向ヶ丘遊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「花と緑の遊園地」として手入れされた園内は、四季折々の花々で鮮やかに彩られた。春にはの花で彩られる大観覧車があった。閉園後に解体。
(2002年3月23日撮影)
閉園直前の「さよならフェスティバル」開催中の向ヶ丘遊園入場門
(2002年3月23日撮影)
向ヶ丘遊園閉園後の「生田緑地 ばら苑」

向ヶ丘遊園(むこうがおかゆうえん)は、神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8-1で1927年(昭和2年)から2002年(平成14年)まで営業していた小田急電鉄系の遊園地

遊園地は閉園したものの、小田急小田原線の駅名「向ヶ丘遊園駅」や、近隣の店舗名やビル名などに名残が多々見られる。また遊園内にあった「ばら苑」は川崎市が「生田緑地 ばら苑」として管理を継承している。向ヶ丘遊園駅から遊園地までは小田急向ヶ丘遊園モノレール線で結ばれていた。

歴史[編集]

  • 1927年(昭和2年)4月1日 - 小田原急行鉄道小田原線(現・小田急小田原線)の開通と同時に開業する。当時は入園無料。
  • 1927年6月、最寄り駅の稲田登戸駅(現・向ヶ丘遊園駅)から豆汽車が運行される(その後、戦争により撤去)。
  • 1950年(昭和25年) - 向ヶ丘遊園駅からの豆汽車が復活。
  • 1951年(昭和26年)7月28日 - 空中ケーブルカーを設置(正門 - 園内中央)。
  • 1952年(昭和27年) - 有料化を実施。
  • 1958年(昭和33年) - ばら苑を開設。当時は東洋一の規模と評された。
  • 1963年(昭和38年) - フラワーショーを開始。以後、花に関係する各種イベントを継続して行う。
  • 1965年(昭和40年) - 沿線道路の拡張により、豆汽車が撤去される。
  • 1966年(昭和41年)4月23日 - 豆汽車に代わり、向ヶ丘遊園モノレールが運行開始(向ヶ丘遊園駅 - 向ヶ丘遊園正門駅間)。
  • 1967年(昭和42年)末 - 空中ケーブルカーを撤去。
  • 1968年(昭和43年)3月15日 - 全長123 mの1人乗りフラワーリフトを設置。
  • 1976年(昭和51年) - 大観覧車を設置。
  • 1980年(昭和55年) - 宙返りコースター「スカイハリケーン」を設置。
  • 1986年(昭和61年) - 開園60周年に合わせた園内の整備・拡張の一環で「メルヘンタワー」「フライング・スインガー」「ロックンロール」「スピンカー」「メリーフラワー」を設置[1]
  • 1987年(昭和62年) - 全長47mの屋外型エスカレーター「フラワーエスカー」を設置。
  • 1992年(平成4年) - スーパーローラーコースター「ディオス」を設置。
  • 1997年(平成9年) - 『快獣ブースカ』をテーマとした遊園施設「ブースカランド」を開設する。円谷プロとの協力で実現し、閉園まで存在する。
  • 1999年(平成11年)夏頃 - 特撮番組『ブースカ! ブースカ!!』のロケーション撮影が2000年4月頃まで行われる。
  • 2000年(平成12年)2月13日 - モノレールの運行を休止。この日より行われた定期検査で、モノレール車両(小田急500形)に老朽化による致命的な損傷が見つかり、運行再開を見合わせる。代替バスの運行を実施。
  • 2001年(平成13年)2月1日 - 同日付でモノレールを正式に廃止。
  • 2002年(平成14年)3月31日 - この日を最後に遊園地の営業を終えた。

名前の由来[編集]

向ヶ丘遊園が立地する長尾地区が、開園当時は向丘村(むかおかむら・むかいがおかむら→1938年(昭和13年)に川崎市へ編入)の一角だったために名付けられた。地名は「むかいがおか」と読むが、当園名は「むこうがおか」と読み、現在は後者が定着しつつある。詳しくは向ヶ丘 (川崎市)を参照。

施設概要[編集]

「花と緑の遊園地」としての特徴を持ち、園内にはばら苑やウメ園・温室スイセンツツジの丘など多くの樹木があった。特にソメイヨシノが多数あり、神奈川県有数の花見の名所であった。1987年には本格的なの展覧会も開催された。

また、宙返りコースターやプールなどの遊戯施設、鉄道資料館、運動場や楽焼体験施設、ミニ動物園なども存在していた。

主な遊戯施設
  • スカイハリケーン(宙返りコースター)
  • アドベンチャーコースター
  • ディオス(ローラーコースター)
  • ウォーターシュート
  • サイクルモノレール
  • 大観覧車
  • ゴーカート
  • プール(冬季はアイススケート)
  • 手漕ぎボート、スワンボート
  • ちんちん電車

跡地利用[編集]

遊園地の閉園後、市民の要望を受けて川崎市が園内ばら苑の管理を引き継ぎ「生田緑地 ばら苑」として保全している。市民ボランティアバラの手入れなどを行い、春と秋(主に5月と10月)の開花時季には無料で一般公開を行っている。

小田急電鉄は2007年に、集合住宅を中心とした850戸の住宅開発を発表していたが、採算性の面から計画を白紙撤回していた[2]

2008年(平成20年)12月には、跡地の一部に川崎市立藤子・F・不二雄ミュージアムの立地が決定[3]2011年(平成23年)9月3日に開館した。

未開発の跡地内には「花の大階段」をはじめ、敷地の大部分は遊具を撤去した状態で残っているが、2018年に開発構想が再浮上した。

小田急電鉄は2018年11月30日、向ヶ丘遊園の跡地利用について、約162700m2の開発地域に、「自然体験エリア」(約39300m2)「商業施設エリア」(約29900m2)「温浴施設エリア」(約25600m2)の3地区を軸にした計画を発表した[2][4]。12月中に環境影響評価書を提出し、2023年度の完成を目標とする[2]

2019年3月28日の小田急電鉄ニュースリリースによれば、2023年度までに「人と自然が回復しあう丘」のコンセプトで竣工を目指すとしている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度36分32秒 東経139度34分19秒 / 北緯35.60889度 東経139.57194度 / 35.60889; 139.57194