ヴェネツィア国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベネチア国際映画祭から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェネツィア国際映画祭
リド島における映画祭会場(2010年)
リド島における映画祭会場(2010年)
イベントの種類 映画祭
初回開催 1932年
会場 ヴェネツィア リド島
主催 ヴェネツィア・ビエンナーレ
公式サイト
備考
世界三大映画祭のひとつ。

ヴェネツィア国際映画祭(ヴェネツィアこくさいえいがさい、Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica[注釈 1]は、イタリアヴェネツィアで毎年8月末から9月初旬に開催される映画祭である。カンヌ国際映画祭ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭のひとつで、世界最古の歴史を持つ映画祭である[注釈 2]

歴史[編集]

出席者たちは船で会場に到着する(2010年)

最も歴史の古い国際美術展であるヴェネツィア・ビエンナーレの第18回(1932年8月6日)の際に、映画部門として開始された。国際映画祭としては最初ともいわれる。初回の最優秀賞は観客の投票で決められた。1934年から1942年までは、最高賞が「ムッソリーニ賞」であった。第二次世界大戦のために1940年から1942年は参加作品が激減する。戦後も低迷していた中、1950年代に多くの日本映画を世界に紹介した。

1979年から1982年カルロ・リッツァーニがディレクターを務めた間に、現在のプログラム構成に繋がるプログラミングが行われ、再度脚光を浴びることとなった。長らくマーケット部門を持たず商業よりも芸術の映画祭として続いてきたが、2002年にマーケットが設けられるなど、商業映画の比重は次第に高まっている。

2006年の映画祭は、国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭のうち、上映作品数で第41位(115本)、来場者数では第10位(174,000人)であった。

[編集]

現在の公式賞[編集]

独立賞[編集]

映画批評家協会、クラブ、文化団体などが授与する独立賞[1]

過去に存在した賞[編集]

主な日本に関係した受賞[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ベニス国際映画祭、ヴェニス国際映画祭、ベネチア国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭などと表記されることもある。
  2. ^ ただし中断期間があるため、中断なく一貫して行われている映画祭ではエディンバラ国際映画祭が世界最古である。

出典[編集]

  1. ^ a b c COLLATERAL AWARDS OF THE 77TH VENICE FILM FESTIVAL” (英語). labiennale.org. 2020年9月13日閲覧。
  2. ^ Seventy years of SIGNIS at the Venice Film Festival” (英語). SIGNIS. 2020年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]