山下智久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やました ともひさ
山下 智久
生年月日 (1985-04-09) 1985年4月9日(33歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県[1]
身長 175.5 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 俳優歌手タレント
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1996年[3] -
著名な家族 山下莉奈[4]
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > 山下智久
主な作品
テレビドラマ池袋ウエストゲートパーク』(2000年)
カバチタレ!』(2001年)
ロング・ラブレター〜漂流教室〜』(2002年)
ランチの女王』(2002年)
ドラゴン桜』(2005年)
野ブタ。をプロデュース』(2005年)
クロサギ』(2006年)
プロポーズ大作戦』(2007年)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ(2008年・2010年・2017年)
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』 (2009年)
最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』(2012年)
MONSTERS』(2012年)
SUMMER NUDE』(2013年)
アルジャーノンに花束を』(2015年)
5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015年)
ボク、運命の人です。』(2017年)
映画
映画 クロサギ』(2008年)
あしたのジョー』(2011年)
近キョリ恋愛』(2014年)
テラフォーマーズ』(2016年)
劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)
備考
所属
グループ:NEWS (2003年 - 2011年)
レーベル:
ジャニーズ・エンタテイメント(2003年 - 2011年)
ワーナーミュージック・ジャパン (2012年[5] - 2016年[6]
SME Records(2018年[7] - )

山下 智久(やました ともひさ[1]1985年4月9日[1] - )は、日本歌手俳優タレント

男性アイドルグループNEWSの元メンバー[1]で、2011年10月からはソロとして活動。愛称は「山P[8]

千葉県出身[1]ジャニーズ事務所所属。明治大学商学部卒業[9]

来歴[編集]

人物[編集]

愛称の「山P」は、滝沢秀明が命名したもの[8][24]。報道で使われたり、冠番組のタイトルにも使われている[25]

コードブルーで共演した浅利陽介とは"陽介"、"智"と呼び合うほどの旧知の仲で2人で新幹線に乗って旅に出るなどしている。[26]

出演[編集]

グループでの出演はNEWS (グループ)#出演を参照。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ・情報番組ほか[編集]

ドキュメンタリー[編集]

声優[編集]

  • トリコ(2012年6月24日、本人役、フジテレビ)

CM[編集]

ラジオ番組[編集]

作品[編集]

NEWSメンバー時代の作品はNEWS (グループ)#作品を参照。タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧を参照。

順位はオリコンチャートにおける最高位。

シングル[編集]

はだかんぼー」までジャニーズ・エンタテイメントから、「愛、テキサス」以後はワーナーミュージック・ジャパンから発売。

  1. 抱いてセニョリータ(2006年5月31日)- 1位
  2. Loveless(2009年11月18日)- 1位
  3. One in a million(2010年7月28日)- 1位
  4. はだかんぼー(2011年1月19日)- 1位
  5. 愛、テキサス(2012年2月29日)- 1位[58]
  6. LOVE CHASE(2012年7月4日)- 2位
  7. 怪・セラ・セラ(2013年3月13日)- 2位
  8. SUMMER NUDE '13(2013年7月31日)- 1位[59]

コラボレーションシングル[編集]

  1. 修二と彰青春アミーゴ」(2005年11月2日)- 1位
  2. GYMフィーバーとフューチャー」(2006年8月30日)- 1位
  3. The MONSTERSMONSTERS」(2012年11月28日)- 1位
  4. 亀と山P背中越しのチャンス」(2017年5月17日)- 1位

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. SUPERGOOD, SUPERBAD(2011年1月26日)- 1位
  2. エロ(2012年7月25日)- 2位
  3. A NUDE(2013年9月11日)- 2位
  4. YOU(2014年10月8日)- 1位[60]
  5. タイトル未定(2018年、予定)

ミニ・アルバム[編集]

  1. (2014年8月20日)- 2位

ベスト・アルバム[編集]

  1. YAMA-P(2016年1月27日)- 1位[61]

映像作品[編集]

本人名義以外のソロ発表曲[編集]

参加作品[編集]

コンサートゲスト出演

作詞・作曲[編集]

曲名 作詞作曲 収録 JASRAC作品コード
Pain 作詞 NEWS DVD『NEWSニッポン0304』 114-8870-1
Time 作詞 117-1587-1
LOVE SONG[27] 作詞作曲[27] NEWS アルバム『touch 111-5167-6
カラフル[27] 作詞[27] 修二と彰 シングル「青春アミーゴ 126-6168-6
明日へ 作詞作曲 130-6721-4
Road 作詞、作曲(加藤成亮と合作) 132-4948-7
指輪 作詞作曲[63] 114-8876-0
LET ME 作詞 130-6726-5
放課後ブルース 作詞作曲 GYM シングル「フィーバーとフューチャー 133-9804-1
Kissで伝えて 作詞作曲 137-9587-2
ゴメンネジュリエット 作詞作曲 NEWS アルバム『pacific』 138-5458-5
銀座ラプソディ 作詞(小山慶一郎と合作。コヤマP名義) NEWS DVD『NEWS LIVE DIAMOND』 157-5116-3
Moon Light 作詞 シングル「Loveless 1A6-7462-8
World is yours 作詞作曲 シングル「One in a million 700-8880-2
作詞作曲 アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD 122-6083-5
Friday Night 作詞 アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』 7A0-7508-9
PARTY DON'T STOP(feat. DJ DASK) 共同作詞[64] アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』 1B9-6569-3
TOMO 共同作詞[64] アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD』 1B9-6652-5
Dreamer 作詞 DVD『TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD 500-7444-0
君と風と三日月 作詞作曲 シングル「LOVE CHASE 186-5431-2
Hit the wall 作詞作曲 アルバム『エロ 705-3923-5
踊る夜 作詞作曲 アルバム『エロ』 705-3935-9
MONSTERS 作詞作曲(香取慎吾と合作、TOMOHISA YAMASHITA名義) The MONSTERS シングル「MONSTERS 187-3988-1
夏のオリオン 作詞作曲 アルバム『A NUDE 195-6402-3
PAri-PArA 作詞作曲(香取慎吾と合作、The MONSTERS名義) アルバム『A NUDE』 195-6397-3
Ain't Enough 作詞作曲(赤西仁と合作、TOMOHISA YAMASHITA名義) 赤西仁アルバム『#JUSTJIN』 198-2091-7
Moon Disco 作詞 ミニアルバム『 203-4644-1
ブローディア 作詞 アルバム『YOU 7C0-6246-4
Forever Summer 作詞作曲(共作) シングル『背中越しのチャンス 228-1983-5

ソロコンサート[編集]

公演日程 タイトル 公演箇所・公演数 会場 備考
2009年11月21日
- 2010年1月7日
TOMOHISA YAMASHITA First Solo SHORT
BUT SWEET 〜短いけれどいい時間(とき)を〜
2都市・10公演 横浜アリーナ大阪城ホール 自身初ソロコンサート[3]
2011年
1月29日 - 5月29日
TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011
SUPER GOOD SUPER BAD
9都市・31公演
29万人動員[65][66]
香港・名古屋・大阪・福岡・韓国・タイ・代々木・台湾・北海道 自身初のアジアツアー[67]。演出の大部分を自ら担当し、衣装は7パターンを用意[67]。『SUPERGOOD, SUPERBAD』の曲を中心に27曲を披露[66]東日本大震災の影響で北海道と台湾の公演は3月から[65]5月末に延期されて行われた[66]。海外公演と代々木公演のみA.B.C-Zが同行した[66]
2012年
7月28日 - 8月29日
TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 〜エロP〜 6都市・11公演
13万9000人動員[24]
大阪・横浜・福岡・北海道・名古屋・東京 NEWS脱退後初のツアー
2013年
10月5日 - 12月19日
TOMOHISA YAMASHITA TOUR 2013 -A NUDE- 20都市・29公演[68] 長崎・福岡・岐阜・広島・岡山・三重・香川・札幌・静岡・神戸・福島・仙台・長野・石川・新潟・富山・和歌山・大阪・名古屋・東京 香取慎吾プロデュース[69]
2016年
6月9日 - 8月31日
TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016
FUTURE FANTASY[70]
13都市・28公演[70]
8万人超動員[71]
神奈川県民ホール大ホール・大宮ソニックホール大ホール・東京国際フォーラムホールA・ロームシアター京都メインホール・名古屋国際会議場センチュリーホール・大阪国際会議場メインホール・フェニックス・プラザ・広島文化学園HBGホール・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)・福岡サンパレスホール・神戸国際会館こくさいホール・静岡市民文化会館大ホール・仙台サンプラザホール
2016年
12月3日 - 12月4日
TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016
FUTURE FANTASY in YOYOGI[72]
1都市・3公演 国立代々木競技場 第一体育館
2018年
9月21日 - 12月9日(予定)
TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018[73] 15都市・32公演
11万5000人動員(予定)[7]
市原市市民会館 大ホール・フェスティバルホール・神奈川県民ホール 大ホール・福岡サンパレス・札幌文化芸術劇場hitaru・神戸国際会館 こくさいホール・ロームシアター京都 メインホール・広島文化学園HBGホール・グランキューブ大阪 メインホール・アクトシティ浜松・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール・本多の森ホール・仙台サンプラザホール・名古屋国際会議場 センチュリーホール・横浜アリーナ

連載[編集]

  • Johnny's Web ※公式携帯サイト
    • 山下智久の日記(2003年7月11日 - )
  • 集英社 雑誌『SEVENTEEN
    • 0409-ゼロ・ヨン・ゼロ・キュウ-(2006年17号 - 2013年7月号)
  • 講談社 雑誌『GLAMOROUS
    • SOMEWHERE(2013年4月号 - 2013年8月号)
  • 講談社 雑誌『ViVi
    • ピーズ!(2013年12月号 - )

書籍[編集]

  • 映画『クロサギ』オフィシャル・ガイドブック(2008年3月、小学館)
  • 映画『あしたのジョー』OFFICIAL GUIDEBOOK(2011年1月、講談社)
  • ドラマ『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』OFFICIAL PHOTO BOOK(2012年3月、東京ニュース通信社)
  • ドラマ『MONSTERS』OFFICIAL BOOK(2012年12月、ぴあ)

映像作品[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 山下智久・ルート66〜たった一人のアメリカ-ディレクターズカット・エディション-(2012年4月11日)[74]

受賞[編集]

記録[編集]

  • 「青春アミーゴ」でミリオンセラーを記録
  • NEWS、修二と彰、山下智久、GYM、THE MONSTERS、亀と山Pの6名義でオリコンシングルランキング1位獲得
  • 映画「近キョリ恋愛」で主演映画が3週連続週末興行収入ランキング第1位、2週連続週末動員ランキング第1位を獲得[78]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同級生に上戸彩蒼井優城田優らがおり、卒業後も食事に行くなど交流が続いているという[17]
  2. ^ TBS系ドラマ『ドラゴン桜』挿入歌
  3. ^ 小山慶一郎とのコンビ名。小山+山PでコヤマP名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 山下智久のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン (2011年11月22日). 2012年9月27日閲覧。
  2. ^ 「山下智久 壁にぶつかったあなたへ 優しい言葉の処方箋」『Myojo』2018年8月号、集英社、56頁
  3. ^ a b “山ピー、斗真と新ユニット「イク&ピー」!?”. SANSPO.COM. (2009年11月22日). オリジナル2009年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091124104248/http://www.sanspo.com/geino/news/091122/gng0911220504000-n1.htm 2016年5月3日閲覧。 
  4. ^ 福田麗 (2012年1月17日). “山Pの美人妹・山下莉奈さん、すっぴん眼鏡姿を公開!「お兄さんそっくり」と大評判!”. シネマトゥデイ. 2016年9月1日閲覧。
  5. ^ 山下智久”. ワーナーミュージック・ジャパン. 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  6. ^ “山下智久「ワクワク」4年ぶりオリジナルアルバム”. nikkansports.com. (2018年7月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807050000064.html 2018年7月7日閲覧。 
  7. ^ a b c “山P、2年ぶり全国ツアー 音楽活動を本格的に開始”. 東京中日スポーツ. (2018年7月5日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018070502000200.html 2018年7月7日閲覧。 
  8. ^ a b 山下智久、“山Pの生みの親”滝沢秀明に「足を向けて寝られない」 ジャニーズJr.時代の秘話明かす”. モデルプレス (2018年7月26日). 2018年7月30日閲覧。
  9. ^ a b c “NEWS山下智久が晴れて明大卒業”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2008年9月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080919-410324.html 2012年9月27日閲覧。 
  10. ^ 山下智久、『王様のブランチ』出演 好きなタイプを告白 無茶振りにも神対応”. T-SITEニュース エンタメ. T-MEDIA HOLDINGS (2016年1月30日). 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月5日閲覧。
  11. ^ 山下智久、ソロ転身後は「自由だけど孤独もある」- NEWS時代も振り返る”. マイナビニュース. マイナビ (2016年1月30日). 2018年7月7日閲覧。
  12. ^ 堂本光一「バックについてたときの踊りのほうが忘れない」山PとジャニーズJr.あるある披露”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  13. ^ 木下詩織 (2017年7月21日). “山P×生田斗真や、櫻井翔×今井翼の組み合わせも!? ジャニーズの意外なユニットを振り返る”. dmenuTV. NTTドコモ. 2018年7月7日閲覧。
  14. ^ 山田美保子 (2017年10月4日). “要チェック、水戸黄門に長谷川純君が登場(ジャニ担!:129)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASKB37QN4KB3UCVL032.html 2018年4月26日閲覧。 
  15. ^ “「NewS」お披露目!ジャニーズの新シャッフル軍団”. SANSPO.COM. (2003年9月15日). オリジナル2004年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040406095540/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200309/gt2003091607.html 2016年9月1日閲覧。 
  16. ^ 山Pら卒業!堀越高校卒業式完全リポート!”. テレ朝芸能特報. テレビ朝日 (2004年2月13日). 2017年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月23日閲覧。
  17. ^ “上戸彩「今でもご飯食べに行く」“同級生”はベッキー、蒼井優、城田優、山P”. Sponichi Annex. (2018年4月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/09/kiji/20180409s00041000385000c.html 2018年4月18日閲覧。 
  18. ^ “ジャニーズ初国際ユニット…山下智久とタイ人兄弟”. スポーツ報知. (2006年6月29日). オリジナル2007年1月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070123021819/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20060629-OHT1T00078.htm 2017年1月2日閲覧。 
  19. ^ “アジアへ第一歩「GYM」…山下智久、初国際ユニット”. スポーツ報知. (2006年7月18日). オリジナル2007年1月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070123113540/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20060718-OHT1T00087.htm 2016年9月1日閲覧。 
  20. ^ “山P、錦戸が「NEWS」脱退!”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月7日). オリジナル2016年5月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160515213445/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/07/kiji/K20111007001777410.html 2017年4月21日閲覧。 
  21. ^ “香取&山P、新ユニット「The MONSTERS」結成 初共演ドラマの主題歌“共作””. ORICON STYLE (オリコン). (2012年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2016750/full/ 2012年9月27日閲覧。 
  22. ^ 亀梨和也&山下智久、ユニット「亀と山P」結成! 亀梨主演ドラマで主題歌”. マイナビニュース (2017年2月19日). 2017年7月23日閲覧。
  23. ^ 山下智久、公式Weibo(微博)開設でネット騒然「山PがSNSに」”. モデルプレス. モデルプレス (2018年6月21日). 2018年6月22日閲覧。
  24. ^ a b “山P「エロで金」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年8月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120806-996055.html 2014年6月28日閲覧。 
  25. ^ a b “山P初の冠番組 英語力UPで夢はハリウッドデビュー!?”. 産経ニュース. (2015年7月9日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150709/ent1507090004-n1.html 2016年3月5日閲覧。 
  26. ^ “コードブルー山下智久10年でついた癖”. FNN. (2012年8月6日). https://sp.fnn.jp/posts/00335880HDK 2018年8月10日閲覧。 
  27. ^ a b c d e “「NEWS」山下 ドラマで“ソロ歌手””. Sponichi Annex. (2005年7月7日). オリジナル2005年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050721000107/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050707003.html 2017年3月11日閲覧。 
  28. ^ “山Pが“緊急救命”「ナイス、ガッキー」…コード・ブルー新春SP試写会”. スポーツ報知. (2009年1月7日). オリジナル2009年1月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090122221848/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090107-OHT1T00019.htm 2017年3月11日閲覧。 
  29. ^ 山下智久「コード・ブルー」、月9で7年ぶりの復活! 新垣結衣&戸田恵梨香ら集結”. cinemacafe.net (2017年3月10日). 2017年3月11日閲覧。
  30. ^ “山P、初の本人役で草ナギ主演「独身貴族」出演”. スポーツ報知. (2013年11月19日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105436/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20131119-OHT1T00010.htm 2016年8月23日閲覧。 
  31. ^ 山崎伸子 (2011年1月17日). “壮絶!『あしたのジョー』の山下智久&伊勢谷友介が過酷な減量を激白”. Movie Walker. 2016年4月8日閲覧。
  32. ^ 伊藤英明×武井咲×山下智久. 伊藤英明×武井咲×山下智久、強い思いで身を投じた「テラフォーマーズ」を語る. インタビュアー:黒豆直樹. 映画.com.. http://eiga.com/movie/81834/interview/ 2016年5月3日閲覧。 
  33. ^ “山P、映画「コード・ブルー」公開日を発表「来年の7月27日です」…FNS歌謡祭”. スポーツ報知. (2017年12月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171206-OHT1T50163.html 2017年12月12日閲覧。 
  34. ^ “山Pバラエティー初司会「80点くらい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130117-1072899.html 2013年9月28日閲覧。 
  35. ^ “NEWSの山下智久、ナレーションに初挑戦”. SANSPO.COM. (2003年10月25日). オリジナル2005年3月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050307124614/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003102502.html 2016年7月25日閲覧。 
  36. ^ “NEWSの山下智久がヴィクトリアにヨガ指導”. SANSPO.COM. (2005年2月2日). オリジナル2005年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050205041549/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200502/gt2005020306.html 
  37. ^ “山下クン&知花くららCMできた”. デイリースポーツonline. (2006年12月5日). オリジナル2006年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061205201331/http://www.daily.co.jp/gossip/2006/12/05/0000184311.shtml 
  38. ^ “山P、水もしたたる新CM”. スポーツ報知. (2010年6月28日). オリジナル2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124110346/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100628-OHT1T00046.htm 2016年5月3日閲覧。 
  39. ^ “ノートPCのイメージキャラクタに田村正和さんと山下智久さんを起用” (プレスリリース), 東芝, (2007年4月25日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2007_04/pr_j2501.htm 2016年4月10日閲覧。 
  40. ^ “NEWS・山下 ダイナミックに華麗なダンス”. Sponichi Annex. (2009年4月23日). オリジナル2009年4月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090426033914/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090423045.html 2017年3月11日閲覧。 
  41. ^ “男も惚れる山ピー、ノートPCのCMに出演”. SANSPO.COM. (2009年10月21日). オリジナル2009年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091129082344/http://www.sanspo.com/geino/news/091021/gng0910210505000-n1.htm 2016年5月3日閲覧。 
  42. ^ 山下智久が驚く「早っ!」「長っ!」”. ザテレビジョン (2011年9月21日). 2016年4月10日閲覧。
  43. ^ 山下智久が“山下智久”と共演? 『生茶』新CMで一人二役に挑戦”. ORICON STYLE (2010年4月19日). 2016年9月1日閲覧。
  44. ^ “山ピー、「PUMA」のイメージキャラクターに抜てき!”. スポーツ報知. (2012年3月6日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215094001/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120305-OHT1T00266.htm 2016年5月3日閲覧。 
  45. ^ 山下智久×井上真央、“明大コンビ”が初共演「嬉しかったです」”. モデルプレス (2012年5月28日). 2016年4月8日閲覧。
  46. ^ “えっ?山Pが分身!?最新技術で復元、等身大の「3D山P」”. スポーツ報知. (2013年9月3日). オリジナル2014年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140617102858/http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/TO000262/20130903-OHT1T00027.html 2016年6月19日閲覧。 
  47. ^ “山Pに主婦ウットリ 「5回に1回温水」にガッカリ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年2月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/28/kiji/K20140228007679170.html 2015年7月11日閲覧。 
  48. ^ “山下智久さん起用の新CM 2015年11月3日(火)よりスタート” (プレスリリース), 保険見直し本舗, (2015年10月26日), http://www.hokepon.com/info/news/company/9858/ 2016年6月28日閲覧。 
  49. ^ 山下智久、31歳誕生日に新CM!脱毛で女性たちに美のメッセージ”. マイナビニュース (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  50. ^ 山下智久、かっこいいアリ役に!? キリギリス役・ピエール瀧とトイレCM”. マイナビニュース (2016年8月25日). 2016年9月1日閲覧。
  51. ^ “山下智久さんとピエール瀧さんを起用したキッチン新CM「BISTRO LIXIL(ビストロ リクシル)」篇 〜4月7日(金)より全国で放映開始〜” (プレスリリース), LIXIL, (2017年4月7日), http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2017/020_water_0407_01.html 2017年8月28日閲覧。 
  52. ^ “山下智久さんとピエール瀧さんを起用したバスルーム新CM「非日常行きのバス」篇 〜6月23日(金)より全国で放映開始〜” (プレスリリース), LIXIL, (2017年6月23日), http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2017/020_water_0623_01.html 2017年8月28日閲覧。 
  53. ^ “ピエール瀧さん、山下智久さんと高橋真麻さんを起用した窓新CM「サッシ まずマド夫婦 夏」篇 〜7月21日(土)より全国で放送開始〜” (プレスリリース), LIXIL, (2018年7月18日), https://newsrelease.lixil.co.jp/news/2018/010_door_0718_01.html 20178-07-30閲覧。 
  54. ^ 山下智久、LINEスタンプが無料配信 『ポコパンタウン』新CMに出演”. ORICON NEWS. オリコン (2018年4月18日). 2018年4月18日閲覧。
  55. ^ 山下智久、自然体のCM撮影に「素の表情とかも出ちゃう」”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2018年7月7日). 2018年7月26日閲覧。
  56. ^ 山下智久ラジオレギュラー番組スタート!”. ワーナーミュージック・ジャパン (2012年3月29日). 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月15日閲覧。
  57. ^ 山下智久、ラジオ番組終了で惜しむ声続々 “タグ”がトレンド1位に 今後の活動は?”. モデルプレス (2018年3月30日). 2018年4月18日閲覧。
  58. ^ 山下智久「愛、テキサス」オリコンウィークリーチャート1位獲得! 5作品連続シングル首位に!”. CDJournal (2012年3月6日). 2016年5月3日閲覧。
  59. ^ “【オリコン】山下智久、カバー曲「SUMMER NUDE」で6作目首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年8月6日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2027309/full/ 2013年9月28日閲覧。 
  60. ^ 【オリコン】山下智久、3年8ヶ月ぶりアルバム首位(2014年10月14日)、オリコンスタイル、2014年10月14日閲覧。
  61. ^ 【オリコン】山下智久、初ベストが首位”. ORICON STYLE (2016年2月2日). 2016年2月3日閲覧。
  62. ^ “安室ご指名 山下智久と初コラボ”. nikkansports.com. (2011年2月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110217-737914.html 2016年4月10日閲覧。 
  63. ^ ジャニーズネット
  64. ^ a b ジャニーズネット
  65. ^ a b “山P、好きな女性下着の色「答えられね〜」”. DAILY SPORTS ONLINE. (2011年5月9日). オリジナル2011年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110603091921/https://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/05/09/0004047598.shtml 2017年7月23日閲覧。 
  66. ^ a b c d “山下智久 代々木で節電ソロライブ”. nikkansports.com. (2011年5月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110509-772984.html 2017年7月23日閲覧。 
  67. ^ a b “山P単独公演 香港から旋風スタート”. nikkansports.com. (2011年1月31日). オリジナル2011年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110203211134/http:/www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110131-731017.html 2018年6月23日閲覧。 
  68. ^ “山下智久、今年は20都市ツアー”. DAILY SPORTS ONLINE. (2013年8月22日). オリジナル2013年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130915005657/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2013/08/22/0006272283.shtml 2017年1月2日閲覧。 
  69. ^ “山P、全国ツアー演出は香取!最終日に“種明かし””. スポーツ報知. (2013年12月20日). オリジナル2014年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140617102255/http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/TO000262/20131220-OHT1T00009.html 
  70. ^ a b TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 FUTURE FANTASY”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年6月). 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月15日閲覧。
  71. ^ “山P 2年半ぶりツアー・東京公演”. 中日スポーツ. (2016年6月17日). オリジナル2016年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160617225028/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016061702000156.html 2016年8月23日閲覧。 
  72. ^ Concert / Stage 「TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 FUTURE FANTASY in YOYOGI」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年). 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月7日閲覧。
  73. ^ Concert / Stage 「TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年7月26日閲覧。
  74. ^ “山P、DVDバカ売れ!2週間で異例の2万1000枚”. スポーツ報知. (2012年4月26日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215093832/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120426-OHT1T00001.htm 2016年6月19日閲覧。 
  75. ^ 「アルジャーノンに花束を」が4冠/日刊スポーツドラマGP春(2015年7月3日)、ニッカンスポーツ.コム、2015年7月3日閲覧。
  76. ^ a b “山下智久「充実した年」主演&助演賞で史上初の2冠”. nikkansports.com. (2016年5月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1641078.html 2016年5月3日閲覧。 
  77. ^ 山下智久が初受賞! ドラマアカデミー賞 最優秀男優賞に輝く!!”. ザテレビジョン (2017年11月15日). 2017年11月15日閲覧。
  78. ^ 映画『近キョリ恋愛』異例の大ヒット!!! 興行収入10億円、観客動員80万人突破!(2014年11月11日)、CINEMA TOPICS ONLINE、2014年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]