川崎市バス菅生営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
営業所昇格前の川崎市バス菅生車庫(2011年1月撮影)
車庫は尻手黒川道路に面している
事務所

川崎市バス菅生営業所(かわさきしバスすがおえいぎょうしょ)は、川崎市宮前区犬蔵3-5-1に位置する川崎市交通局営業所である。最寄りのバス停名は菅生車庫[1]。営業所略称はMで、菅生出張所だった時と同じものが使われている。

2011年4月1日に菅生営業所として開設。同時に神奈川中央交通子会社相模神奈交バス(当時)に管理委託される。その後、神奈川中央交通の子会社再編により、委託事業者が神奈川中央交通東に変わり、神奈川中央交通東 菅生営業所が設置された。

2017年3月25日をもって委託が解除され、翌日より川崎市交通局の直営となっている。その代わりに同年3月26日より、井田営業所が神奈川中央交通東に管理委託されている。

概要[編集]

かつては鷲ヶ峰営業所菅生出張所として犬蔵線などを担当してきたが、2004年4月1日に廃止された。

その後は「菅生車庫」として、鷲ヶ峰営業所管轄路線の折返場や廃車車両の留置場として使用されていた。

2011年4月1日より一部の便を鷲ヶ峰営業所・井田営業所から引き継ぎ、菅生営業所として営業開始した。多摩区の大部分と中原区宮前区などの一部路線を運行している。

整備工場等の施設は設置されておらず、本格的な整備を必要とする場合は他の営業所で行う。

神奈中委託時代の特徴[編集]

先述の通り、一時期相模神奈交バス→神奈川中央交通東に営業所の運行管理を委託していたため、営業所社員(運転士や運行管理者を含む)の制服、リアガラスに貼られた後方確認用の拡大レンズ、運行業務で使用する乗務行路表(いわゆるスタフ)なども、神奈中グループの仕様が多かった。

このほか、「乗務員は、菅生営業所の○○です。終点まで安全運転に努めます」などの運転士のマイクアナウンスや、バス発車時・運行中の指差喚呼(右よし、左よし、下よし)などの安全対策も「神奈中色」の濃いもので、川崎市バスの他営業所では見られない特徴となっていた。

バス営業所の管理委託の場合、例えば都営バスの営業所を管理委託するはとバスのように、制服や仕様は委託元の事業者に合わせる場合が多いが、それとは異なっていた。

沿革[編集]

  • 1980年8月:溝口営業所廃止に伴い、鷲ヶ峰営業所菅生出張所として開設。略称の「M」は溝口営業所のものを流用。最寄停留所は「渋沢倉庫前」から「菅生出張所」へ改称。その後「向丘出張所」との混同を避けるためか、案内放送では「市バス 菅生出張所」となったが、さらに「菅生車庫」へと改称され現在に至る。
  • 2004年3月31日:車両の運用効率化(乗務員主体からダイヤ主体)により、鷲ヶ峰営業所に吸収され廃止。
  • 2011年4月1日:菅生営業所として開設。相模神奈交バスに管理委託される。
  • 2017年1月1日:神奈川中央交通の子会社再編により、委託事業者が相模神奈交バスから神奈川中央交通東に変更。
  • 2017年3月26日:井田営業所が神奈川中央交通東の管理委託となったため直営となる。

担当路線[編集]

五所塚線[編集]

  • 登05:登戸駅(生田緑地口) - 宿河原 - 神木本町 - 向丘出張所 - 蔵敷 - 清水台 - 菅生車庫
  • 登05:登戸駅(生田緑地口) - 宿河原 - 神木本町 - 向丘出張所 - 蔵敷 - 清水台 - 菅生車庫-(←宮前区役所前←宮前平駅/宮前平駅→宮前区役所前)
  • 登05:登戸駅(生田緑地口) - 宿河原 - 神木本町 - 向丘出張所 - 蔵敷 - 稗原 - 鷲ヶ峰営業所
  • 登05:登戸駅(生田緑地口) → 宿河原 → 神木本町 → 向丘出張所
  • 登05:堰下 → 神木本町 → 宿河原 → 登戸駅(生田緑地口) (主に上記の折り返し便)

登戸駅(生田緑地口)から神木本町・向丘出張所・蔵敷方面に向かう路線で、菅生営業所の主力路線の一つ。日中は1時間に3本程度運行される。

向丘出張所に折り返し所はなく到着後は一旦回送となり、平交差点を左折し白幡八幡を経由し、五丁目、平二丁目を右折し、堰下より客扱いを行う。

2017年3月26日のダイヤ改正より、登05系統の登戸駅(生田緑地口)~菅生車庫の一部便が宮前平駅・宮前区役所まで延伸された。

カリタス線[編集]

  • 登06:菅生車庫 - 清水台 - 蔵敷 - 向丘出張所 - 神木本町 - 宿河原 - 登戸駅入口 - カリタス学園
  • 登06:菅生車庫 - 清水台 - 蔵敷 - 向丘出張所 - 神木本町 - 宿河原 - 登戸駅入口 - 中野島多摩川住宅
  • 登06:鷲ヶ峰営業所 → 稗原 → 蔵敷 → 向丘出張所 → 神木本町 → 宿河原 → 登戸駅入口 → カリタス学園
  • 登06:鷲ヶ峰営業所 → 稗原 → 蔵敷 → 向丘出張所 → 神木本町 → 宿河原 → 登戸駅入口 → 中野島多摩川住宅
  • 登20:登戸駅入口 - カリタス学園
  • 登21:中野島多摩川住宅 - 登戸駅入口 - 新船島橋(循環運転)
  • 登21:カリタス学園 - 登戸駅入口 - 新船島橋(循環運転)

菅生車庫からカリタス学園と中野島多摩川住宅を結ぶ路線。ラッシュ時はカリタス学園の生徒が通学のために多く利用する。

登21系統は多摩病院開設後に新設された。菅生営業所への移管時に中野島多摩川住宅便の全てを、カリタス学園便のほとんどを多摩病院接続(登21へ)に変更された。登21系統は1時間に3-4本、20系統は6時・7時台に各2本の4本のみになっている。新船島橋・登戸駅入口での路線の打ち切りはなく、新船島橋、登戸駅入口にも折り返し所はない。新船島橋行きは多摩病院の先を左折し多摩沿線道路を通り、稲田中学校の前を経て稲田中学校西交差点を右折、合流し新船島橋へ着く。登戸駅入口は和泉までの間を上下別ルートとすることで折り返しを行っている。カリタス学園・中野島多摩川住宅で打ち切りとなる。06系統は入出庫路線。

鷲ヶ峰営業所時代はカリタス学園、中野島多摩川住宅からの鷲ヶ峰営業所行きの路線もあったが、移管に伴い廃止となっている。

有馬線[編集]

  • 鷺02:鷺沼駅 - 有馬第二団地 - 久末 - 野川 - 千年 - 小杉駅東急バス川崎営業所→川崎営業所・東山田営業所→川崎営業所・高津営業所→東山田営業所と共同運行、井田営業所と共管、深夜バスあり)
  • 鷺02:鷺沼駅 - 有馬第二団地 - 久末 - 野川 - 千年 - 新城駅(東急バス東山田営業所と共同運行、井田営業所と共管)
  • 鷺02:鷺沼駅 - 有馬第二団地 - 久末 - 野川 - 井田営業所(井田営業所と共管、深夜バスあり)
  • 鷺02:鷺沼駅 - 有馬第二団地 - 久末 - 野川 (東急バス東山田営業所と共同運行、深夜バスあり)
  • 鷺02:中原駅 → 千年 → 野川 → 久末 → 有馬第二団地 → 鷺沼駅(休日/早朝1本のみ)
  • 鷺02:久末 → 有馬第二団地 → 鷺沼駅
  • 鷺02:有馬第二団地 → 鷺沼駅

東急田園都市線鷺沼駅JR南武線武蔵小杉駅を結ぶ中距離路線で、市バスと東急バスの共通定期券が導入されている。共通定期券は鷺02系統の鷺沼駅 - 野川 - 小杉駅前・新城駅前間に限り有効で、井田営業所発着便の野川 - 井田営業所間と他系統は対象外である。

元々東急バスが運行していた路線に、1966年(昭和41年)市バスが参入。以来井田営業所が長年担当してきたが、菅生営業所の管理委託化と同時に移管された。

鉄道駅から離れた野川・久末・千年地区を経由することから全区間において乗客が多く、川崎市バスの中でもトップ3に入る程の優良路線であるが、中原街道・野川交差点や千年交差点の渋滞が起こりやすいことから、定時性の確保が難しい。朝ラッシュ時に雨や雪、鉄道が運転見合わせになるなどの要因が重なると鷺沼 - 小杉駅前が2時間掛かることも。途中停留所の満員通過も増加するため、利用の際には注意が必要。

本路線と補完関係にある系統として、有馬第二団地 - 千年間では市バスが溝21系統(溝口駅南口・井田営業所 - 野川 - 有馬第二団地)、武蔵小杉駅側では東急バスが杉06系統(小杉駅 - 久末 - 道中坂下)・杉09系統(小杉駅 - 野川 - 野川台公園前)を並行して運行している。

日中はほとんど直通便のみ運行され、区間便は朝や夕方に集中している。直通便は毎時4 - 5本で、朝や夕、夜の一部を除いて基本的に市バスと東急バスが交互に運行するが、区間便と上記の並走する各系統を合わせると1時間に6 - 10本程度、ラッシュ時はそれ以上のバスが運行されている。特に、中原街道を走行する久末から先は東急バスの割合が高くなっている。

野川発着便は小杉駅方向の野川バス停に到着すると回送となり、溝25・原01系統の経路に入って能満寺停留所を経由し、尻手黒川道路との交差点を右折、その後中原街道との交差点を左折して鷺沼駅方向の野川バス停に停車する。営業所への回送は鷺沼駅から、あるいは野川から。逆は同様の場合と井田営業所まで回送したのち、杉10小杉駅前行きになり、小杉駅前で鷺02系統になる運用もある。

2017年3月26日ダイヤ改正から、それまで小杉駅前6番乗り場から市バス、5番から東急と分けられていたが、東急バスの5番乗り場に統合されることになった。ちなみに、菅生営業所担当の杉10系統井田営業所行きは6番のままである。 また、混雑対策のためか、鷺沼駅~小杉駅前の増便のほか、野川→小杉駅前(朝1便)、鷺沼駅→中原駅前(朝1便)、小杉駅前→久末(夜1便)が増便される。

また同日に井田も『鷺沼駅 - 小杉駅・新城駅』の便を運行することとなり共管となった他、井田営業所が運行していた『鷺沼駅 - 井田営業所』の区間便も菅生との共管となった。

柿生線[編集]

  • 溝17:溝口駅南口 - とのした橋 - 向丘出張所 - 蔵敷 - 清水台 - 菅生車庫(深夜バスあり)
  • 溝18:鷲ヶ峰営業所 - 稗原 - 蔵敷 - 向丘出張所 - とのした橋 - 溝口駅南口(深夜バスあり)
  • 溝18:聖マリアンナ医科大学 - 鷲ヶ峰営業所 - 稗原 - 蔵敷 - 向丘出張所 - 神木本町 - 溝口駅南口
  • 溝19:溝口駅南口 - とのした橋 - 向丘出張所 - 原ヶ谷 - おし沼 - 向丘遊園駅南口

2017年3月26日のダイヤ改正より鷲ヶ峰営業所との共同運行となった。

犬蔵線[編集]

  • 宮03:菅生車庫 - 犬蔵 -(←宮前区役所前←宮前平駅/宮前平駅→宮前区役所前)
  • 宮04:鷲ヶ峰営業所 - 稗原 - 北部市場 - 清水台 - 犬蔵 - 宮前平駅
  • 宮05:聖マリアンナ医科大学 - 長沢 - 蔵敷 - 清水台 - 犬蔵 - 宮前平駅
  • 溝15:溝口駅南口 - とのした橋 - 向丘出張所 - 南平 - 犬蔵 - 宮前平駅(2018年10月1日から深夜バスを新設)
  • 溝15:溝口駅南口 - とのした橋 - 向丘出張所 - 南平 - 犬蔵 -(←宮前区役所前←宮前平駅/宮前平駅→宮前区役所前)
  • 溝15:宮前平駅 - 犬蔵 - 南平 - 白幡八幡(初発出庫・終車入庫のみ)
  • 溝16:溝口駅南口 - とのした橋 - 向丘出張所 - 東名向丘入口 - 犬蔵 - 清水台 - 蔵敷 - 長沢 - 聖マリアンナ医科大学
  • 溝16:溝口駅南口 - とのした橋 - 向丘出張所 - 東名向丘入口 - 犬蔵 - 清水台 - 北部市場 - 稗原 - 鷲ヶ峰営業所
  • 溝16:溝口駅南口 → 向丘出張所 → 南平 → 犬蔵 → 菅生車庫 → 北部市場前(2018年10月1日運行開始、平日の夜間時間帯のみ運行)
  • た83:たまプラーザ駅 - 宮前美しの森公園 - 犬蔵 - 白幡八幡前(新道) - おし沼 - 向丘遊園駅南口(東急バス虹が丘営業所と共管)

宮03・宮04・宮05・溝15・溝16は、2017年3月26日のダイヤ改正の際に鷲ヶ峰営業所との共同運行となった。宮03は同日に復活された路線である。

2016年8月1日に、路線バス社会実験として美しの森から先、犬蔵・白幡八幡・生田緑地入口を経由して向ヶ丘遊園駅を結ぶ『た83』の運行を開始。東急バスとの共同運行で、たまプラーザ駅を利用する場合のみ横浜市内運賃が適用となり、それ以外の区間では川崎市内運賃が適用される。日中のみの運行でおよそ40分間隔で走る。市営バスがたまプラーザ駅へ乗り入れるのはこの路線が初となる[2]

2017年3月31日までの社会実験を経て、4月1日より本格運行となることが決定した。本数及び運行時間帯は変更はなし[3]

2017年3月26日に鷲ヶ峰営業所から移管され、犬蔵線に編入された(なお東急バスは社会実験時から「犬蔵線」となっている)。

2018年10月1日のダイヤ改正から溝15系統に深夜バスを、溝16系統に溝口駅南口→北部市場前までの区間便を平日の夜間時間帯に新設する予定である[4]

過去の担当路線[編集]

菅生出張所時代[編集]

犬蔵線[編集]

  • 宮03:菅生車庫 - 犬蔵 - 宮前平駅
  • 宮03:菅生車庫 - 犬蔵 -(←宮前区役所前←宮前平駅/宮前平駅→宮前区役所前)
  • 宮05:聖マリアンナ医科大学前 - 長沢 - 蔵敷 - 犬蔵 - 宮前平駅
  • 宮05:聖マリアンナ医科大学前 - 長沢 - 蔵敷 - 犬蔵 -(←宮前区役所前←宮前平駅/宮前平駅→宮前区役所前)
  • 溝15:溝口駅南口 - 向丘出張所 - 南平 - 犬蔵 - 宮前平駅
  • 溝15:溝口駅南口 - 向丘出張所 - 南平 - 犬蔵 -(←宮前区役所前←宮前平駅/宮前平駅→宮前区役所前)
  • 溝15:宮前平駅 → 犬蔵 → 南平 → 白幡八幡前
  • 溝15:宮前平駅 - 犬蔵 - 南平 - 向丘出張所 - 溝口駅南口 - 第三京浜入口
  • 溝15:宮前平駅 - 犬蔵 - 南平 - 向丘出張所 - 溝口駅前 - 第三京浜入口
  • 溝15:宮前平駅 → 犬蔵 → 向丘出張所 → 溝口駅入口 → 溝口駅前(北口)
  • 溝15:溝口駅前 → 向丘出張所 → 犬蔵 → 宮前平駅 → 宮前区役所前
  • 溝16:溝口駅南口 - 向丘出張所 - 犬蔵 - 長沢 - 聖マリアンナ医科大学前
  • 溝16:溝口駅南口 - 向丘出張所 - 南平 - 犬蔵 - 菅生車庫

菅生営業所時代[編集]

西菅線[編集]

路線図
  • 登14:向丘遊園駅南口 - 多摩警察署 - 土渕 - 城下 - 西菅団地
  • 登14:登戸駅 → 向丘遊園駅入口 → 多摩警察署 → 土渕 → 城下 → 西菅団地 (下記の折返便)
  • 登14:西菅団地 → 城下 → 土渕 → 多摩消防署 → 向丘遊園駅 → 登戸駅
  • 登14:西菅団地 → 城下 → 土渕 → 多摩消防署 → 向丘遊園駅 → 登戸駅 → 向丘遊園駅入口 (入庫便)
  • 登14:多摩消防署 → 向丘遊園駅 → 登戸駅 → 多摩警察署 → 土渕 → 城下 → 西菅団地 (出庫便)
  • 登14:西菅団地 → 城下 → 三丁目 → 菅四丁目 → 城下 → 西菅団地
  • 登14:西菅団地 - 城下

向ヶ丘遊園駅・登戸駅と多摩区西部の西菅団地を結び、多摩区を横断する路線。城下バス停は京王相模原線京王稲田堤駅前ロータリーにあり、JR南武線稲田堤駅の利用も可能である。

ほとんどは西菅団地 - 城下の区間便で、日中の一部は城下から府中街道を北上して菅四丁目まで行く。菅四丁目行きのみ、西菅団地から城下の間に乗車した場合は、菅四丁目までに降車しなくてはならない。ただし一部の便については連続乗車が可能。

本線格の向ヶ丘遊園方面行きは、土渕地区から鉄道駅連絡路線・多摩区役所へのアクセス路線となっており、朝夕に多摩区役所非経由で向丘遊園駅東口へ行く便がある他は、全便が多摩区役所経由登戸駅、登戸駅経由向丘遊園駅入口行きになる。登戸駅行きは多摩消防署から西菅団地行きとなる。

生田宿から向ヶ丘遊園駅周辺は道路が狭いことから、一方通行でのラケット式循環区間となっているが、運行は向丘遊園駅入口で一度打ち切られる。ただし多摩消防署から西菅団地方面への乗車はできる。

本線(登戸方面-城下)と支線(城下-菅四丁目)間の乗り継ぎには、乗り継ぎ後運賃が5割引となる割引制度があり、乗り継ぐ前に乗務員に申し出て乗継割引乗車料金を支払った後、乗継券の交付を受ける必要がある。[5]

2017年3月26日のダイヤ改正で鷲ヶ峰営業所に移管された。西菅線を鷲ヶ峰営業所がが担当するのは、2011年の移管以来およそ6年ぶりとなる。

車両[編集]

使用する車両は、川崎市交通局が導入した一般路線バス車両で、いすゞ自動車製と日野自動車製の大型車と中型車が配置された。これら車両は菅生営業所開設にあたり、鷲ヶ峰営業所と井田営業所から車両を転入させたもの。

なお営業所開設前には、神奈川中央交通町田営業所に一時的に配置された、神奈川中央交通のいすゞ自動車製中型車を使用し、菅生営業所敷地内や担当予定路線などで乗務員訓練(研修)や習熟運転を行った上で運行を開始している。

2012年1月には、本営業所開設後初の新車としてブルーリボンⅡノンステップ車LKG-KV234L3(M-3443)が1台導入された。

2012年5月には、いすゞ・エルガミオワンステップKK-LR333J1(M-1786)が廃車された。

2012年12月、最後まで配置されていたワンステップバスのいすゞ・キュービックKC-LV380L(M-1792)が、鷲ヶ峰営業所から転属のPKG-KV234L2(M-3419)に置き換えられて廃車されたことで、全車両がノンステップバスとなった。

2017年3月26日の神奈中委託から直営に戻る際、井田・鷲ヶ峰からの転属のUD車と、新車の三菱ふそうニューエアロスターQKG-MP38FK(M-2811)が井田から転属されたことから、他の営業所と同じく全メーカーが配置されることとなった。

2017年11月には、日野・ブルーリボンハイブリッド2SG-HL2ANBP(M-3037)が1台導入された。

2018年3月、鷲ヶ峰からブルーリボンⅡワンステップ車PKG-KV234L2(M-3418)が転属し、再びワンステップ車が配置されることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 川崎市交通局ウェブサイト. “菅生営業所の開設について”. 2015年1月15日閲覧。
  2. ^ たまプラーザ駅は横浜市青葉区に属するが、他にも横浜市内へ乗り入れるのは井田営業所が担当する溝25・原01系統の高田町・西原(いずれも港北区)がある。
  3. ^ 向丘遊園駅南口とたまプラーザ駅を結ぶ路線の本格運行の実施について(川崎市バスホームページ)2017年3月10日閲覧。
  4. ^ 溝15系統深夜バス運行開始、溝11系統増発等のダイヤ改正について(川崎市バスホームページ)2018年9月20日閲覧。
  5. ^ 川崎市乗合自動車乗車料条例施行規程 第2条の10

参照事項・関連サイト[編集]

関連項目[編集]