小田急車両工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田急車両工業株式会社
種類 株式会社
略称 小田急車両
本社所在地 日本の旗 日本
250-0003
神奈川県小田原市東町5丁目13番19号
設立 1942年3月31日
業種 輸送用機器
事業内容 車両の整備・販売
代表者 代表取締役 鈴木正太郎
資本金 2000万円
従業員数 109名
決算期 3月
主要株主 小田急電鉄
外部リンク http://www.odakyu-sharyo.co.jp/index.html
テンプレートを表示

小田急車両工業(おだきゅうしゃりょうこうぎょう)とは、かつて本社を神奈川県小田原市に置く、小田急グループの車両の整備・販売を行う会社である。2013年3月31日を持ち業務を終了した[1]。なお、同年4月1日以降の鉄道車両整備事業は小田急エンジニアリングが引き継いでいる。

概要[編集]

事業は、自動車・鉄道車両の整備と新車・中古車の販売を行っている。小田急電鉄の全額出資会社で、小田急電鉄の子会社で小田急グループ企業である。

事業所[編集]

沿革[編集]

更新改造車の車内銘板の一例(小田急5000形
更新改造車の車内銘板の一例(小田急8000形
  • 1942年3月31日 前身の小田原同和自動車有限会社が設立される。
  • 1949年2月1日 小田急電鉄の傘下となる。
  • 1984年3月16日 小田急電鉄大野工場内(現:大野総合車両所)に大野事業所を開設した事に合わせ、鉄道車両の整備事業を開始する。
  • 1988年7月1日 小田急車両工業株式会社に商号変更する。
  • 2001年4月1日 小田急箱根高速バスの業務用自動車整備業務を受託する。
  • 2002年4月1日 神奈中ハイヤー観光バス(現:神奈中観光株式会社)の自動車整備業務を受託する(2010年11月まで)。
  • 2005年4月1日 小田急シティバスの自動車整備業務を受託する。
  • 2013年3月31日 すべての業務を終了。

事業内容[編集]

鉄道車両事業
車両の各装置における点検・整備や、車両の修繕・改造、電車内の清掃業務・鉄道車両用部品の販売を行う。
主に、小田急電鉄、箱根登山鉄道江ノ島電鉄の車両向けに事業を行う。
自動車事業
自動車の点検や、特殊車両(介護用車両など)への改造と、自動車の販売を行う。
主に、神奈中グループ小田急バス立川バス川崎市バスなどの車両整備・車検を受託している。

外部リンク[編集]