悪魔の手毬唄 (1977年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金田一耕助 > 石坂浩二の金田一耕助シリーズ > 悪魔の手毬唄 (1977年の映画)
悪魔の手毬唄
監督 市川崑
脚本 久里子亭
原作 横溝正史
製作 田中収
市川崑
出演者 石坂浩二
岸惠子
仁科明子
北公次
永島暎子
渡辺美佐子
草笛光子
若山富三郎
音楽 村井邦彦
主題歌 哀しみのバラード
撮影 長谷川清
編集 小川信夫
長田千鶴子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1977年4月2日
上映時間 144分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7億5500万円[1]
前作 犬神家の一族
次作 獄門島
テンプレートを表示
舞台となった「亀の湯」のロケ撮影が行われた山梨県甲斐市某所の民家。撮影当時からほとんど変わっていない。2013年2月23日撮影。(一般家屋のため画像GPSデータは除去済み)
六道の辻(里子殺害現場)のロケが行われた山梨県甲斐市の某所。2013年2月23日撮影。(上記民家に隣接した位置のため画像GPSデータは除去済み)

悪魔の手毬唄』(あくまのてまりうた)は、1977年昭和52年)4月2日に公開された日本映画横溝正史作の同名長編推理小説の映画化作品。製作は東宝映画、配給は東宝

概要[編集]

市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの第2作で、東宝映画が製作した。キネマ旬報ベストテン第6位にランクインされている。

劇中、青池源治郎が活動弁士であったことを辰蔵が金田一らに話すシーンで、『新版大岡政談』三部作の解決篇の1シーン(丹下左膳(演:大河内伝次郎)とお藤(演:伏見直江)と火事装束の男たちが坤竜を奪い合うシーンで、現在も断片として現存している場面である)が挿入されており、マツダ映画社松田春翠が活弁の声を担当している。また、源治郎が村に帰るきっかけをリカが説明するシーンで、日本初の字幕スーパーが付いたトーキー映画『モロッコ』のラストシーンが登場している(この映画の公開により活動弁士が衰退することとなり、作品内でも触れられている)。

7億5500万円の配給収入を記録、1977年(昭和52年)の邦画配給収入ランキングの第10位となった[1]

キャスト[編集]

以下はノンクレジット

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1

外部リンク[編集]