東京行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京行進曲
Tokyo koshin-kyoku poster.jpg
主題歌楽譜(ビクター・1929年)
監督 溝口健二
脚本 木村千疋男
原作 菊池寛
出演者 夏川静江
一木礼二
高木永二
入江たか子
主題歌 『東京行進曲』 唄・佐藤千夜子
撮影 松沢又男・横田達之
製作会社 日活(太秦撮影所)
公開 1929年5月31日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京行進曲』(とうきょうこうしんきょく)は、菊池寛の小説。または同小説を映画化した日本の映画作品、その映画の主題歌1929年無声映画で監督は溝口健二1927年五所平之助監督の同名の映画とは無関係。

小説[編集]

大衆雑誌『キング』の1928年6月号〜1929年10月号に連載[1]。資産家と、腹違いの姉妹との悲恋がテーマである。完結前に映画化されたが(後述)、その後発表されたラストは映画の主題歌の影響を受けた、と指摘される[2]

完結直後の1929年12月には帝劇により戯曲として上演されており、内容はほぼ原作に沿いながらも映画の主題歌を最後に歌うなど、主題歌の影響が強く見られた[2]

行進曲」という言葉は、本来はマーチの訳語であるが、1928年1月、神戸・京都・大阪の松竹座で映画の幕間劇として上演された岡田嘉子一座の「道頓堀行進曲[3]や、その主題歌である同名曲[3]が人気となり、それ以後、新聞の社会面や映画・レコードの題名など様々な場面で用いられるようになり、一種の流行語となっていた[4]

映画[編集]

「小田急」小田原急行鉄道の当時の電車(復元)

概要[編集]

  • 製作:日活(太秦撮影所)
  • 公開:1929年(昭和4年)5月31日[5]
  • 原作完結前に映画化されたため、ラストシーンはオリジナルとなっている。しかし脚本を担当する予定だった畑本秋一が病気で降板し、主役の夏川静江も病気になるなどのトラブルが続いたため撮影は遅れ、本来はトーキーとして上映する予定だったが失敗し、サイレント映画となった。内容も、階級的対立を押し出すなど原作と歌とで乖離してしまったこともあり、興業的には失敗に終わった[2]。映画の冒頭では常にレコードが流され、東京の街並みと共に歌の歌詞が登場した。
  • オリジナルは101分だが、現存するのは30分余りである(日本のほかに、フランスのシネマテーク・フランセーズがプリントを所有している[6])。現在では、『瀧の白糸』と併せてDVDが発売されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・東京行進曲[編集]

東京行進曲
佐藤千夜子シングル
B面 紅屋の娘
リリース
規格 シングルレコード(SP盤)(1929年盤)
シングルCD(1998年盤)
ジャンル 流行歌歌謡曲
映画主題歌
レーベル ビクターレコード(1929年盤)
ビクターエンタテインメント(1998年盤)
作詞・作曲 作詞:西條八十
作曲:中山晋平
テンプレートを表示

作詞西條八十、作曲中山晋平、唄佐藤千夜子。日本の映画主題歌(映画とタイアップした曲)の第1号。映画公開の1か月前、1929年(昭和4年)5月1日[5]ビクターレコードから発売され、25万枚[7]を売り上げた。B面曲は『紅屋の娘』。

モボ・モガが行き交う昭和初期の開放的な銀座の風俗が唄われている。ただし、西條自身は詩の内容について「不合理に膨張した経済生活の下に乱舞してゐる浮華な現代の首都人の生活のジャズ的諷刺詩」と言っており、原作とは関連をほとんど持っていなかった[2]

1番の歌詞で「ダンサーの涙雨」となっているところは初め「彼女の涙雨」だったが、中山の注文により書き直された。

4番の「いっそ小田急(おだきゅ)で逃げましょか」という歌詞から「小田急(おだきゅ)る」という言葉が当時流行った。その時、小田急の重役がレコード会社に「『東京行進曲』の製作責任者を出せ!」と怒鳴り込んできた。当時小田急はまだ通称で、「小田原急行鉄道」が社名であったため、略された上に「駆け落ち電車」とは何事だ、ということである。その後社名が正式に小田急電鉄に改称されると、「会社の宣伝になった」ということで、西條八十小田急電鉄から「永久全線無料パス」を支給された[8]。4番の「シネマ見ましょか お茶飲みましょか いっそ小田急で逃げましょか」の部分は、西條の原案では「長い髪してマルクスボーイ 今日も抱える『赤い恋[9]」だったが、当局を刺激することになるので、西條に書き直してもらったという[10]

1998年11月21日ビクターエンタテインメントからシングルCDとして再発。カップリングはオリジナルと同じく『紅屋の娘』を収録しているほか、両曲のカラオケも収録されている。

注釈[編集]

  1. ^ 倉田喜弘『日本レコード文化史』東京書籍(東書選書 124)、1992年、156頁。ISBN 4-487-72224-1
  2. ^ a b c d 西井弥生子菊池寛 交錯する「東京行進曲」:映画小唄の牽引力』、日本近代文学Vol. 89 (2013) p. 64-78
  3. ^ a b 遊児のレトロ歌謡曲♪ » 三上公也の情報アサイチ!ラジオ関西公式サイト、2015年9月28日。
  4. ^ 倉田喜弘『日本レコード文化史』東京書籍、1992年、155-156頁。
  5. ^ a b 倉田喜弘『日本レコード文化史』東京書籍、1992年、157頁。
  6. ^ 溝口健二の『東京行進曲』のDVDがついに発売された蓮實重彦、2003年6月
  7. ^ 平岡正明『大歌謡論』筑摩書房、1989年、276頁。ISBN 4480871306
  8. ^ 「ああ東京行進曲」の記述より
  9. ^ ソビエト共産党幹部の女流作家コロンタイの小説
  10. ^ 竹内洋「学生の左傾化はなぜ終わったか」秦郁彦編『昭和史20の争点 日本人の常識』

外部リンク[編集]