四十七人の刺客

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四十七人の刺客
著者 池宮彰一郎
発行日 1992年9月
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
時代小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 437
コード ISBN 978-4-10-387201-6
ISBN 978-4-10-140811-8文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

四十七人の刺客』(しじゅうしちにんのしかく)は、池宮彰一郎長編時代小説。「新潮書下ろし時代小説」として1992年9月に新潮社から書き下ろしで刊行。1995年8月に新潮文庫より、2004年4月に角川文庫より文庫化された。第6回(1993年山本周五郎賞候補、第12回(1993年度)新田次郎文学賞受賞作。

赤穂浪士討ち入りに至るまでを、主君への忠義といった要素を排して、大石ら赤穂浪士と吉良家・上杉家との謀略戦として描く。

また、それを原作とした1994年東宝製作の時代劇映画

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

  • 四十七人の刺客(単行本、新潮社、1992年9月) ISBN 4103872012
  • 四十七人の刺客(新潮文庫、1995年8月) ISBN 4101408114
  • 四十七人の刺客 〈上〉(角川文庫、2004年4月24日) ISBN 4043687036
  • 四十七人の刺客 〈下〉(角川文庫、2004年4月24日) ISBN 4043687044

映画[編集]

四十七人の刺客
47 Ronin
監督 市川崑
脚本 池上金男
竹山洋
市川崑
原作 池宮彰一郎
製作 高井英幸
萩原敏雄
稲見宗孝
製作総指揮 堀内實三
漆戸靖治
永井紀芳
出演者 高倉健
中井貴一
宮沢りえ
西村晃
石坂浩二
浅丘ルリ子
森繁久彌
音楽 谷川賢作
撮影 五十畑光勇
編集 長田千鶴子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1994年10月22日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億円[1]
テンプレートを表示

「日本映画誕生100周年記念作品」として東宝の威信を賭けて製作され、市川崑監督、高倉健主演により1994年10月22日に公開された。

概要[編集]

己の権勢を誇示するために浅野内匠頭に切腹を命じ、赤穂藩を取り潰した幕府を仇討ちによって、その面目を叩き潰そうと目論む大石内蔵助吉良上野介をそれから守る事によって幕府の権勢を維持しようとする米沢藩江戸家老・色部又四郎。この2人の謀略戦と大石と一文字屋の娘・かるとの恋を中心にした『忠臣蔵』(赤穂事件)を描いている。

本作では、『忠臣蔵』で定番とされてきた江戸城松の廊下での刃傷事件の描写は省略されている[注 1]。また、浅野が吉良を斬り付けた理由は最後まで謎とされた[注 2]。そのことが、それまでの『忠臣蔵』とは違ったリアリティをこの作品に持たせている。

一方で、吉良邸内に迷路があったり、庭に障害物競走を想像させる水の溜まった溝があったりと、歴史考証に疑問を感じさせる部分がある、原作に描かれている大部分を省略している等、批判的な意見もある。なお、脚本には原作者の池宮も参加している(池上金男名義)。

主演の高倉健にとっては、1968年の『祇園祭』(松竹)以来、かつ生涯最後の時代劇作品である。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

受賞[編集]

  • 第7回東京国際映画祭インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞
  • 第49回毎日映画コンクール 日本映画ファン賞
  • 第19回報知映画賞 助演男優賞(中井貴一)
  • 第68回キネマ旬報賞 助演男優賞(中井貴一)
  • 第18回日本アカデミー賞
    • 最優秀助演男優賞(中井貴一)
    • 最優秀美術賞(村木与四郎)
    • 最優秀録音賞(斉藤禎一・大橋鉄矢)
    • 最優秀編集賞(長田千鶴子)
    • 優秀作品賞
    • 優秀監督賞(市川崑)
    • 優秀脚本賞(池上金男・竹山洋・市川崑)
    • 優秀主演男優賞(高倉健)
    • 優秀音楽賞(谷川賢作)
    • 優秀撮影賞(五十畑幸勇)
    • 優秀照明賞(下村一夫)
  • 第48回日本映画技術賞 録音賞(斉藤禎一)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 終盤で大石と吉良が対決する時に、回想シーンとしてわずかに登場する。
  2. ^ 途中、色部が吉良に理由を尋ねるが、吉良は答えない。また、吉良が大石に、浅野の刃傷の本当の理由を知りたくはないか、と助命を請うシーンがあるが、大石は「知りとうない」と言って吉良を討ってしまう。

出典[編集]

  1. ^ 大高宏雄 『日本映画逆転のシナリオ』 WAVE出版、2000年4月24日、210頁。ISBN 978-4-87290-073-6

外部リンク[編集]