2014年、後輩グループである関ジャニ∞の楽曲「ドヤ顔人生」の作詞、作曲および編曲を手掛けた。自身が他のアーティストに楽曲を提供するのは初めてである。

俳優活動[編集]

1993年に『ツインズ教師』でドラマ初出演。1995年『カケオチのススメ』で初主演。1998年、月9ドラマDays』では19歳で主演を務めた。それ以降『池袋ウエストゲートパーク』『タイガー&ドラゴン』など宮藤官九郎脚本作品に多く出演した。ほかにも『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』などにも主演。

2001年の映画初出演作『ソウル』での演技により、翌2002年第15回石原裕次郎新人賞を受賞。

交友関係[編集]

SMAP草彅剛とは、1993年にミュージカル『姫ちゃんのリボン』で共演。お互い、好きな第二次世界大戦の時のジーンズや軍服の話で盛り上がるという。行きつけの古着屋も同じで、どうしても欲しかった希少価値の高いスカジャンを草彅から譲り受け、「僕の宝物です」と語っている[1]

KinKi Kids堂本光一とは同い年ということもあり、ジュニア時代からの仲良し。KinKi Kidsのデビュー当時は自身がグループの一員になれなかったことにショックを受けたという[2]

湘南乃風RED RICE若旦那とは同じバイクチームの仲間。

出演[編集]

単独での出演のみ。TOKIOのメンバーとしての出演はTOKIO#出演を参照。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

ドキュメンタリー番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

作品[編集]

ソロCD & LIVE DVD[編集]

参加作品[編集]

  • 関ジャニ∞『ドヤ顔人生』(2014年11月5日)
    • 作詞・作曲・編曲

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 週刊ザテレビジョン』首都圏版 2011年3月2日発売[要ページ番号]
  2. ^ 堂本兄弟2016あけましておめでとうSP』2016年1月3日放送
  3. ^ 長瀬智也 13年ぶりフジTVドラマ主演!毒舌天才医師役”. スポニチアネックス (2015年10月19日). 2015年10月19日閲覧。]
  4. ^ “宮藤官九郎×長瀬智也×神木隆之介の「TOO YOUNG TO DIE!」6月に公開決定”. 映画ナタリー. (2016年3月29日). http://natalie.mu/eiga/news/181422 2016年4月7日閲覧。 
  5. ^ “30歳・長瀬智也の生きざまに迫る! 初の本格ドキュメンタリー放送決定”. シネマカフェ (イード). (2008年10月21日). http://www.cinemacafe.net/article/2008/10/21/4869.html 2013年5月2日閲覧。 
  6. ^ 長瀬智也、新CMで巨大カード担いで街歩く“豪快男”を熱演”. ORICON STYLE (2015年11月26日). 2015年11月27日閲覧。
  7. ^ “TOKIO長瀬智也、ドコモ新CMで天文学者役 “異世界”に迷い込む”. ORICON STYLE. (2016年5月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2071900/full/ 2016年5月19日閲覧。 

外部リンク[編集]