代々木八幡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
代々木八幡駅
南口駅舎(2007年11月12日撮影)
南口駅舎(2007年11月12日撮影)
よよぎはちまん
Yoyogi-Hachiman
OH 03 参宮橋 (1.2km)
(0.8km) 代々木上原 OH 05
所在地 東京都渋谷区代々木五丁目6番1号
駅番号 OH 04
所属事業者 OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
所属路線 OH 小田原線
キロ程 2.7km(新宿起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
20,411人/日
-2015年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日
テンプレートを表示

代々木八幡駅
配線図

参宮橋駅

2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

代々木上原駅

北口駅舎(2007年11月12日撮影)
駅構内。大きくカーブを描いている。

代々木八幡駅(よよぎはちまんえき)は、東京都渋谷区代々木五丁目にある、小田急電鉄小田原線である。駅番号OH 04

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。急カーブ上にあるため、45km/hの速度制限があり、通過列車は低速で通過する。また、代々木上原寄りは、地下からの東京メトロ千代田線の合流のため、ホーム間の距離が次第に大きくなっている。またカーブ上にあるため、電車とホームの間がかなり開くところがある。

当駅では接近放送の他に到着放送も用意されており、到着放送において乗・降車時の注意放送を流している。

改札口は、1番ホーム(下り)から数段階段を下りたところの南口改札口と、2番ホーム(上り)に直結している臨時改札口(北口改札口)がある。また、両ホームを連絡する跨線橋がある。

なお、現在のホーム有効長は8両であるが、10両編成が停車できるよう、島式ホームへの変更を伴うホームの延伸と駅舎の改築が予定されている。これにより、ホーム両端の踏切を移設するとともに、南口・北口の現在の駅舎を解体し[1][2]橋上駅化される。同時に、ホームドアと可動ステップの設置も行われる[3]。完成は2018年8月の予定。

のりばは海側から下表の通り。

代々木八幡駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 OH 小田原線 下り 小田原箱根湯本藤沢片瀬江ノ島方面
2 上り 新宿方面

駅改札内設備[編集]

トイレは1番ホームにある。売店横浜銀行ステーションATMは1番ホーム側の改札外部にある。2番ホームの改札口には自動券売機自動精算機が1台ずつ設置されているが、窓口は存在しないので、駅員に相談がある時は1番ホームの改札に行く必要がある。

1番ホームにはホームから改札口までのスロープがある。1番ホームの改札口から道路までの段差はなく、車椅子以外にベビーカーなども自由に通行できる。

2番ホームには、ホームから外の道路へ接続するスロープがある。こちらは常時閉鎖されているので、車椅子で利用する時はインターホンで駅員を呼ぶ。

エスカレータエレベーターは設置されていない。

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員は20,411人であり[4]、小田急線全70駅中54位。

近年の1日平均乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[5]
年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
出典
1990年(平成02年) 9,649 [* 1]
1991年(平成03年) 10,014 [* 2]
1992年(平成04年) 10,047 [* 3]
1993年(平成05年) 10,044 [* 4]
1994年(平成06年) 9,622 [* 5]
1995年(平成07年) 9,566 [* 6]
1996年(平成08年) 9,416 [* 7]
1997年(平成09年) 9,230 [* 8]
1998年(平成10年) 9,260 [* 9]
1999年(平成11年) 9,279 [* 10]
2000年(平成12年) 9,334 [* 11]
2001年(平成13年) 9,373 [* 12]
2002年(平成14年) 19,417 9,499 [* 13]
2003年(平成15年) 19,905 9,757 [* 14]
2004年(平成16年) 21,767 9,542 [* 15]
2005年(平成17年) 21,460 9,381 [* 16]
2006年(平成18年) 21,655 9,479 [* 17]
2007年(平成19年) 21,623 9,730 [* 18]
2008年(平成20年) 20,997 9,548 [* 19]
2009年(平成21年) 20,283 9,282 [* 20]
2010年(平成22年) 20,051 9,268 [* 21]
2011年(平成23年) 19,460 9,055 [* 22]
2012年(平成24年) 19,682 9,181 [* 23]
2013年(平成25年) 20,342 9,400 [* 24]
2014年(平成26年) 19,810 9,382 [* 25]
2015年(平成27年) 20,411

駅周辺[編集]

南口[編集]

山手通りをくぐり駅に進入する上り列車(1000形)

上記の他、渋谷センター街などの渋谷中心部へも徒歩で約20分ほどで行くことができる。

北口[編集]

バス路線[編集]

山手通り沿いに「代々木八幡駅入口」停留所がある(都営バス京王バス東・ハチ公バス)。

富谷小学校側のりば(初台・中野・阿佐ヶ谷方面)[編集]

  • 中野駅に向かう路線は経路が幡ヶ谷経由、中野坂上経由の2ルートあるので、乗り間違いないように注意。

代々木八幡駅側のりば(渋谷方面)[編集]

  • 渋61:東大裏・東急百貨店本店前経由 渋谷駅
  • 渋63・渋64:渋谷区役所経由 渋谷駅行
  • 渋66:神山・東急百貨店本店前経由 渋谷駅行
  • ハチ公バス(渋谷区コミュニティバス)春の小川ルート:原宿駅入口経由 渋谷区役所行
  • 渋谷駅に向かう路線は経路が渋谷区役所経由、神山経由、東大裏経由の3ルートあるので、乗り間違いないように注意。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

1212年に創建された「代々木八幡宮」が駅近くの丘の上にあることに由来する。

隣の駅[編集]

OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
OH 小田原線
快速急行・急行・準急
通過
各駅停車
参宮橋駅 (OH 03) - 代々木八幡駅 (OH 04) - 代々木上原駅 (OH 05)

出典[編集]

東京都統計年鑑

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “小田急電鉄/代々木八幡駅ホーム延長で踏切移設”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社): p. 8. (2010年7月22日) 
  2. ^ “(二)小田急代々木八幡駅の改修及び代々木八幡一号踏切の移設”. しぶや区ニュース (渋谷区): p. 2. (2014年7月1日). http://www.city.shibuya.tokyo.jp/city/news/pdf/20140701/p1.pdf 2015年12月22日閲覧。 
  3. ^ "小田急線6駅にホームドアを設置します" 2016年10月30日閲覧。
  4. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
  5. ^ 渋谷区勢概要 - 渋谷区
  6. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  7. ^ 東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]