山田正紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 正紀
(やまだ まさき)
誕生 1950年1月16日
日本の旗 日本愛知県名古屋市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 小説
代表作 『ミステリ・オペラ』
神獣聖戦シリーズ
五感推理シリーズ
デビュー作 『神狩り』(1975年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

山田 正紀(やまだ まさき、1950年 1月16日 - )は、日本の作家

愛知県名古屋市生まれ。子供時代は漫画家を目指していた。明治大学政治経済学部卒業。日本推理作家協会会員。本格ミステリ作家クラブ会員。日本冒険作家クラブ元会員。

日本SF作家クラブでは第12代会長を務めたが[1]、2014年現在は退会している。

人物[編集]

海外放浪の後、同人誌『宇宙塵』で作品を発表していたが、編集人であった柴野拓美に託した中編小説が柴野によって『SFマガジン』に手渡されることになり、1974年、中編「神狩り」が『SFマガジン』誌に掲載され作家デビューすることになる。『SFマガジン』には、立て続けに「流氷民族」(単行本化時に『氷河民族』に改題)を連載して、大物新人SF作家としての地位を固めた。かんべむさし堀晃らとともに、星新一小松左京筒井康隆らの日本SF第一世代に続く、第二世代と呼ばれる。その後、冒険小説ミステリなどにも発表ジャンルを広げる。

SFにおいては、骨太なアイデアで構成する難解で本格的な作品(デビュー時から「想像できないことを想像する」ことが信条であると発言している)からエンターテイメントに徹した作品まで幅広い。またロストワールドもの(「魔境物語」など)や、ジョン・W・キャンベルへのオマージュ「物体X」など、古典的な題材を取り上げることも多く、マニアックなファン層にもアピールしている。学生時代に中近東を放浪した経験があり、作品世界にも影響を与えている。

デビュー当初は『神狩り』『弥勒戦争』『神々の埋葬』など神をテーマにした作品が多く、これらは「神シリーズ」と呼ばれる。

SF系の作品では未完のものが多いが、『機械獣ヴァイブ』のように、17年の空白期間を経て完結した作品もある(『機械獣ヴァイブ〈4〉獣転生篇』が1988年6月刊行、改題・増補された『未来獣ヴァイブ』が2005年8月刊行)。

ミステリ界での「新本格」胎動後は、ミステリに大きく軸足を移し、近年はミステリ作品を数多く発表している。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • 神狩り 早川書房、1975 のち文庫、角川文庫、ハルキ文庫、ハヤカワ文庫
  • 弥勒戦争 早川書房、1975 のち文庫、角川文庫、ハルキ文庫
  • 流氷民族 ハヤカワ文庫、1976 「氷河民族」角川文庫、原題でハルキ文庫
  • 化石の城 二見書房、1976
  • 襲撃のメロディ ハヤカワ文庫、1976 のち角川文庫
  • 崑崙遊撃隊 二見書房、1976 のち角川文庫、講談社文庫、ハルキ文庫
  • 謀殺のチェス・ゲーム 祥伝社、1976 のち角川文庫、徳間文庫、ハルキ文庫
  • 火神(アグニ)を盗め 祥伝社、1977 のち文春文庫、ハルキ文庫
  • 神々の埋葬 角川書店、1977 のち文庫
  • 地球・精神分析記録 エルド・アナリュシス 徳間書店、1977 のち文庫
  • チョウたちの時間 角川書店、1979 のち文庫、徳間文庫
  • 竜の眠る浜辺 双葉社、1979 のち徳間文庫、ハルキ文庫
  • 50億ドルの遺産 光文社カッパノベルス、1979 のち徳間文庫
  • 宝石泥棒 1-2 早川書房、1980-89 のち角川文庫、早川文庫、ハルキ文庫
  • ツングース特命隊 講談社、1980 のち文庫、ハルキ文庫
  • デッド・エンド 奇想天外社、1980 のち文春文庫
  • アフロディーテ 講談社、1980 のち文庫
  • 孔雀王 角川文庫、1981
  • 虚栄の都市 東京を襲った悪夢の48時間 祥伝社、1982 「三人の『馬』」ノンポシェット
  • 風の七人 講談社、1982 のち文庫
  • 最後の敵 モンスターのM・ミュータントのM 徳間書店、1982 のち文庫
  • 裏切りの果実 文藝春秋、1983 のち文庫
  • 宿命の女 徳間ノベルス、1983 のち文庫
  • 神獣聖戦シリーズ
    • 『神獣聖戦I 幻想の誕生』(中編集)徳間ノベルス 1984 のち文庫
    • 『神獣聖戦II 時間牢に繋がれて』(中編集)徳間書店 1984 のち文庫
    • 『魔術師』徳間書店 1986
    • 『神獣聖戦III 鯨夢! 鯨夢!』(中編集)徳間書店 1986
    • 『神獣聖戦 Perfect Edition』上下巻 徳間書店 2008 のち徳間文庫
『神獣聖戦』は、背面世界においての新たな人類である「鏡人(M)=狂人(M)」と「悪魔憑き(デモノマニア)」の闘争を描くという、高度な空想性、抽象性を持つ野心的な作品として構想された。当初は中編集3冊と、長編『魔術師』『舞踏会の夜』の全5冊で完結する予定とされたが、『舞踏会の夜』が完成しないままとなっている一方、既刊を増補・改訂した『神獣聖戦 Perfect Edition』が2008年に刊行された。
  • 闇の太守 全4冊 講談社ノベルス、1984-90 のち文庫
  • たまらなく孤独で、熱い街 徳間文庫、1984
  • 殺人契約 殺し屋・貴志 光文社文庫、1984
  • 機械獣ヴァイブ ソノラマ文庫、1985-1988
    • 獣黙示編
    • 獣地底編
    • 獣誕生編
    • 獣転生編
    • 未来獣ヴァイブ、2005
『機械獣ヴァイブ』を改題、1冊にまとめ、未完だった結末部を加筆したもの。
  • 顔のない神々 角川ノベルズ、1985 のち文庫
  • 魔境密命隊 双葉ノベルス、1985 のち文庫
  • 幻象機械 中央公論社、1986 のち文庫
  • 魔空の迷宮 中央公論社、1986 のち文庫
  • 謀殺の弾丸特急 祥伝社、1986 のち徳間文庫
  • スーパーカンサーシリーズ
    • 破壊軍団 徳間ノベルス、1987 のち文庫
    • 超人軍団 同 のち文庫
    • 幽霊軍団 同 のち文庫
  • 鏡の殺意 双葉ノベルス、1987 のち文庫
  • エンジェル・エコー 新潮文庫、1987
  • 人喰いの時代 徳間書店、1988 のち文庫、ハルキ文庫
  • 24時間の男 一千億円を盗め 祥伝社、1988
  • 延暦十三年のフランケンシュタイン 徳間書店、1988
  • 七面鳥危機一発 双葉ノベルス、1988 のち文庫
  • 赤い矢の女 徳間ノベルス、1988
  • 天動説 角川ノベルズ、1988-1989
  • ブラックスワン 講談社、1989 のち文庫、ハルキ文庫
  • 美しい蠍たち 徳間ノベルス、1989
  • 第四の敵 双葉社、1989 のち文庫
  • 謀殺の翼747 中央公論社、1989 のち文庫
  • ゐのした時空大サーカス 中央公論社、1989
  • ジュークボックス 徳間書店、1990
  • 血と夜の饗宴 広済堂ブルーブックス、1990
  • 蜃気楼・13の殺人 光文社カッパノベルス、1990 のち文庫
  • 宇宙犬ビーグル号の冒険 早川書房、1990
  • 金魚の眼が光る 徳間書店、1990 のち文庫
  • 機神兵団 全10冊 中央公論社、1990-94 のちハルキ文庫
  • 仮面戦記 1-3 徳間ノベルス、1991
  • ジャグラー 徳間書店、1991 のち文庫
  • 弔鐘の荒野 双葉社、1991
  • 影の艦隊 全7冊 徳間ノベルス、1992-1995
  • 恍惚病棟 祥伝社、1992 のちハルキ文庫
  • 愛しても、獣 双葉社、1993
家族の48時間』(主演:渡瀬恒彦)のタイトルで1998年2月10日に「火曜サスペンス劇場」枠でドラマ化された。
  • 装甲戦士 1 祥伝社、1993
  • 装甲戦士 2 戦艦奪還指令OZ 祥伝社、1994
  • 電脳少女 アイドロイド・ユイ 光風社ノベルス、1993
  • 天保からくり船 光風社出版、1994
  • エイダ 早川書房、1994 のち文庫
  • 妖虫戦線 1-4 中央公論社、1995
  • 郵便配達は二度死ぬ 徳間書店、1995
  • 花面祭 MASQUERADE 中央公論社、1995 のち講談社文庫
  • 女囮捜査官 全5冊 徳間ノベルス、1996 のち幻冬舎文庫、「おとり捜査官」朝日文庫
別名「五感推理シリーズ」。初出では「触姦」等の表記だった。『おとり捜査官・北見志穂』のタイトルで「土曜ワイド劇場」枠でドラマ化された。
  • デッドソルジャーズ・ライヴ 早川書房、1996
  • 螺旋の月 宝石泥棒II ハルキ文庫、1997
  • 阿弥陀(パズル)幻冬舎、1997 のち文庫
  • 神曲法廷 講談社ノベルス、1998 のち文庫
  • 長靴をはいた犬 神性探偵・佐伯神一郎 講談社ノベルス、1998 のち文庫
  • 仮面(ペルソナ)ハルキ文庫、1998 のち幻冬舎文庫
  • 氷雨 ハルキ・ノベルス、1998
  • 妖鳥(ハルピュイア)幻冬舎文庫、1999
  • SAKURA 六方面喪失課 徳間ノベルス、2000
  • ナース ハルキ・ホラー文庫、2000
  • 螺旋(スパイラル)幻冬舎文庫、2000
  • 篠婆 骨の街の殺人 講談社ノベルス、2001
  • 日曜日には鼠を殺せ 祥伝社文庫、2001
  • ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件 早川書房、2001 のち文庫
  • サブウェイ ハルキ・ホラー文庫、2002
  • 僧正の積木唄 文藝春秋、2002 のち文庫
  • 天正マクベス 修道士シャグスペアの華麗なる冒険 原書房、2003
  • サイコトパス 光文社、2003
  • イノセンス After The Long Goodbye 徳間書店、2004 のち文庫
  • マヂック・オペラ 二・二六殺人事件 早川書房、2005
  • ロシアン・ルーレット 集英社、2005
  • 神狩り2 リッパー 徳間書店、2005 のち徳間文庫
  • 早春賦 角川書店、2006 のち文庫
  • 翼とざして アリスの国の不思議 光文社カッパノベルス、2006
  • カオスコープ 東京創元社、2006
  • 雨の恐竜 理論社、2007
  • 創造士・俎凄一郎 第一部 ゴースト 講談社ノベルス、2007
  • 白の協奏曲(コンチェルト)双葉社、2007
  • 神君幻法帖 徳間書店、2009 のち徳間文庫
  • イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ 早川書房、2009
  • 帰り舟 深川川獺界隈 朝日文庫、2009
  • 人間競馬 悪魔のギャンブル 角川ホラー文庫、2010
  • ファイナル・オペラ(ミステリ・ワールド) 早川書房、2012.3
  • ふたり、幸村 徳間書店、2012.5
  • 復活するはわれにあり 双葉社、2013.4
  • クトゥルフ少女戦隊 第一部(The Cthulhu Mythos Files) 創土社、2014.10
  • 桜花忍法帖 バジリスク新章〈上〉 講談社タイガ、2015.11
  • 桜花忍法帖 バジリスク新章〈下〉 講談社タイガ、2015.12

短編集[編集]

  • 終末曲面 講談社、1977 のち文庫
  • 剥製の島 徳間書店、1978 のち文庫
  • 贋作ゲーム 文藝春秋、1978 のち文庫、扶桑社文庫
  • ヨハネの剣 講談社、1980 のち文庫
  • 超・博物誌 徳間書店、1980 のち文庫、集英社文庫
  • ふしぎの国の犯罪者たち 文藝春秋、1980 のち文庫、扶桑社文庫
  • 恋のメッセンジャー 集英社、1981 「地球軍独立戦闘隊」文庫
  • あやかし 集英社、1981 「夢と闇の果て」のち文庫、「吉原蛍珠天神」文庫
  • 少女と武者人形 文藝春秋、1982 のち文庫、集英社文庫
  • 魔境物語 光風社出版、1983 のち徳間文庫
  • 不可思議アイランド 光風社出版、1984 のち徳間文庫
  • 物体X ハヤカワ文庫、1986
  • まだ、名もない悪夢。徳間書店、1989
  • 五つの標的 光風社出版、1991 のち文庫
  • 1ダースまであと一つ 光風社出版、1991
  • 夢の中へ(ふしぎ文学館)出版藝術社、1993
  • ヘロデの夜 出版芸術社、1994
  • 見えない風景 出版芸術社、1994
  • 京都蜂供養 出版芸術社、1994
  • 渋谷一夜物語(シブヤンナイト)集英社、2002 のち文庫
  • 風水火那子の冒険 光文社カッパノベルス、2003 のち文庫
  • 私を猫と呼ばないで 小学館、2007
  • オフェーリアの物語 理論社 2008.5

共著[編集]

  • 暗黒の序章 マシンガイ竜 永井豪共著、角川文庫、1986
  • 読書会 恩田陸 徳間書店 2007.1 のち徳間文庫

アンソロジー[編集]

「」内が山田正紀の作品

日本推理作家協会・編
  • 推理小説代表作選集 1983年版 講談社、1983.5 「別荘の犬」
    • 【改題】花には水、死者には愛 ミステリー傑作選18 講談社文庫、1988.4
  • 紫陽花の殺意 カッパ・ノベルス、1989.6 「代打はヒットを打ったか?」
    • 【改題】疑惑のシンフォニー 光文社文庫、1994.7
  • 戦慄のプログラム 日本ベストミステリー選集13 光文社文庫、1992.2 「滅ぼす女」
  • 日本ベストミステリー「珠玉集」〈上〉 光文社カッパ・ノベルス、1992.6 「しつけの問題」
    • 【改題】悪夢のマーケット 光文社文庫、1996.2
  • 「傑作推理(ベスト・オブ・ベスト)」大全集〈下〉 光文社カッパ・ノベルス、1995.8 「獣の群れ」
    • 【改題】黒衣のモニュメント 日本ベストミステリー選集27 光文社文庫、2000.6
  • 推理小説代表作選集 1997年版 講談社、1997.6 「経理課心中」
    • 【分冊・改題】殺人哀モード ミステリー傑作選37 講談社文庫、2000.4
  • 最新「珠玉推理(ベスト・オブ・ベスト)」大全〈下〉 光文社カッパ・ノベルス、1998.10 「さなぎ」
    • 【改題】闇夜の芸術祭 光文社文庫、2003.4
  • 推理作家になりたくて第3巻 マイベストミステリー 迷 文藝春秋、2003.10 「雪のなかのふたり」、書き下ろしエッセイ「短編作家への道」
  • 名探偵を追いかけろ 光文社カッパ・ノベルス、2004.10 / 光文社文庫、2007.5 「ハブ」
  • マイ・ベスト・ミステリー3 文春文庫、2007.9 「雪のなかのふたり」
  • 不思議の足跡 光文社カッパ・ノベルス、2007.10 / 光文社文庫、2011.4 「悪魔の辞典」
  • 京極夏彦選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎004 講談社文庫、2009.9 「別荘の犬」
  • 名探偵に訊け 光文社カッパ・ノベルス、2010.9 / 光文社文庫、2013.4 「原宿消えた列車の謎」
日本文藝家協会・編
  • 現代の小説1990 徳間書店、1990.5 「自転車泥棒」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2006 徳間文庫、2006.6 「悪魔の辞典」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2011 徳間文庫、2011.6 「フェイス・ゼロ」
本格ミステリ作家クラブ・編
  • 本格ミステリ'10 講談社ノベルス、2010.6 「札幌ジンギスカンの謎」
    • 【改題】凍れる女神の秘密 本格短編ベスト・セレクション 講談社文庫、2014.1
その他
  • 日本SF短篇50 日本SF作家クラブ創立50周.記念アンソロジーIII 1983 - 1992 ハヤカワ文庫JA、2013.6 「交差点の恋人」
  • SF JACK 角川書店、2013.3 / 角川文庫、2016.2 「別の世界は可能かもしれない。」
  • 不思議の国のアリスミステリー館 河出文庫、2015.9 「襲撃」
  • NOVA+ 屍者たちの帝国 書き下ろし日本SFコレクション 河出文庫、2015.10 「石に漱ぎて滅びなば」
  • 歪んだ時間 冒険の森へ 傑作小説大全8 集英社、2015.10 「竜の眠る浜辺」

映画出演[編集]

  • 立喰師列伝 - 山田正樹 役。厳密には役者としての出演ではなく、山田正紀の写真をCG加工したアニメ映画である。

海外への翻訳[編集]

中国大陸(簡化字)[編集]

  • 五感推理シリーズ
    • 触觉 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)
    • 视觉 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)
    • 听觉 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)
    • 嗅觉 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)
    • 味觉 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)
  • 神獣聖戦 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第12代会長 山田正紀 - 日本SF作家クラブ50周年記念サイト

外部リンク[編集]