開成駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
開成駅
西口(2005年10月13日)
西口(2005年10月13日)
かいせい
Kaisei
OH 41 新松田 (2.5km)
(1.9km) 栢山 OH 43
所在地 神奈川県足柄上郡開成町吉田島4300-1
駅番号 OH 42
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 74.3km(新宿起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,329人/日
-2017年-
開業年月日 1985年昭和60年)3月14日
テンプレートを表示

開成駅(かいせいえき)は、神奈川県足柄上郡開成町吉田島にある、小田急電鉄小田原線である。駅番号はOH 42

歴史[編集]

  • 1985年昭和60年)3月14日 - 開業。各駅停車準急と一部急行の停車駅となる。
  • 2001年平成13年) - 3100形NSE車3181号が東口の開成駅前第二公園にて静態保存される。
  • 2004年(平成16年)6月5日 - 2600形さよなら運転の終点駅になり、到着後「ありがとう2600形フェスタ」が開催され、留置線および開成駅前第二公園で展示公開などが行われる。
  • 2005年(平成17年)6月4日・5日・11日12日 - 開成町で実施される「あじさい祭」に併せて特急ロマンスカーさがみ65号」が臨時停車30000形EXE車6両で運行される(2006年以降も実施)。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - 新松田以西に準急が乗り入れなくなったため準急の停車駅から外れる。
  • 2018年(平成30年)
    • 3月17日 - 本厚木から小田原まで各駅に停車する急行について、新松田以西で各駅停車に種別変更する形態となるため、急行の停車駅から外れる[1]。また、箱根登山線直通列車の運行がなくなる。
    • 4月27日 - 2018年度中に実施予定のダイヤ改正からの、10両編成の快速急行・急行の停車に向けて、開成駅のホーム延伸工事を推進することが発表される[2]

開設の経緯と駅名の由来について[編集]

従来、小田急線が通る市区町村で唯一駅がなかったのが開成町であった。そのため、開成町と町民たちは小田急への要望を重ね、小田急68番目の駅として開設された。駅名も町名の「開成」からとられた。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線と留置線を有する地上駅橋上駅舎を有しており、ここから西側と東側に出口があり、それぞれ西口、東口となっている。駅舎内部には自動券売機自動改札機などが設置されている。改札階からホーム階にはエレベーターが設備されている。

当駅を含む新松田 - 小田原間の途中5駅はホームの有効長が120m(20m車6両分)であり、10両編成の急行は全列車が通過する。東側にある留置線は10両編成に対応しており、小田原寄りにあるポイントから進入することができる。この留置線は10両編成3本の夜間滞泊にも用いられている。

また、土休日ダイヤの小田原発の朝晩2本の6両急行は当駅を通過する。

2015年度には、隣の栢山駅と併せて富水駅螢田駅足柄駅とともに行先案内表示器の設置が計画され[3]、改札口コンコースへの設置を同年末までに完了している。

なお当初は将来の急行停車を想定した2面4線化を見込んで待避線用のスペース[4]が確保されていたが、下り線側は前述の留置線、上り線側は駅西口のバリアフリー対応にスペースを提供してしまっており2面4線化はほぼ不可能となっている[要出典]

人口増加に伴い、近々、現在の2面2線の6両編成対応ホームを10両編成対応とするために上り・下りの各ホームを新宿方面に85m延伸する工事を行う予定。(なお、ホーム延伸は平成31年8月の竣工を目標に進められる。) [5][6] これの完成をもってダイヤ改正を行い、急行が再び当駅停車となるほか快速急行が新たに停車駅として加わる予定[7]

のりば[編集]

のりばは東側を1番ホームとして、下表のようになる。

ホーム 路線 方向 行先
1 OH 小田原線 下り 小田原箱根湯本方面
2 上り 相模大野新宿千代田線方面
  • 2016年3月26日実施のダイヤ改正以降、日中時間帯の各駅停車は全て新松田 - 小田原駅間の列車のみとなるため、相模大野・本厚木方面から当駅を行き来する場合は必ず新松田駅での乗り換えが必要となる。
  • 2018年3月17日実施のダイヤ改正以降、下り方面の各駅停車は全て小田原行きの列車のみとなるため、当駅から小田原から先、箱根湯本方面に行く場合は必ず小田原駅での乗り換えが必要となる。
  • 開成あじさい祭りなどのイベントで当駅にロマンスカーが、臨時停車することがある。
東口(2006年10月28日) 構内を下り方から見る(2013年3月6日)
東口(2006年10月28日)
構内を下り方から見る(2013年3月6日)


利用状況[編集]

2017年度の1日平均乗降人員11,329人であり[8]、小田急線全70駅中60位。

開成町の再開発により、駅周辺に、マンションや家が次々と建てられ、近日、乗降人員が周辺の駅に比べ、増加している。平成26年には、開成から大井町方面に渡れる足柄紫水大橋が新しくでき、大井町方面からの乗客も増えている。

近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[10]
出典
1995年(平成07年) 2,654 [* 1]
1998年(平成10年) 3,000 [* 2]
1999年(平成11年) 3,043 [* 3]
2000年(平成12年) 3,099 [* 3]
2001年(平成13年) 3,209 [* 4]
2002年(平成14年) 3,279 [* 5]
2003年(平成15年) 6,998 3,525 [* 6]
2004年(平成16年) 7,934 3,853 [* 7]
2005年(平成17年) 8,278 4,023 [* 8]
2006年(平成18年) 9,145 4,459 [* 9]
2007年(平成19年) 10,047 4,932 [* 10]
2008年(平成20年) 10,234 5,431 [* 11]
2009年(平成21年) 9,778 4,811 [* 12]
2010年(平成22年) 10,004 4,936 [* 13]
2011年(平成23年) 9,975 4,918 [* 14]
2012年(平成24年) 10,203 5,041 [* 15]
2013年(平成25年) 10,424 5,155 [* 16]
2014年(平成26年) 10,308 5,097 [* 17]
2015年(平成27年) 10,736 5,319 [* 18]
2016年(平成28年) 11,033 5,470 [* 19]
2017年(平成29年) 11,329

駅周辺[編集]

東口の開成駅前第二公園に保存されている3100形NSE車(2007年7月28日)

開業当時、駅周辺には空き地が目立っていたが、2000年代に入り、小田急電鉄の主導にてマンションや商業施設が建ち始めた。

東口にある開成駅前第二公園には、特急ロマンスカー3100形NSE車の先頭車が静態保存されている。車内公開日は開成町の公式サイトで告知される。

開成町役場まではかなりの距離があり、西口から徒歩で約30分であるが、新松田駅から路線バスが運行されている。

1977年頃の当駅建設予定地上空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 1983年頃の建設中の当駅上空写真。駅東側で区画整理が進められている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 1988年ごろの当駅上空写真。開業から4年経過しているが、駅周辺の開発は進んでいない。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1977年頃の当駅建設予定地上空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1983年頃の建設中の当駅上空写真。駅東側で区画整理が進められている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1988年ごろの当駅上空写真。開業から4年経過しているが、駅周辺の開発は進んでいない。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

バス路線[編集]

西口駅前広場から発着している。2009年1月7日までは三竹まで、2011年12月28日までは新松田駅まで、2012年1月31日までは成田空港までの路線バスもあったが、いずれも廃止されている。

隣の駅[編集]

OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
OH 小田原線
快速急行・急行
通過
各駅停車
新松田駅 (OH 41) - 開成駅 (OH 42) - 栢山駅 (OH 43)

※なお、開成あじさい祭りなどのイベント時、特急ロマンスカーが当駅に臨時停車することもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “2018年3月、新ダイヤでの運行開始” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2017年11月1日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8701_5820170_.pdf 2017年11月5日閲覧。 
  2. ^ “2018年度 鉄道事業設備投資計画” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2018年4月27日), https://www.odakyu.jp/news/o5oaa100000194wz-att/o5oaa100000194x6.pdf 2018年5月20日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ ただし当時は急行の全区間10連化が想定されていなかったため、6両分のスペースしか確保されていなかった。
  5. ^ 広報かいせい平成30年1月号
  6. ^ タウンニュース 1月13日掲載
  7. ^ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa100000194wz-att/o5oaa100000194x6.pdf
  8. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
  9. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  10. ^ 神奈川県県勢要覧

注釈[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]