有効長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鉄道設備における有効長(ゆうこうちょう)とは、停車場内で列車が発着する線路で分岐器手前の車両接触限界の間の距離または車両数のこと。線路有効長ともいう。

線路有効長は列車の長さに、停車位置の誤差や出発信号機を確認できる距離などを加えて求める。

運転業務面では、ダイヤ作成担当者は、プラットホームないし行き違い設備などの有効長を考慮して列車の設定を行う。

車両接触限界[編集]

車両接触限界標識

車両接触限界とは、線路が分岐している箇所において他の線路の車両が接触する限界の地点のことで、その地点には車両接触限界標識という低い角柱(積雪地では高くなっている)が立てられている。停車場に列車が停車する場合は隣接する線路の車両と接触しないよう、この車両接触限界標識の内側に収まるようにしなくてはならない[1]

プラットホーム有効長[編集]

九品仏駅のプラットホーム(踏切を挟んだ写真手前のホームには乗客が立ち入りできず、停車の際にここにかかる車両はドアカットが行われる。)

また、特ににおいてはホームにかかる車両数で表す(ホーム有効長)。ホームにかからなければドアを開けない(ドアカット)か、その手前の駅で解結を行い、少ない車両数で対応することになる。例として前者は東京急行電鉄九品仏駅東日本旅客鉄道田浦駅など、後者は北陸本線内の新快速近鉄名古屋線準急などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一切のズレなく列車を停車させることは不可能であるうえ、すれ違いや乗降客などの車両の横揺れなどを考慮しなければならないため、ある程度の余裕を持たせる必要がある。

関連項目[編集]