向ヶ丘遊園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
*向ヶ丘遊園駅
向ヶ丘遊園駅北口(2009年8月1日)
向ヶ丘遊園駅北口(2009年8月1日)
むこうがおかゆうえん
Mukogaoka-yuen
OH 18 登戸 (0.6km)
(2.1km) 生田 OH 20
所在地 川崎市多摩区登戸2098番地
駅番号 OH 19
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 15.8km(新宿起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
67,522人/日
-2017年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日
備考 1955年(昭和30年)4月1日
*稲田登戸駅より改称
テンプレートを表示
南口駅舎(2007年1月)

向ヶ丘遊園駅(むこうがおかゆうえんえき)は、神奈川県川崎市多摩区登戸にある、小田急電鉄小田原線である。駅番号はOH 19

周辺地域は「ゆうえん」の略称で呼称されることもある。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)
    • 4月1日 - 稲田登戸駅(いなだのぼりとえき)として開業。各駅停車と「直通」の停車駅となる。なお、各駅停車は新宿駅 - 稲田登戸駅間の運行であり、小田原駅までは、「直通」という種別が運行された。
    • 6月14日 - 向ヶ丘遊園との間に豆汽車が開業。
    • 10月15日 - 急行が設定され、停車駅となる。
  • 1938年(昭和13年)10月1日 - 橘樹郡稲田町川崎市と合併し、稲田登戸駅は川崎市内の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)11月 - 太平洋戦争の戦況悪化に伴い、急行の運行が中止される。
  • 1945年(昭和20年)6月 - 従来、新宿駅 - 稲田登戸駅間のみの運行の各駅停車が全線で運行されることとなり、「直通」が廃止される。
  • 1946年(昭和21年)10月1日 - 準急が設定され、停車駅となる。
  • 1948年(昭和23年)9月 - 桜準急が設定され、停車駅となる。
  • 1952年(昭和27年)12月 - 急行の停車駅となる。
  • 1955年(昭和30年)
    • 3月25日 - 通勤急行が設定され、停車駅となる。
    • 4月1日 - 向ヶ丘遊園駅に改称。
  • 1957年(昭和32年) - 夏季のみ運行の「快速急行」[注 1]が設定され、停車駅となる。
  • 1960年(昭和35年)3月25日 - 通勤準急が設定され、停車駅となる。
  • 1964年(昭和39年)11月5日 - 快速準急が設定され、停車駅となる。
  • 1965年(昭和40年) - 向ヶ丘遊園との間の豆汽車が廃止。
  • 1966年(昭和41年)
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 川崎市の政令指定都市移行により多摩区が設置され、当駅は区役所の最寄り駅となる。
  • 2000年平成12年)2月13日 - 向ヶ丘遊園モノレールの全線が休止。
  • 2001年(平成13年)2月1日 - 向ヶ丘遊園モノレールの全線が廃止。
  • 2002年(平成14年)
    • 3月23日 - 多摩急行が設定されるが通過駅となり、湘南急行が設定され、停車駅となる。
    • 3月31日 - 向ヶ丘遊園が閉園。
  • 2004年(平成16年)12月11日 - 「区間準急」が設定され、停車駅となる。湘南急行は当駅を通過する快速急行の設定にともない廃止。
  • 2011年(平成23年)9月2日 - 接近メロディ使用開始。
  • 2014年(平成26年)10月30日 - 正午ころ、西側に南北自由通路が完成し、供用開始。同時に向ヶ丘遊園1号踏切の供用終了。
  • 2016年(平成28年)3月26日 - 日中時間帯の多摩急行が急行として運転されるようになり、東京メトロ千代田線、JR常磐線への直通列車が日中も停車するようになる。また、平日の夕方から夜間にかけて、東京メトロ千代田線に直通する準急が1時間1本程度設定され、平日の夕方時間帯も東京メトロ千代田線との直通列車が停車するようになる。区間準急が廃止される[1]
  • 2018年(平成30年)3月 - 新松田駅と共に特急ロマンスカーの停車駅から除外され、特急列車は全列車が通過になる。また、新設される通勤急行の停車駅となる[2]

駅構造[編集]


向ヶ丘遊園駅
配線図
登戸駅
4 3 2 1


STRg STRg STRf
STR STR KRWgl KRW+r
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
KRWgl+l KRWgr+r KRWg+l KRWr
STR KRWg+l KRWgr
STR STR STR
STR STR STR
STRg ENDEe STRf

生田駅

島式ホーム2面4線を有する地上駅待避が可能である。駅の小田原寄りに引き上げ線があり、折り返し列車が存在する。この引き上げ線から直進すると急行線の3番ホーム、引き上げ線から左に分岐すると緩行線の4番ホームである。上り本線からは直進すると引き上げ線から4番ホーム線に向かう線路に合流し、右に分岐すると引き上げ線から3番ホームに向かう線路に合流するという構造である。この構造により、上り列車が3番ホームに進入する際には、分岐器の速度制限を受けるため、当駅に停車しない特急ロマンスカー快速急行は低速で通過する。

駅舎は北口と南口の2つがある。北口駅舎は歴史的建造物に値するギャンブレル屋根の駅舎であり、開業当初の新原町田駅(現・町田駅)・本厚木駅・大秦野駅(現・秦野駅)・新松田駅と同一の型のものである。また、現駅舎の柱や梁には廃材となったレールが多用されている。

2009年3月に、東北沢 - 和泉多摩川複々線工事の関連として隣の登戸駅との間で、輸送力増強のため上り線を2線に線増する3線化を完了した。この3線化は、「上り線においては複々線と同じ効果がある」と広報されている。完成後、上り列車は上述した当駅手前の分岐器で急行線(3番ホーム)と緩行線(4番ホーム)に振り分けられ、一部列車を除いて緩急接続は隣の登戸駅で実施するようになった。

これに先立って2007年9月8日から9月9日まで登戸駅 - 当駅間で線路切り替え工事が行われた。これによって下り線ホームの一部位置が変更になり、ホームの形状も改変されたところがある。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 線路 行先
1・2 OH 小田原線 下り 小田原片瀬江ノ島方面
3 上り 急行線 新宿C 千代田線方面
4 緩行線

※下りの東北沢 - 登戸間、上りの当駅 - 東北沢間の急行線・緩行線は原則として以下の通り使い分けられている。

〔急行線〕
特急ロマンスカー・快速急行・通勤急行・急行が使用する。成城学園前駅 - 経堂駅間の通勤準急も使用する。
〔緩行線〕
準急[注 2]各駅停車[注 2]が使用する。通勤準急も上記以外の区間で使用するほか、上りの 登戸 - 当駅の登戸駅で特急ロマンスカー・快速急行の待避を受ける急行も使用する[注 3]

2016年3月25日まで、東京メトロ千代田線JR常磐線方面の直通列車は、日中、多摩急行として1時間に2本(30分間隔)運転され、当駅を通過し、平日の朝ラッシュ時のみ急行として運転され当駅に停車していた。翌26日の改正より、千代田線直通は日中にも運転され、間隔が1時間3本(20分間隔)に増え、当駅と経堂駅に停車するようになった。朝ラッシュ時は引き続き経堂駅を通過する。また、千代田線と本厚木駅を結ぶ準急が運転され、当駅に停車するようになった。この他、平日ダイヤの上り本厚木始発準急我孫子行き1本は、当駅において始発の各駅停車経堂行き(経堂駅から準急新宿行き)に接続する。

2004年12月11日のダイヤ改正で快速急行が設定されてから、上記のダイヤ改正までの間、日中の速達列車は急行が1時間4本のみの停車で、しかも多摩急行が走る時は約20分開くなど、利便性が低下していた(それまでは湘南急行が停車していたが快速急行に置き換えられ、多摩急行がその補完列車となったが当駅は通過していた)。この改正以降、1時間6本停車になっている。

下り線の2線化区間は登戸駅で終端となっているため、下りは1番ホームが待避ホーム、2番ホームが主本線となっている。これにより、急行・各駅停車の一部は特急ロマンスカーの通過待ちのため、1番ホームに入線する。一方、当駅 - 登戸駅間の上り線2線化前は4番ホームは待避線であったが、線形を引き上げ線から3番ホーム、上り本線から4番ホームへ直進で入る様に変更され、朝ラッシュ時は3番ホームから各停(主に始発)、4番ホームから急行という形で干渉しないように交互発着を実施する場合も多かった。

1番ホーム・4番ホームに8両編成がそれぞれ夜間留置される。

駅改札内設備[編集]

ホーム(2017年6月)
  • 各駅舎・各ホームを連絡する跨線橋がある。改札外には小田原側に2014年10月30日から南北をつなぐ地下連絡通路が供用開始された。
  • 空調つき待合室が各ホーム小田原側にある。
  • ホームにはベンチが多く設置されている。
  • トイレは橋上南口側にある。
  • エレベーターは4基あり、1階にある北口駅舎・南口駅舎・上りホーム・下りホームと跨線橋を連絡する。
  • エスカレーターは設置されていない。
  • これまでホーム内に存在していた 売店OX SHOP」(上下線ホーム)、立ち食いそば店箱根そば」(下りホーム)は2010年6月までにすべて廃止され、ホーム上の売店の代わりとして自動販売機が設置されている(下り線にはそれまで売店で取り扱っていた品物のうち、特に売れ行きの良かった品物のみを販売する自販機や、新聞専用の自販機も併設。なお新聞専用の自販機は後に撤去)。

なお、売店は南北両改札口のそれぞれ外にショップ形式の売店が設置されており、立ち食いそば店も既存店舗(南口マルシェ内)に統合する格好で拡幅されている(ホーム上からは有人店舗の類がすべて廃止されたが、その分改札外の設備が充実されている)。

  • 駅名標は2015年6月に、LED照明付きのものに交換された。なお、それと同時に駅構内の案内表示類がすべて新しい仕様のものに変更、統一され、駅名標も含め日本語とハングルおよび中国語(簡体字)併記のものとなった。

接近メロディ[編集]

2011年9月3日に多摩区内に藤子・F・不二雄ミュージアムが開館するのを記念して、同日からミュージアム最寄駅である当駅と登戸駅の駅自動放送藤子・F・不二雄原作アニメ作品主題歌のオルゴール調接近メロディを採用した。上りホームは『ドラえもん』主題歌「ドラえもんのうた」、下りホームは『キテレツ大百科』主題歌「はじめてのチュウ」である[3]。これは小田急では『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の楽曲を採用した祖師ヶ谷大蔵駅いきものがかりの楽曲を採用した海老名駅本厚木駅に次いで3例目となる。

利用状況[編集]

2017年度の1日平均乗降人員67,522人である[4]。小田急電鉄全70駅中第17位。乗り換え路線のない駅では急行通過駅である鶴川駅より少ないが、特急停車駅である伊勢原駅秦野駅よりは多い。

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[5]
年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
出典
1928年(昭和03年) 988[注 4]
1930年(昭和05年) 977
1935年(昭和10年) 1,132
1940年(昭和15年) 2,968
1946年(昭和21年) 6,549
1950年(昭和25年) 6,363
1955年(昭和30年) 10,152
1960年(昭和35年) 15,895
1965年(昭和40年) 37,403
1970年(昭和45年) 48,620
1975年(昭和50年) 60,041
1980年(昭和55年) 63,871
1985年(昭和60年) 63,034
1990年(平成02年) 70,457
1991年(平成03年) 71,254[注 5]
1995年(平成07年) 67,963 33,592 [* 1]
1996年(平成08年) 33,154
1997年(平成09年) 33,372
1998年(平成10年) 33,174 [* 2]
1999年(平成11年) 32,594 [* 3]
2000年(平成12年) 63,106 31,978 [* 3]
2001年(平成13年) 32,054 [* 4]
2002年(平成14年) 61,640 31,066 [* 5]
2003年(平成15年) 61,365 30,960 [* 6]
2004年(平成16年) 61,424 30,912 [* 7]
2005年(平成17年) 60,741 30,483 [* 8]
2006年(平成18年) 60,622 30,397 [* 9]
2007年(平成19年) 62,463 31,300 [* 10]
2008年(平成20年) 64,306 32,238 [* 11]
2009年(平成21年) 64,166 32,140 [* 12]
2010年(平成22年) 64,199 32,148 [* 13]
2011年(平成23年) 64,180 32,110 [* 14]
2012年(平成24年) 64,385 32,194 [* 15]
2013年(平成25年) 65,515 32,767 [* 16]
2014年(平成26年) 64,411 32,204 [* 17]
2015年(平成27年) 65,774 32,901 [* 18]
2016年(平成28年) 66,684 33,318 [* 19]
2017年(平成29年) 67,522

川崎市北部地域の行政中心地、新宿から見ると東京都区内を抜けて多摩川を越えた「近郊区間」の西限、そして向ヶ丘遊園の存在から、向ヶ丘遊園(稲田登戸)駅は小田急線の運行で重要な拠点の一つであったが、利用者の変化(登戸駅に利用者を持っていかれる形)や向ヶ丘遊園の閉園が重なり、現在は急行停車駅に相応しい意義を失っている。 現状を鑑みて急行の本数が減少及び多摩急行や特急ロマンスカーが通過するなど、優等列車に対するアクセスを引き下げている。日中では当駅始発の千代田線直通の準急を毎時3本運転することや、平日朝の通勤時間帯は通勤急行や通勤準急が運行されるようになった。

駅周辺[編集]

北口[編集]

徒歩での分数は各施設の公式サイトによる案内より転記。ただし、丸山教本庁は多摩区総合庁舎よりも遠隔地に所在し、実際には徒歩10分程度。

江戸時代に津久井街道の宿場として発展した登戸地域(旧稲田町)の中心地域であり、現在でも川崎市多摩区の行政中心地として各種公共機関が立地している。JR南武線を挟んで北側に多摩川が流れ、比較的平坦な地形で、かつては梨園(下記参照)などが広がる農村地域だったが、高度経済成長以降は人口が急増し、現在では駅から離れた場所でも住宅地の方が多くなっている。

駅の改札口を背にすると、西側(左斜め)に向かって登栄会商店街が延びており、当駅を起点とする小田急バスはこの通りを行き来する。この通りの先、津久井道の旧道(現在は市道)を渡った所に多摩区総合庁舎(区役所)があり、県道世田谷町田線(津久井道)と直交する。世田谷町田線を南西方向に進むと登戸郵便局、多摩警察署、多摩消防署が立地する。世田谷町田線を渡った北側には神道系の新宗教である丸山教の本部がある。丸山教は当駅の設立の際に土地を提供するなどの貢献があったこともあり、当駅の北口にある売店が同教系列で運営されていた[8]

一方、北東側(右斜め)に向かって中央銀座商店街が延びている。同商店街は津久井道の旧道と合流し、登戸駅の東通り商店街につながる。溝06・登14・淵24の3系統は、登栄会商店街から駅前バス停を経由してこの通りを進み最終的には登戸駅にいたる(各系統の詳細は後述)。

向ヶ丘遊園駅北口地区では登戸駅西口地域と一体となって1988年から「登戸土地区画整理事業」が行われており、出口右側(北側)に仮設バス乗り場が、左側はタクシー乗り場および、駐輪場と駅西側の踏切へ通じる細い道路がある。かつては出口左手にバス乗り場・タクシー乗り場があり、用地が狭くバスが転回できないため電動のターンテーブルで方向転換していたが、2006年7月に廃止されて出口右手の仮設バス乗り場に移転した。9月ごろには、ターンテーブルを撤去してタクシー専用乗り場として整備された。一方、右手にはマルシェがありコンビニエンスストア飲食店などが入居していたが、同事業に基づいて撤去され、23階建て高層マンション「アトラスタワー」が建設された。同駅周辺ではこれが最も高い建築物で、仮設バス乗り場は周囲の緑地部分および駅前バス広場の予定地を流用している。同マンションの1階には東急ストアが進出し、北口地域では最大の商業施設となっている。

ただし、計画決定が上記の通り1988年、懇談会で土地区画整理方式の採用を決定したのは1981年と既に30年以上が経過しているが、この区画整理事業は依然として難航し、完成の目処は立っていない。川崎市が公表した資料によると、2012年12月31日現在での整理後の土地使用開始率は49.1%で、特に登栄会・中央銀座の両商店街から登戸駅前方面にかけてはほとんど手つかずの状態にある[9]。これは同地域での大規模商業施設進出や交通環境の改善を阻み、集客力で新百合ヶ丘駅周辺地域に劣る悪循環を招いている。また、区画整理事業の完成を前提として計画されている和泉多摩川駅以南の小田急線複々線化事業にも影響を及ぼし[10]、小田急電鉄は和泉多摩川-向ヶ丘遊園間での三線化を実施して特に朝の通勤時間帯における新宿方面への輸送力増強を先行して進めている。

駅設備[編集]

駅舎と駅前の間はほぼ平坦であり、階段・エレベーター・エスカレーターはない。

バス路線[編集]

駅前の停留所に川崎市交通局神奈川中央交通東小田急バスの路線が乗り入れる。小田急バスはロータリー内、川崎市バス、神奈中バス登戸方向は中央銀座商店街が乗り場となっているが、神奈中バス淵野辺方向は、登戸方向の停留所の道路の反対側(停留所標識なし)が乗り場となっている。

向ヶ丘遊園駅(川崎市交通局は「向丘遊園駅前」)

南口[編集]

北口と比較すると多摩丘陵の北端が駅の近くまで迫り、特に五反田川の南側では傾斜が急になる。旧稲田町時代から行政中心地だった北側より、比較的新しい時期に住宅開発がなされた地域でもある。駅の南側を県道川崎府中線(府中街道)が通り(小田急線を跨線橋で越え、多摩警察署の前で世田谷町田線と交差)、向ヶ丘遊園駅の南口からはこの川崎府中線へ片側2車線の道路が延び、五反田川を渡った地点で稲生橋交差点となっている。このため自動車でのアクセスは北口より容易である。駅から見て、同交差点を直進すると丘陵地に入り、岡本太郎美術館や日本民家園などがある生田緑地の入口へ向かい、その先は東名高速道路東京料金所(向ヶ丘(むかいがおか)バスストップ併設)方面へとつながる。この道路を利用して、2010年から川崎市交通局が溝19系統の試験運行(向ヶ丘遊園駅への乗り入れ)をし、2014年3月より正式に運行を開始した。

この道路は五反田川の手前で登戸駅方面からの市道(小田急線の東側を通る道路)と合流し、この道路を通る登戸駅発着のバスはその近く、ダイエー向ヶ丘店前にある「向丘遊園駅入口」バス停からの乗車が可能となっている(下記参照)。駅前道路の中央分離帯上には2000年2月13日まで運転していた小田急向ヶ丘遊園モノレール線の高架線が建設されていたが、廃線後に撤去され現存しない。この道路沿いにダイエー1971年に向ヶ丘店を開業し、現在でも北口を含めた同駅周辺で最大の商業施設となっている。

丘陵地帯には公園や教育・研究機関が設置され、1934年には日本女子大学1951年には明治大学1957年には専修大学が進出して向ヶ丘遊園駅周辺に学生街の要素を加えた。明治大学生田キャンパスの敷地の一部は、1939年に開設された大日本帝国陸軍の各種兵器開発・技術研究機関である登戸研究所の跡地を利用している。両大学への路線バスは北口から発着して世田谷町田線を経由しているが、徒歩で通学する場合は南口を利用した方が近い。傾斜地のため開発が比較的遅かったこと、自然が多く残るという環境への人気から、北口と比較すると大規模マンションの建設が目立つ。一方、駅東側の平坦地では北口同様に一戸建てなどの低層住宅が多く、かつては果樹園との混在も多く見られた。

2002年3月31日まで、歩いて十数分(上記のモノレールでは所要時間3分)の所にばら苑で知られる向ヶ丘遊園も営業し、小田急の文化観光事業で重要な存在となっていた。遊園の閉鎖後は遊戯施設が撤去されたが、ばら苑は川崎市および地元有志の手により維持され、春と秋の年2回の一定期間内に限り一般公開されている。前述の藤子・F・不二雄ミュージアムは向ヶ丘遊園跡地の一部、府中街道沿いの区画に建設されたが、ミュージアムへのシャトルバスは東口の区画整理事業が完成してバスターミナルが整備された登戸駅からの発着となっている(向ヶ丘遊園駅からもバス(溝06,向01,02)で行くことはできる)。残る森林部分については生田緑地に組み入れられる方向で検討されている。五反田川を越えて徒歩5分の所には稲田登戸病院が開設されていたが、改築問題がまとまらずに2006年3月31日限りで閉院となり(跡地にはマンションが建設)、多摩区地域の総合医療業務は同年2月に開業した川崎市立多摩病院へと事実上継承された。

駅設備[編集]

駅舎と駅前歩道の間に階段・スロープがある。

バス路線[編集]

駅前ロータリーに川崎市交通局(川崎市バス)・東急バスの路線が乗り入れる。

向丘遊園駅南口(川崎市)・向ヶ丘遊園駅南口(東急)

溝06、登14系統のうち登戸駅を発車する便には、「向丘遊園駅入口」(ダイエー前、当駅より徒歩3分)から乗車が可能となっている。

なお、溝口駅に向かう溝06系統、溝19系統は、同じ5番乗り場から発車するが、途中経路・終点地が異なる。

  • 5番のりば
    • 溝06系統 - 井田営業所前行、第三京浜入口行(数本のみ)、溝口駅行(川崎市バス)
      • 前述の様に2015年2月現在数本ではあるが登戸駅経由もある。後述の登14とは違い、登戸駅経由の便はまばらに運行される。
    • 登14系統 - 西菅団地行(川崎市バス)
      • 9時から16時と17時台前半は2015年2月現在、前述のように登戸駅経由のため向丘遊園駅入口停留所から乗車する。
    • 溝19系統 - 溝口駅南口行(川崎市バス)
      • 生田緑地入口経由
    • 向02系統 - 二子玉川駅行(東急バス)
      • 「向02系統」は、最終を含む22時台と土日祝の19時台後半のバスは、高津営業所止まりとなる。
      • 多摩区役所、登戸駅から向丘遊園駅入口に向かう便は存在するが逆方向の運行は無い。
  • 6番のりば
    • 向01系統 - 梶が谷駅行(東急バス)
    • た83系統 - たまプラーザ駅行(川崎市バス、東急バス)
      • おし沼、川崎西部地域療育センター前、犬蔵小学校前などを経由してたまプラーザ駅に至る延長約6.3キロの路線。日中のみの運行で朝・夜の時間帯は運行されない。

多摩急行の問題[編集]

  • 神奈川県鉄道輸送力増強促進会議は、2006年度小田急電鉄向け要望書にて、当駅の多摩急行停車を要望していた。これに対し小田急電鉄は当時、急行が登戸駅と当駅を連続停車していることから、多摩急行については当駅を通過させて速達性確保を図っていると説明していたが[12][注 6]、その後も要望はくり返し出され続けたことも踏まえ、2016年3月26日実施のダイヤ改正で、多摩急行の運転時間帯を縮小し千代田線 - 唐木田発着の急行を日中時間帯中心に設定した。ただ、多摩急行自体の停車駅に変更はなく引き続き当駅を通過するため、運転時間帯においては優等列車の運転間隔にばらつきがある。

その他[編集]

  • 当駅は特急ロマンスカーのうち新松田駅にも停車する列車が停車していた(2018年3月17日以降通過)。その一方、快速急行は通過する(かつての多摩急行も通過していた)。また、当駅はもともと交通至便な駅として川崎市多摩区の開発拠点とされ、駅近くに区役所が設けられた経緯があるとともに、路線バス発着の拠点になっている。
  • 登戸寄りの踏切は複々線が終始点に当たることと、当駅に停車する各列車が度々踏切手前で信号待ちをすることから開かずの踏切となっており、朝夕の通勤ラッシュ時には長い時で30分近く締め切りが続き開放後も数十秒もしないうちに閉まることから、乗用車が踏切待ちをしている歩行者や自転車が渡れないという事態が起きている。
  • かつて生田側(西側)に向ヶ丘遊園1号踏切が存在したが、2014年10月30日正午に南北連絡通路の完成に伴う供用開始に伴い、同時に供用を終了した。この踏切は末期、前述の登戸寄りの踏切(登戸1号踏切)と同じく締め切り時間が長く、試験的にメロディを流していた。また、盛り土の上に設けられていたということもあって、坂を上って下りるという構造であり、更に道幅が狭かった。これにより、二輪車は降りてその車両を引いて歩く姿が多く見受けられた。南口側には、遮断棹が折れるケースが多い踏切である旨を記載した看板が立てられていた。なお、この踏切は歩行者二輪車専用となっており、自動車が渡れなくなるということは無かった[13] [14] [15]

駅名の由来[編集]

現行の駅名である「向ヶ丘遊園」は、最寄駅であった遊園地向ヶ丘遊園」の知名度を上げるために、それまでの「稲田登戸」から改称された。なお、地元住民からは「向ヶ丘」や「遊園」という通称で呼ばれる。

向ヶ丘遊園は2002年に閉園となり現存しないが、定着した駅名は変更されずに現在に至る[注 7]。 また、旧駅名である「稲田登戸」(いなだのぼりと)は、この駅が開業当時、稲田村大字登戸に設置されたことによる。なお稲田村(後に稲田町)は1938年に川崎市に編入された。

隣の駅[編集]

小田急電鉄
OH 小田原線
快速急行
通過
通勤急行(平日朝上りのみ運転)
成城学園前駅 (OH 14) ← 向ヶ丘遊園駅 (OH 19)新百合ヶ丘駅 (OH 23)
急行
登戸駅 (OH 18) - 向ヶ丘遊園駅 (OH 19) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23)
通勤準急・準急・各駅停車(通勤準急は平日朝上り、準急は当駅以南は平日夜下りのみ運転)
登戸駅 (OH 18) - 向ヶ丘遊園駅 (OH 19) - 生田駅 (OH 20)

かつて存在した路線[編集]

小田急電鉄
向ヶ丘遊園モノレール線
向ヶ丘遊園駅 - 向ヶ丘遊園正門駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現行の快速急行とは一切関係なく、単なる海水浴客輸送用の臨時列車であった。
  2. ^ a b 当駅の引き上げ線の構造上、当駅始発列車は、当駅 - 登戸駅間のみ急行線を使用。
  3. ^ 日中は多摩線からの急行が使用する。
  4. ^ 小田原線開業年。
  5. ^ 当駅の乗降人員最高値年度。
  6. ^ 小田急電鉄の解答原文「優等列車の停車駅については、駅間距離、乗降人員、他社線接続等を考慮し設定しています。急行列車が登戸、向ヶ丘遊園駅と連続停車していることから、多摩急行については向ヶ丘遊園駅を通過させて、速達性確保を図っております。」
  7. ^ 同様の例では、JR外房線行川アイランド駅東急東横線学芸大学駅都立大学駅西武新宿線都立家政駅JR呉線呉ポートピア駅西鉄天神大牟田線試験場前駅JR鹿児島本線スペースワールド駅の例がある。東急電鉄の多摩川園駅と二子玉川園駅も同様であったが、2000年(平成12年)8月6日付でそれぞれ多摩川駅二子玉川駅に改称されている。

出典[編集]

  1. ^ [1]プレスリリース
  2. ^ 2018年3月、新ダイヤでの運行開始 (PDF) . 小田急電鉄. (2017年11月1日). 2018年3月17日閲覧。
  3. ^ ドラえもん、パーマン、キテレツ大百科など、藤子・F・不二雄さんの代表キャラクターが勢ぞろい!「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」オープン記念、みんなの夢を乗せて走る特別ラッピング電車『小田急F-Train』8月3日(水)より運行開始 - 登戸駅・向ヶ丘遊園駅の列車接近音も藤子・F・不二雄アニメメロディに変更します。- (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース 2011年8月2日
  4. ^ 小田急電鉄「事業案内」
  5. ^ 川崎市統計書
  6. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  7. ^ 神奈川県県勢要覧
  8. ^ 加藤一雄 『小田急よもやま話(上)』 多摩川新聞社、1993年、178頁。ISBN 4-924882-06-2
  9. ^ 川崎市ホームページ「登戸土地区画整理事業 進捗状況」内、「事業進捗図(平成24年12月31日現在)」より。
  10. ^ 川崎市ホームページ「鉄道・道路ネットワーク形成事業カルテ
  11. ^ 小田急バスホームページ「登戸営業所アクセス
  12. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月10日閲覧。神奈川県鉄道輸送力増強促進会議 平成24年度の要望及び鉄道事業者の回答」
  13. ^ 川崎市ホームページ「[2]
  14. ^ タウンニュース「[3]」車両通行止について、掲載の写真を参考。また、少し分かりにくいが、自転車を引いて歩いている姿も確認できる。
  15. ^ 小田急電鉄ホームページ「[4]安全施設の強化」メロディー試験について、このページの中段から下段にかけて記載

利用状況[編集]

神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]