南新宿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南新宿駅
南新宿駅(2015年5月)
南新宿駅(2015年5月)
みなみしんじゅく - Minami-Shinjuku
OH 01 新宿 (0.8km)
(0.7km) 参宮橋 OH 03
所在地 東京都渋谷区代々木2-29-16
駅番号 OH 02
所属事業者 OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
所属路線 OH 小田原線
キロ程 0.8km(新宿起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,788人/日
-2014年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日

南新宿駅
配線図

新宿駅

2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl BUILDINGl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

参宮橋駅

駅構内(左側より1番、2番ホーム)
(2008年3月7日)
2番ホームよりNTTドコモ代々木ビルを望む(2007年7月27日)

南新宿駅(みなみしんじゅくえき)は、東京都渋谷区代々木2丁目にある、小田急電鉄小田原線である。駅番号はOH 02

歴史[編集]

当駅が現在の位置に置かれたのは、隣接する新宿駅の拡張工事が1967年(昭和42年)に完了したときからである。駅はそれ以前、現在の位置よりも新宿駅寄り、現行の小田急線の新宿駅地下ホームからの線路が地上ホームからの線路と合流する踏切からその次の旧小田急本社(現在の小田急南新宿ビル)前の踏切にかけての地点に設置されていた。同地には新宿駅地上ホームへの線路と地下ホームへの線路との分岐器を設置したため、昔の駅の痕跡はほとんどみられず、わずかに踏切脇に当時の駅舎の土台部分のコンクリート跡が残る程度である。

  • 1927年昭和2年)4月1日 - 千駄ヶ谷新田駅(「千田ヶ谷新田」という表記もみられる[1])として開業[2]。駅名は当時の駅所在地の地名に由来する。
  • 1937年(昭和12年)7月1日 - 小田急本社前駅に改称[2]。小田原急行鉄道の本社が駅前にあることから。
  • 1942年(昭和17年)5月1日 - 南新宿駅に改称[2]。当時の小田急電鉄が当時の東京横浜電鉄等と合併し東京急行電鉄(大東急)となったことと新宿地区の南にあることから[3]
  • 1945年(昭和20年)5月26日 - 前日の夜からのアメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)で、本社事務所(現在の小田急南新宿ビル)と新宿駅甲州口が焼失、新宿 - 南新宿間が不通となったため、数日間、全列車が当駅止まりとなる。
  • 1973年(昭和48年)12月21日 - 参宮橋方に150m移転し、現在地に開業[2]
  • 2012年(平成24年)2月 - ホーム有効長を10両対応とする工事が完了[4]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。

2009年(平成21年)5月から駅の改良工事を実施しており、エレベーターの新設やトイレの改修などが施工された。2012年(平成24年)2月に、各駅停車の10両編成化に対応するためのホーム有効長の延伸工事が完了した[4]

のりば[編集]

海側(南側)から下表の通り。

ホーム 路線 方向 行先
南新宿駅プラットホーム[5][6]
1 OH 小田原線 下り 小田原箱根湯本藤沢片瀬江ノ島方面
2 上り 新宿
  • 2015年度には、隣の参宮橋駅と共に行先案内表示器の設置が計画されている[7]

駅構内設備[編集]

  • エレベーター
  • 各ホームから改札への階段は8両編成の5号車付近にそれぞれ1か所ある。
  • トイレとATM横浜銀行)は下りホームの新宿寄りにある。
  • かつては改札内コンコースに忘れ物取扱所として「南新宿遺失物センター」が併設されていたが、2006年3月に経堂駅に移設された。

利用状況[編集]

当駅は新宿駅と目と鼻の先、かつ500mほど離れた代々木駅からは千代田区中央区などの東京都心部や渋谷池袋方面などに乗り換え無しで行けるなど、近距離に利便性の高い駅がある関係からか、東京23区内では利用者数の少ない鉄道駅のひとつとなっている。

2014年度の乗降人員は3,788人である[8]。小田急電鉄の江ノ島線や多摩線を合わせた全70駅中で第69位である[9]

年度別1日平均乗降・乗車人員[10]
年度 1日平均
乗降人員[11]
1日平均
乗車人員[12]
1972年(昭和47年) 5,114[13]
1982年(昭和57年) 7,625[14]
1985年(昭和60年) 8,888[15]
1989年(平成元年) 8,447[16]
1990年(平成02年) 2,874
1991年(平成03年) 2,770
1992年(平成04年) 2,715
1993年(平成05年) 2,732
1994年(平成06年) 2,512
1995年(平成07年) 2,366
1996年(平成08年) 2,255
1997年(平成09年) 2,137
1998年(平成10年) 5,412[17] 2,033
1999年(平成11年) 1,962
2000年(平成12年) 1,871
2001年(平成13年) 1,981
2002年(平成14年) 2,027
2003年(平成15年) 4,315[18] 1,899
2004年(平成16年) 4,178[19] 1,726
2005年(平成17年) 3,863[20] 1,573
2006年(平成18年) 3,965 1,625
2007年(平成19年) 4,124 1,727
2008年(平成20年) 3,803 1,575
2009年(平成21年) 3,667 1,515
2010年(平成22年) 3,665 1,532
2011年(平成23年) 3,676 1,549
2012年(平成24年) 3,688 1,562
2013年(平成25年) 3,850 1,622
2014年(平成26年) 3,788

駅周辺[編集]

当駅付近から望む代々木二丁目の高層ビル群。手前の架線は小田急線のもの、その後ろの低層の建物が小田急南新宿ビル(2007年11月)。

バス路線[編集]

最寄りのバス停留所は、ハチ公バス神宮の杜ルート(フジエクスプレスが運行)の代々木一丁目である。

隣の駅[編集]

OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
OH 小田原線
快速急行・急行・準急・区間準急
通過
各駅停車
新宿駅 (OH 01) - 南新宿駅 (OH 02) - 参宮橋駅 (OH 03)

なお、1927年4月1日の小田急小田原線開業時から1946年5月31日まで、当駅と参宮橋駅との間に山谷駅が存在した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 綱島定治 『ポケット大東京案内』 地人社/竹田弘文堂 昭和6年発行
  2. ^ a b c d 生方良雄 『小田急の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング2010年2月1日ISBN 9784533075629
  3. ^ その後、各会社に分離された後も、小田急本社は新宿駅西口駅前に移転したため、駅名が「小田急本社前」に戻ることはなかった
  4. ^ a b 第91期のご報告(2011年4月1日から2012年3月31日まで) (pdf)”. 小田急電鉄. p. 9. 2015年1月3日閲覧。
  5. ^ 南新宿駅のご案内・周辺情報”. 小田急電鉄. 2015年1月3日閲覧。
  6. ^ 駅立体図|南新宿駅|路線図・各駅のご案内”. 小田急電鉄. 2015年1月3日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
  9. ^ 最も少ない第70位は、ターミナル駅(小田原駅)の隣で、近くに別路線の駅もあるという状況が南新宿駅と同じ足柄駅
  10. ^ 渋谷区勢概要 - 渋谷区
  11. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  12. ^ 東京都統計年鑑
  13. ^ 『首都圏沿線ガイド1 小田急線各駅停車』(椿書院・1973年)p21
  14. ^ 『日本の私鉄5 小田急』(保育社・1985年重版)p145
  15. ^ 『小田急 車両と駅の60年』(大正出版・1987年6月1日)p150
  16. ^ 鉄道ピクトリアル』通巻546号「特集・小田急電鉄」(電気車研究会・1991年7月臨時増刊号)p17
  17. ^ 鉄道ピクトリアル』通巻679号「特集・小田急電鉄」(電気車研究会・1999年12月臨時増刊号)p29
  18. ^ 平成15年度1日平均乗降人員・通過人員(関東交通広告協議会のレポート一覧による) (PDF)
  19. ^ 平成16年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)
  20. ^ 平成17年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]