山下智久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やました ともひさ
山下 智久
生年月日 1985年4月9日(31歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県[1]
身長 174 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 俳優歌手J-POP
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1996年[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > 山下智久
主な作品

テレビドラマ
野ブタ。をプロデュース』(2005年)
クロサギ』(2006年)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年、2009年)
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』 (2009年)
SUMMER NUDE』 (2013年)
アルジャーノンに花束を』(2015年)
5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015年)


映画
映画 クロサギ』(2008年)
備考
所属
グループ:NEWS (2003年 - 2011年)
レーベル:
ジャニーズ・エンタテイメント (2003年 - 2011年)
ワーナーミュージック・ジャパン (2012年 - )

山下 智久(やました ともひさ[1]1985年4月9日[1] - )は、日本歌手俳優タレント

男性アイドルグループNEWSの元メンバー[1]で、2011年10月からはソロとして活動。愛称は山P(やまぴー)[注釈 1]

千葉県出身[1]ジャニーズ事務所所属。明治大学商学部卒業[5]

略歴[編集]

1996年

  • 滝沢秀明出演のドラマを見て、11歳の時に母親に頼んでジャニーズ事務所に履歴書を送付[6]。9月1日に入所[7]。同期に生田斗真がいる[3]

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2009年

  • 11月21日 - 2010年1月7日、初ソロコンサート『SHORT BUT SWEET』公演。

2011年

2012年

  • 1月2日、『山下智久・ルート66〜たった一人のアメリカ』が3か月にわたり放映される。
  • 2月29日、NEWS脱退後初、自身としては約1年1か月ぶりとなる5作目のシングル「愛、テキサス」を発売。
  • 4月6日、ラジオ番組『山下智久 Cross Space』放送開始[9]
  • 11月28日、香取慎吾と結成した期間限定ユニットThe MONSTERSのシングル「MONSTERS」が発売[10]

2013年

2014年

2015年

  • 7月10日、『大人のKISS英語』の後任番組として『山Pのkiss英語』が放送開始。

2016年

  • 1月27日、自身初のベストアルバム『YAMA-P』が発売され、オリコンチャート1位を獲得した。

人物[編集]

愛称の「山P(ヤマピー)」は、滝沢秀明が命名したもの[4]。本人の出演したプリッツCMでも使われた[12]。2015年7月からは愛称を用いた冠番組『山Pのkiss英語』が放送された[13]

出演[編集]

グループでの出演はNEWS (グループ)#出演を参照。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ・情報番組ほか[編集]

ドキュメンタリー[編集]

メインパーソナリティ[編集]

声優[編集]

  • トリコ(2012年6月24日、本人役、フジテレビ)

CM[編集]

ラジオ番組[編集]

作品[編集]

NEWSメンバー時代の作品はNEWS (グループ)#作品を参照。タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧を参照。

順位はオリコンチャートにおける最高位。

シングル[編集]

はだかんぼー」までジャニーズ・エンタテイメントから、「愛、テキサス」以後はワーナーミュージック・ジャパンから発売。

  1. 抱いてセニョリータ2006年5月31日)- 1位
  2. Loveless2009年11月18日)- 1位
  3. One in a million2010年7月28日)- 1位
  4. はだかんぼー2011年1月19日)- 1位
  5. 愛、テキサス2012年2月29日)- 1位[24]
  6. LOVE CHASE(2012年7月4日)- 2位
  7. 怪・セラ・セラ2013年3月13日)- 2位
  8. SUMMER NUDE '13(2013年7月31日)- 1位[25]

コラボレーションシングル[編集]

  1. 修二と彰青春アミーゴ」(2005年11月2日)- 1位
  2. GYMフィーバーとフューチャー」(2006年8月30日 )- 1位
  3. The MONSTERSMONSTERS」(2012年11月28日)- 1位

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. SUPERGOOD, SUPERBAD(2011年1月26日)- 1位
  2. エロ2012年7月25日)- 2位
  3. A NUDE2013年9月11日)- 2位
  4. YOU2014年10月8日)- 1位[26]

ミニ・アルバム[編集]

  1. (2014年8月20日)- 2位

ベスト・アルバム[編集]

  1. YAMA-P(2016年1月27日)- 1位[27]

映像作品[編集]

本人名義以外のソロ発表曲[編集]

参加作品[編集]

コンサートゲスト出演

作詞・作曲[編集]

曲名 作詞作曲 収録 JASRAC作品コード
Pain 作詞 NEWS DVD『NEWSニッポン0304』 114-8870-1
Time 作詞 117-1587-1
LOVE SONG 作詞作曲 NEWS アルバム『touch 111-5167-6
カラフル 作詞 修二と彰 シングル「青春アミーゴ 126-6168-6
明日へ 作詞作曲 130-6721-4
Road 作詞、作曲(加藤成亮と合作) 132-4948-7
指輪 作詞作曲[29] 114-8876-0
Let Me 作詞作曲 130-6726-5
放課後ブルース 作詞作曲 GYM シングル「フィーバーとフューチャー 133-9804-1
Kissで伝えて 作詞作曲 137-9587-2
ゴメンネジュリエット 作詞作曲 NEWS アルバム『pacific』 138-5458-5
銀座ラプソディ 作詞(小山慶一郎と合作。コヤマP名義) NEWS DVD『NEWS LIVE DIAMOND』 157-5116-3
Moon Light 作詞 シングル「Loveless 1A6-7462-8
World is yours 作詞作曲 シングル「One in a million 700-8880-2
作詞作曲 アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD 122-6083-5
Friday Night 作詞 アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』 7A0-7508-9
PARTY DON'T STOP(feat. DJ DASK) 共同作詞[30] アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』 1B9-6569-3
TOMO 共同作詞[30] アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』 1B9-6652-5
Dreamer 作詞 DVD『TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD 500-7444-0
君と風と三日月 作詞作曲 シングル「LOVE CHASE 186-5431-2
Hit the wall 作詞作曲 アルバム『エロ 705-3923-5
踊る夜 作詞作曲 アルバム『エロ』 705-3935-9
MONSTERS 作詞作曲(香取慎吾と合作、TOMOHISA YAMASHITA名義) The MONSTERS シングル「MONSTERS 187-3988-1
夏のオリオン 作詞作曲 アルバム『A NUDE 195-6402-3
PAri-PArA 作詞作曲(香取慎吾と合作、The MONSTERS名義) アルバム『A NUDE』 195-6397-3
Ain't Enough 作詞作曲(赤西仁と合作、TOMOHISA YAMASHITA名義) 赤西仁アルバム『#JUSTJIN』 198-2091-7
Moon Disco 作詞 ミニアルバム『 203-4644-1
ブローディア 作詞 アルバム『YOU 7C0-6246-4

ソロコンサート[編集]

公演日程 タイトル 公演箇所・公演数 会場 備考
2009年11月21日
- 2010年1月7日
TOMOHISA YAMASHITA First Solo SHORT BUT SWEET 〜短いけれどいい時間(とき)を〜 2都市・10公演 横浜アリーナ大阪城ホール 自身初ソロコンサート[3]
2011年
1月29日 - 5月29日
TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD 9都市・31公演 香港・名古屋・大阪・福岡・韓国・タイ・代々木・台湾・北海道 自身初のアジアツアー
2012年
7月28日 - 8月29日
TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 〜エロP〜 6都市・11公演
13万9000人動員[4]
大阪・横浜・福岡・北海道・名古屋・東京 NEWS脱退後初のツアー
2013年
10月5日 - 12月19日
TOMOHISA YAMASHITA TOUR 2013 -A NUDE- 20都市・29公演 長崎・福岡・岐阜・広島・岡山・三重・香川・札幌・静岡・神戸・福島・仙台・長野・石川・新潟・富山・和歌山・大阪・名古屋・東京 香取慎吾プロデュース
2016年
6月9日 - 8月31日
TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 FUTURE FANTASY 14都市・24公演 神奈川・埼玉・東京・京都・名古屋・大阪・福井・広島・札幌・福岡・神戸・静岡・仙台・石川・東京

連載[編集]

  • Johnny's Web ※公式携帯サイト
    • 山下智久の日記(2003年7月11日 - )
  • 集英社 雑誌『SEVENTEEN
    • 0409-ゼロ・ヨン・ゼロ・キュウ-(2006年17号 - 2013年7月号)
  • 講談社 雑誌『GLAMOROUS
    • SOMEWHERE(2013年4月号 - 2013年8月号)
  • 講談社 雑誌『ViVi
    • ピーズ!(2013年12月号 - )

書籍[編集]

  • 映画『クロサギ』オフィシャル・ガイドブック(2008年3月、小学館)
  • 映画『あしたのジョー』OFFICIAL GUIDEBOOK(2011年1月、講談社)
  • ドラマ『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』OFFICIAL PHOTO BOOK(2012年3月、東京ニュース通信社)
  • ドラマ『MONSTERS』OFFICIAL BOOK(2012年12月、ぴあ)

映像作品[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 山下智久・ルート66〜たった一人のアメリカ-ディレクターズカット・エディション-(2012年4月11日)

受賞[編集]

  • 第19回日刊スポーツドラマグランプリ春ドラマ選考「アルジャーノンに花束を」主演男優賞受賞[31][32]
  • 第19回日刊スポーツドラマグランプリ秋ドラマ選考「5→9〜私に恋したお坊さん〜」助演男優賞受賞[32]
  • 第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞「5→9〜私に恋したお坊さん〜」助演男優賞・2位[33]

記録[編集]

  • 「青春アミーゴ」でミリオンセラーを記録
  • THE MONSTERS、NEWS、修二と彰、山下智久、GYMの5名義でオリコンシングルランキング1位獲得
  • 映画「近キョリ恋愛」で主演映画が3週連続週末興行収入ランキング第1位、2週連続週末動員ランキング第1位を獲得[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この愛称を用いて報道されることもある[4]
  2. ^ ジャニーズJr.時代は一時期[いつ?]番組司会を務めた。
  3. ^ TBS系ドラマ『ドラゴン桜』挿入歌
  4. ^ 小山慶一郎とのコンビ名。小山+山PでコヤマP名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 山下智久のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン (2011年11月22日). 2012年9月27日閲覧。
  2. ^ 『TVガイドPLUS』 VOL.7(2012年7月18日)[要ページ番号]
  3. ^ a b c “山ピー、斗真と新ユニット「イク&ピー」!?”. SANSPO.COM. (2009年11月22日). オリジナル2009年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091124104248/http:/www.sanspo.com/geino/news/091122/gng0911220504000-n1.htm 2016年5月3日閲覧。 
  4. ^ a b c “山P「エロで金」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年8月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120806-996055.html 2014年6月28日閲覧。 
  5. ^ a b “NEWS山下智久が晴れて明大卒業”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2008年9月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080919-410324.html 2012年9月27日閲覧。 
  6. ^ 山下智久、『王様のブランチ』出演 好きなタイプを告白 無茶振りにも神対応”. T-SITEニュース エンタメ. T-MEDIA HOLDINGS (2016年1月30日). 2016年3月5日閲覧。
  7. ^ Johnny's Web 『山下智久の日記』vol.2577より[いつ?][要高次出典]
  8. ^ “山P、錦戸が「NEWS」脱退!”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/07/kiji/K20111007001777410.html 2012年9月27日閲覧。 
  9. ^ 山下智久ラジオレギュラー番組スタート!”. ワーナーミュージック・ジャパン (2012年3月29日). 2012年9月27日閲覧。
  10. ^ “香取&山P、新ユニット「The MONSTERS」結成 初共演ドラマの主題歌“共作””. ORICON STYLE (オリコン). (2012年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2016750/full/ 2012年9月27日閲覧。 
  11. ^ “山Pバラエティー初司会「80点くらい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130117-1072899.html 2013年9月28日閲覧。 
  12. ^ “山Pに主婦ウットリ 「5回に1回温水」にガッカリ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年2月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/28/kiji/K20140228007679170.html 2015年7月11日閲覧。 
  13. ^ a b “山P初の冠番組 英語力UPで夢はハリウッドデビュー!?”. 産経ニュース. (2015年7月9日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150709/ent1507090004-n1.html 2016年3月5日閲覧。 
  14. ^ 山崎伸子 (2011年1月17日). “壮絶!『あしたのジョー』の山下智久&伊勢谷友介が過酷な減量を激白”. Movie Walker. 2016年4月8日閲覧。
  15. ^ 伊藤英明×武井咲×山下智久. 伊藤英明×武井咲×山下智久、強い思いで身を投じた「テラフォーマーズ」を語る. インタビュアー:黒豆直樹. 映画.com.. http://eiga.com/movie/81834/interview/ 2016年5月3日閲覧。 
  16. ^ “山P、水もしたたる新CM”. スポーツ報知. (2010年6月28日). オリジナル2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124110346/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100628-OHT1T00046.htm 2016年5月3日閲覧。 
  17. ^ “ノートPCのイメージキャラクタに田村正和さんと山下智久さんを起用” (プレスリリース), 東芝, (2007年4月25日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2007_04/pr_j2501.htm 2016年4月10日閲覧。 
  18. ^ “男も惚れる山ピー、ノートPCのCMに出演”. SANSPO.COM. (2009年10月21日). オリジナル2009年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091129082344/http:/www.sanspo.com/geino/news/091021/gng0910210505000-n1.htm 2016年5月3日閲覧。 
  19. ^ 山下智久が驚く「早っ!」「長っ!」”. Smartザテレビジョン (2011年9月21日). 2016年4月10日閲覧。
  20. ^ “山ピー、「PUMA」のイメージキャラクターに抜てき!”. スポーツ報知. (2012年3月6日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215094001/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120305-OHT1T00266.htm 2016年5月3日閲覧。 
  21. ^ 山下智久×井上真央、“明大コンビ”が初共演「嬉しかったです」”. モデルプレス (2012年5月28日). 2016年4月8日閲覧。
  22. ^ 保険見直し本舗 山下智久さん起用の新CM 2015年11月3日(火)よりスタート”. PR TIMES (2015年10月26日). 2015年10月26日閲覧。
  23. ^ 山下智久、31歳誕生日に新CM!脱毛で女性たちに美のメッセージ”. マイナビニュース (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  24. ^ 山下智久「愛、テキサス」オリコンウィークリーチャート1位獲得! 5作品連続シングル首位に!”. CDJournal (2012年3月6日). 2016年5月3日閲覧。
  25. ^ “【オリコン】山下智久、カバー曲「SUMMER NUDE」で6作目首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年8月6日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2027309/full/ 2013年9月28日閲覧。 
  26. ^ 【オリコン】山下智久、3年8ヶ月ぶりアルバム首位(2014年10月14日)、オリコンスタイル、2014年10月14日閲覧。
  27. ^ 【オリコン】山下智久、初ベストが首位”. ORICON STYLE (2016年2月2日). 2016年2月3日閲覧。
  28. ^ “安室ご指名 山下智久と初コラボ”. nikkansports.com. (2011年2月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110217-737914.html 2016年4月10日閲覧。 
  29. ^ ジャニーズネット
  30. ^ a b ジャニーズネット
  31. ^ 「アルジャーノンに花束を」が4冠/日刊スポーツドラマGP春(2015年7月3日)、ニッカンスポーツ.コム、2015年7月3日閲覧。
  32. ^ a b “山下智久「充実した年」主演&助演賞で史上初の2冠”. nikkansports.com. (2016年5月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1641078.html 2016年5月3日閲覧。 
  33. ^ 2015年「年間ドラマ大賞」作品賞(大賞)は相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』!相葉は「作品賞」「主演男優賞」「主題歌賞」のトリプル受賞!”. TV LIFE (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  34. ^ 映画『近キョリ恋愛』異例の大ヒット!!! 興行収入10億円、観客動員80万人突破!(2014年11月11日)、CINEMA TOPICS ONLINE、2014年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]