雨月物語 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雨月物語
Ugetsu Monogatari
ポスター
監督 溝口健二
脚本 川口松太郎
依田義賢
製作 永田雅一
製作総指揮 辻久一(企画)
出演者 京マチ子
水戸光子
田中絹代
音楽 早坂文雄
撮影 宮川一夫
編集 宮田味津三
製作会社 大映京都
配給 大映
公開 日本の旗 1953年3月26日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

雨月物語』(うげつものがたり)は、溝口健二が監督をつとめ1953年大映が製作した映画である。上田秋成読本雨月物語』の「浅茅が宿」と「蛇性の婬」の2編を、川口松太郎依田義賢が脚色した。

あらすじ[編集]

村にて[編集]

近江の国琵琶湖北岸の村に暮らす貧農の源十郎は、畑の世話をする傍らで焼物を作り町で売っていた。賤ヶ岳の戦いの前に長浜羽柴秀吉の軍勢により占領され、賑わっていることを知った源十郎は、妻の宮木と子を残し、焼物を載せた大八車を引いて長浜へ向かった。義弟の藤兵衛は、侍になりたいと源十郎に同行する。源十郎は大銭をもって村へ帰ってきた。藤兵衛は市で見かけた侍に家来にするよう頼み込むが、具足を持って来いとあしらわれる。

源十郎は戦が続くうちに、さらに焼物を作り大儲けをしようと、人が変わったように取り組むが、宮木は親子3人が幸せに暮らせればそれで充分なのに、とつぶやく。源十郎と藤兵衛は焼物をへ入れ、火を付けるが、折り悪く柴田勝家の軍勢が村へ近づいて来た。男は人足として徴用され、女は乱暴される、と村の人々は山へと逃げだす。窯の火は消えていたが、焼物は綺麗に焼けていた。

離散[編集]

皆は裏道を使い湖畔に出て、そこから捨て船で長浜へ向かうが、海賊に襲われたという瀕死の男が乗る船と出会い、宮木と子はやはり村へと返すことにする。長浜で源十郎の焼物は飛ぶように売れる。分け前を手にした藤兵衛は、今度こそ侍になるのだと、阿浜を振り切って逃げ出し、具足と槍を買って兵の列に紛れる。探し疲れた阿浜は兵の集団に捕まり、強姦された。兵から代金だと銭を投げ捨てられた阿浜は、藤兵衛を呪う。

市で焼物を届けるように頼まれた源十郎は、若狭という上臈風の女の屋敷へ向かうが、座敷へ上げられ、饗しを受けた。織田信長に滅ぼされた朽木氏の生き残りであるという若狭に惹かれ、源十郎はこの家に居つく。

そのころ、湖岸で別れた宮木と子は落武者勢に見つかり、宮木は槍で一突きされ殺されていた。いっぽう、藤兵衛は戦に敗れ切腹した敵大将の首を拾い、手柄を立てた。馬に乗り家来を連れて村へと凱旋しようとする途中で寄った宿で、遊女に成り下がった阿浜に出会い、許しを乞う。

町の着物屋で源十郎は買い物をするが、朽木屋敷へ届けるよう言うと、店の主は恐れ代金も受け取ろうとしない。帰り道では神官から死相が浮かんでいる、家族の元へと帰りなさいと諭され、死霊が触れられぬように呪文を体に書いてもらう。家族の元へと帰りたいと切り出した源十郎を若狭は引きとめようとするが、呪文のために触れることができない。源十郎は倒れ、気を失う。

帰還[編集]

朝に目を覚めると、朽木家の屋敷跡だという野原の中で目を覚ます。金も侍に奪われた源十郎は村へ戻るが、家々は荒らされ、家族の姿もなかった。源十郎は囲炉裏で飯の用意をする妻の宮木の幻を見て、自らの過ちを悟る。阿浜と村へ帰った藤兵衛が畑を、源十郎は焼物作りに取り組んでいるシーンで物語は終わる。

原作との対応[編集]

短編集形式の『雨月物語』からの2篇、「浅茅が宿」と「蛇性の婬」が原作である。「浅茅が宿」は、行商に出た男が数年ぶりに帰ると、妻は死んでいてその幽霊に迎えられるという話。「蛇性の婬」は、男が豪邸に住む女に見初められるが、その女は実は物怪で……(原作はまだ続く)という話である。

これらは、兄の源十郎と宮木の物語に使われている。物語の大枠は「浅茅が宿」だが、源十郎が長く家に帰らなかった理由が、「蛇性の婬」の要素に差し替えられている。

ただし、多くの固有名詞や設定は異なる。主要人物の中では、妻の名「宮木」だけが原作どおりである。地理も異なるが、映画の舞台の近江国は、「浅茅が宿」の主人公が帰路で病に倒れる地として現れている。

原作との相違
浅茅が宿 蛇性の婬 映画
男の名 勝四郎 豊雄 源十郎
職業 没落した地主 網元の三男 窯業を兼業する農民
所在 下総国葛飾郡 紀伊国三輪崎 近江国
なし(描写なし) 1子
戦災 享徳の乱 (1455) 賤ヶ岳の戦い (1585)
行商先 長浜
行商の品 田畑を売って買い付けた 源十郎が焼いた焼物
宮木のその後 死ぬまで留守を守り続ける 途中まで同行するが、帰路で客死
男が帰らなかった理由 帰路、病に倒れ、療養中に根を下ろす 幽霊の家に住まう
女怪の名 真女児(まなご) 若狭
女怪との出会い 雨宿り 焼物の買い手
女怪の正体 邪神 幽霊

本作は『雨月物語』の他に、モーパッサンの短編小説「勲章」を元にしているとも言われる[1]。明確に「勲章」を基にしたストーリーや設定はないが、「妻の貞操と引き換えに念願の勲章を手に入れる」というモチーフが、弟の藤兵衛と阿浜の物語と共通している。

著作権[編集]

公開後50年と監督没後38年の両方を満たす条件の著作権の保護期間が完全に終了したことから、現在激安DVDが発売されている。

評価[編集]

ランキング[編集]

インドで発行されている権威あるアジア映画専門誌の『Cinemaya』によるランキングでは、小津安二郎の『東京物語』に次いで、インドのサタジット・レイ作品の『大地のうた』と並んで2位タイに評価されている。

アメリカの『ヴィレッジ・ヴォイス』紙が2000年に発表した20世紀の映画リストでは、29位にランクインしている。

受賞[編集]

キャスト[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]