フジエクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社フジエクスプレス
FUJIEXPRESS CO.,LTD.
Fuji Kyuko Q Logo.svg
フジエクスプレスの高速車 T8601
フジエクスプレスの高速車 T8601
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
108-0023
東京都港区芝浦4-20-47
設立 1997年平成9年)9月8日
業種 陸運業
法人番号 8010401035990 ウィキデータを編集
事業内容 一般旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 茂木 一郎
資本金 9,960万円
売上高 23億9,411万円(2016年3月期)
純利益 ▲2億1815万5000円
(2021年03月31日時点)[1]
総資産 20億5510万1000円
(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 221名(2016年6月現在)
主要株主 富士急行株式会社 100%
外部リンク http://www.fujikyu.co.jp/fujiexpress/
テンプレートを表示

株式会社フジエクスプレスFUJIEXPRESS CO.,LTD.[2])は、東京都港区に本社を置き、主に貸切バス事業を運営する富士急行の子会社である。また、中央高速バスや「岩手きずな号」などの高速バス、港区コミュニティバスちぃばす」、渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」の受託運行、渋谷駅発着の「渋谷シャトル」「大和田シャトル」や横浜市営バスの路線を引き継いだ「横浜タウンバス」などの路線バスも運行する。

1997年9月8日、富士急行東京営業所を分社化して設立。分社化とともに高速車は富士急行本体(当時)の甲府営業所と河口湖営業所に集約しており、設立後5年近くは貸切バス専門の営業所となっていた(ただし高速バスの夜間駐泊で利用はされていた)。中央高速バスに東京の事業者として参入できたのは、この営業所の存在があったからである。[要出典]

2021年12月1日時点の各営業所の保有車両数は東京107両、横浜25両、江戸川28両、埼玉32両となっている[3]

沿革[編集]

  • 1997年平成9年)9月8日 - 富士急行東京営業所を分離して設立。
  • 2002年(平成14年) - 中央高速バス諏訪岡谷線・伊那線の運行を富士急行から移管される。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 東京都内では富士急グループ初の一般路線バスとして「ちぃばす」を運行開始。
  • 2005年(平成17年) - 富士急横浜観光(旧・横浜営業所)と合併。
  • 2006年(平成18年)12月21日 - 横浜市営バス134系統の運行引き継ぎ決定[4]
  • 2007年(平成19年)
    • 3月18日 - ちぃばすでPASMOを導入。
    • 4月1日 - 横浜市営バス134系統を引き継ぎ、フジエクスプレス「横浜タウンバス」134系統として運行開始。
    • 7月1日 - 横浜タウンバス134系統でPASMOを導入。
  • 2008年(平成20年)
  • 2011年(平成23年) - 東日本大震災による緊急支援輸送として、京王電鉄バスが運行する広瀬ライナーの続行便を特例として期間限定で受託[5]
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)
    • 1月15日 - 横浜タウンバス新山下・ダイワコーポレーション線の一部便がみなと赤十字病院に乗り入れ開始。
    • 3月22日 - 富士急グループとして初の東北方面高速バス「岩手きずな号」を東京 - 久慈間で運行開始[6][7]
  • 2017年(平成29年)11月27日 - 水陸両用バス『TOKYO NO KABA』運行開始。
  • 2021年令和3年)
    • 11月1日 - 「ハチ公バス」が東急バス淡島営業所と共同運行となる。
    • 12月1日 - 富士急行観光株式会社を吸収合併し、江戸川営業所と埼玉営業所とする。
    • 12月16日 - 「ハチ公バス」を東急バス淡島営業所に移管し撤退。

本社および営業所[編集]

東京営業所
  • 本社・東京営業所
    東京都港区芝浦四丁目20-47
    営業所記号はTを用いる。1995年以前はYであった。
    ナンバーは品川
  • 横浜営業所
    神奈川県横浜市中区新山下三丁目5-8
    営業所記号は1995年以前から現在に至るまでHを用いる。
    ナンバーは横浜
  • 江戸川営業所
    東京都江戸川区本一色二丁目24-26
    営業所記号はPを用いる。2021年11月の合併以前はTを用いており、2021年12月のみ記号なし。
    ナンバーは足立
  • 埼玉営業所
    埼玉県さいたま市岩槻区加倉九丁目2
    営業所記号はSを用いる。
    ナンバーは大宮

高速バス[編集]

中央高速バス[編集]

富士五湖線に使用されるバンホール・アストロメガ(2020年11月15日撮影)
富士五湖線に使用されるバンホール・アストロメガ(2020年11月15日撮影)
富士芝桜祭り会場行き臨時バス
富士芝桜祭り会場行き臨時バス
諏訪・岡谷線
諏訪・岡谷線
本栖湖行き
本栖湖行き
伊那線
伊那線
中央高速バス富士五湖線
中央高速バス富士山五合目線
  • 新宿駅(バスタ新宿) - 中央道バス停(三鷹・深大寺・府中・日野・八王子・相模湖・上野原) - 富士山五合目(富士急バス、京王バスと共同運行)
中央高速バス諏訪岡谷線
中央高速バス伊那線
  • 新宿駅(バスタ新宿) - 伊那・駒ヶ根(京王バス、アルピコ交通、山梨交通、伊那バス信南交通と共同運行)

その他高速バス[編集]

東京営業所[編集]

2014年12月19日:運行開始[8]
さがみ湖イルミリオン線に充当されるT1411号車(2020年12月26日撮影)
さがみ湖イルミリオン開催期間の季節運行[9]
2011年12月17日:新宿 - さがみ湖イルミリオン線運行開始。
久慈営業所・厨川駅・おらほの温泉から乗降する場合に限り、自家用車を無料で駐車できるパークアンドライドを利用できる。
盛岡駅東口・盛岡駅西口・厨川駅前(国道4号沿い)・厨川駅(岩手県北バス盛岡営業所)・おらほの温泉・八幡平営業所の各停留所で、岩手きずな号と八幡平方面並びに沼宮内岩手町)方面の岩手県北バスの一般路線バスを乗り継いだ場合、八幡平方面並びに沼宮内方面の一般路線バスの運賃が乗継割引で半額となる(東京発は乗継券を発行、東京行きは岩手県北バスの一般路線バス降車時に岩手きずな号の乗車券を提示する)[11]

横浜営業所[編集]

  • 河口湖 - 横浜線(レイクライナー):(桜木町駅 → )横浜駅西口( ← 桜木町駅)- 東名綾瀬 - 東名御殿場 - 御殿場駅 - 御殿場市立図書館 - 富士学校前 - 富士山山中湖 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 (- 富士山五合目)(相鉄バスと共同運行)
  • 特急:(桜木町駅 → )横浜駅西口( ← 桜木町駅)- 東名綾瀬 - (無停車) - 富士急ハイランド - 河口湖駅 (- 富士山五合目)(相鉄バスと共同運行)
横浜駅西口を発車するレイクライナー
    • 1996年7月20日:夏休み期間限定で「横浜駅西口 - 新横浜駅 - 宮前平駅 - 山中湖 旭日丘 - 富士急ハイランド - 河口湖駅 - 富士西湖パラマウント・パーク」間の運行開始。(富士急行相模鉄道の共同運行)
    • 2007年6月1日:富士急山梨バス(現・富士急バス)より移管。
    • 2016年3月5日:1日1往復のみ桜木町駅発着に延伸。

富士登山シーズンの特定日に1往復を富士山五合目まで延長運転。

YCATを出発する御殿場プレミアムアウトレット行き。
    • 2011年3月11日:それまでの土日祝日のみの運行から毎日運行化。
    • 2011年11月1日:横浜ロイヤルパークホテル延伸。
  • 横浜 - さがみ湖イルミリオン線横浜駅西口 - (無停車) - さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(相鉄バスと共同運行)
横浜駅西口発さがみ湖プレジャーフォレスト行きとなるH2602号車。フジエクスプレス担当便はトイレ無し観光タイプが充当される。
    • 2014年11月29日:相鉄バスと共同で、横浜 - さがみ湖イルミリオン線運行開始。

さがみ湖イルミリオン開催期間の季節運行[9]。後述の横浜 - プレジャーフォレスト線とは別系統であり、プレジャーフォレスト内の停留所の場所も異なる。その為、横浜 - イルミリオン線と横浜 - さがみ湖プレジャーフォレスト線の組み合わせでの往復は、それぞれ片道乗車扱いとなり、往復割引運賃とはならない[12]

  • 横浜 - プレジャーフォレスト線:横浜駅西口 - PICAさがみ湖 - さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(相鉄バスと共同運行)
    • 2019年3月21日:季節限定運行開始。

学校の長期休暇期間のみ運行。前述の横浜 - さがみ湖イルミリオン線とは別系統であり、プレジャーフォレスト内の停留所の場所も異なる。その為、横浜 - プレジャーフォレスト線と横浜 - イルミリオン線の組み合わせでの往復は、それぞれ片道乗車扱いとなり、往復割引運賃とはならない[12]

  • 日吉 - 河口湖線日吉駅東口センター北駅たまプラーザ駅北口バスターミナル市が尾駅 → 御殿場プレミアム・アウトレット → 富士山 山中湖 → 山中局入口 → 山中湖村役場前 → 山中湖 旭日丘 → 富士急ハイランド → 河口湖駅 (東急バスと共同運行)※ 逆方向は東急が担当
  • 特急:日吉駅東口 ← センター北駅 ← たまプラーザ駅 ← 市が尾駅 ← 富士急ハイランド ← 河口湖駅( ← 富士山五合目)(東急バスと共同運行)※ 逆方向は東急が担当
日吉〜河口湖線に充当されるH1619号車(2021年6月24日撮影)
    • 2014年3月1日:運行開始。東急トランセ富士急湘南バスの共同運行。
    • 2015年7月11日:河口湖直行便が夏季のみ富士山五合目まで延伸。
    • 2016年10月1日:東急担当便が東急トランセから東急バス新羽営業所に移管。同時に、河口湖直行便の市が尾駅乗り入れ開始。
    • 2017年3月10日:日吉駅まで路線延伸。
    • 2017年12月1日:御殿場プレミアムアウトレット便が市が尾駅に乗り入れ開始。
    • 2021年4月1日:富士急担当便を富士急湘南バスからフジエクスプレスに移管し、日吉・センター北・たまプラーザ・市が尾~御殿場プレミアム・アウトレット線を富士急ハイランド・河口湖駅まで延伸。
  • イエティ・ぐりんぱ線:日吉駅東口 ← センター北駅 ← たまプラーザ駅 ← 市が尾駅 ← スノータウンYetiぐりんぱ(東急バスと共同運行) ※ 逆方向は東急が担当
    • 2014年12月1日:冬季期間限定でセンター北駅・たまプラーザ駅 - スノータウンYeti・ぐりんぱ間の運行開始。(富士急湘南バスと東急トランセが担当)
    • 2016年12月3日:東急担当便が東急トランセから東急バス新羽営業所に業務移管。
    • 2017年12月2日:日吉駅まで延伸。
    • 2020年12月5日:新型コロナウィルス対策のため、ぐりんぱ休園により、全便イエティ発着となる。
    • 2021年12月18日:富士急湘南バスの横浜市内撤退により、フジエクスプレスへ移管。

江戸川営業所[編集]

東京・河口湖号(富士急行観光時代)
    • 2016年3月1日:【富士急行観光】運行開始。
    • 2021年12月1日:富士急行観光担当便がフジエクスプレス担当となる。
津田沼-御殿場プレミアム・アウトレット線(T1203号車)
    • 2021年10月16日:【富士急行観光】運行開始。
    • 2021年12月1日:富士急行観光担当便がフジエクスプレス担当となる。京成バスが上り便のみ運行を開始し、下り便のみの担当となる。

埼玉営業所[編集]

  • 河口湖ライナー秋葉原駅 - (無停車) - 富士急ハイランド・河口湖駅・遊覧船/ロープウェイ入口・浅川・湖山亭うぶや前・音楽と森の美術館/ほとりのホテルBan・久保田一竹美術館・河口湖自然生活館(京成バス千葉営業所と共同運行)
秋葉原駅を出発する河口湖ライナー
    • 2017年7月15日:【富士急行観光】運行開始。
    • 2021年10月1日:【富士急行観光】『河口湖駅〜河口湖自然生活館』間延長。
    • 2021年12月1日:富士急行観光担当便がフジエクスプレス担当となる。
  • 秋葉原駅 - (無停車) - 御殿場プレミアムアウトレット(京成バス千葉営業所と共同運行)
    • 2021年10月16日:【富士急行観光】運行開始。
    • 2021年12月1日:富士急行観光担当便がフジエクスプレス担当となる。
  • 大宮駅西口・西武バス大宮営業所川越駅西口・西武バス狭山営業所 - 富士急ハイランド・河口湖駅・富士山駅(西武観光バスと共同運行)
  • サンシャインシティプリンスホテル池袋駅東口 - 富士急ハイランド・河口湖駅・富士山駅(西武観光バスと共同運行)
    • 2011年4月29日:【富士急山梨バス】通年運行開始。新たに池袋駅東口経由となり、所沢駅経由を廃止。
    • 2017年4月15日:富士急山梨バス担当便が富士急行観光担当となる。
    • 2017年9月1日:【富士急行観光】池袋駅東口経由便の起終点が大宮駅西口からサンシャインシティプリンスホテルとなる。
    • 2021年12月1日:富士急行観光担当便がフジエクスプレス担当となる。

路線バス[編集]

東京営業所[編集]

コミュニティバスに使用される日野・ポンチョ(2021年8月22日撮影)

コミュニティバス[編集]

PASMO・Suicaおよび相互利用可能な交通系ICカードが利用できる。

港区コミュニティバス「ちぃばす」

渋谷シャトル・大和田シャトル[編集]

PASMO・Suicaおよび相互利用可能な交通系ICカードが利用できる[13][14]
東京都シルバーパスは利用できない[15][16]
フジエクスプレスの公式サイトには、コミュニティバス(ちぃばす[17]・ハチ公バス[18])と横浜タウンバス[19] のページしかなく、渋谷シャトル・大和田シャトルに関しては路線図・運賃などの利用案内が一切ない。
渋谷シャトル
  • SS01 循環渋谷駅日本経済大学前) → 渋谷ガーデンタワー → 青葉台タワー → 渋谷駅ハチ公口 → 渋谷駅(日本経済大学前)
  • SS02 直行:渋谷駅ハチ公口 - (無停車) - 渋谷ガーデンタワー
  • SS03 直行:渋谷駅(日本経済大学前) - (無停車) - 青葉台タワー
  • SS05 直行:渋谷駅ハチ公口 - (無停車) - 青葉台タワー
2012年12月10日運行開始。住友不動産の契約輸送(無料シャトルバス)だったものを一般路線化した。住友不動産のオフィスビル「青葉台タワー」(目黒区青葉台)、「渋谷ガーデンタワー」(渋谷区南平台町)と渋谷駅を結ぶ路線。
平日のみ運行。SS01(循環)は日中、SS02、SS03は朝夜、SS05は夜に運行。
契約輸送時代は住友不動産青葉台タワーのラッピングが施された日野・ポンチョが使用されていたが、その後中型車の日野・レインボーが使用されるようになった。
運賃は全線均一で大人240円(現金・IC運賃同額)[13]、小人120円[16]
2014年4月1日の消費税増税により、大人230円(現金・IC運賃同額)から値上げされた[14]。2019年10月1日の消費税増税では据え置き[13]
大和田シャトル
  • SS04 直行:渋谷駅ハチ公口 - (無停車) - 文化総合センター大和田
2012年12月21日運行開始。2010年6月に開館した渋谷区文化総合センター大和田と渋谷駅を結ぶ路線。
公共施設へのシャトルバスのため運行時間は、渋谷駅発は10時から16時、文化総合センター大和田発は10時から17時まで。
平日・土日祝日も同ダイヤで運行。1時間に3本、20分おきの覚えやすいパターンダイヤとなっている。
途中停留所はなし、乗車所要時間は3分(渋谷駅西口から徒歩でも5分で到着する[20])。
東急バス淡島営業所が運行するハチ公バス 夕やけこやけルート(恵比寿・代官山循環)も渋谷区文化総合センター大和田を経由するが、渋谷区文化総合センター大和田の公式サイトには、ハチ公バス(東急バス)の時刻表しか掲載されていないため注意[20]
「SHIBUYA-OWADA SHUTTLE」の文字が入った専用ラッピングの日野・ポンチョが使用される。
運賃は全線100円均一(現金・IC運賃同額)[13]。2014年4月1日と2019年10月1日の消費税増税でも運賃改定なし[13][14]

横浜営業所[編集]

横浜タウンバス[編集]

横浜タウンバスは2007年4月1日より横浜市営バスの134系統を継承し運行を開始した路線バスである。運行はフジエクスプレス横浜営業所が担当している。現在は、2008年7月8日よりダイワコーポレーションの従業員送迎バスより派生した、新山下・ダイワコーポレーション線と134系統の2路線が存在する。使用車両は全車、赤レンガ倉庫横浜ベイブリッジなどのみなとみらい21の観光名所のピクトグラムが施された専用の中型車が充当され、PASMO・Suicaおよび相互利用可能な交通系ICカードが利用できる。また、横浜市が発行する福祉乗車証「福祉特別乗車証(福祉パス)」「敬老特別乗車証(敬老パス)」が利用できる[21][22][23]
運賃は全線均一で大人220円(現金・IC運賃同額)[13]、小人110円[24]
2014年4月1日の消費税増税で、大人210円(現金・IC運賃同額)から、現金運賃220円・IC運賃216円に値上げ[14]。2019年の消費税増税でIC運賃割引が消滅、現金・ICともに220円均一に値上げされた[13]障害者手帳の提示により、身体障害者知的障害者は運賃割引がある[21]精神障害者への割引制度はないが[21]、横浜市民であれば精神障害者保健福祉手帳の所持者には上述の「福祉特別乗車証(福祉パス)」が交付されるため無料で乗車できる[22]
134系統
  • 桜木町駅前 → 伊勢佐木長者町駅前 → 麦田町みなと赤十字病院 → 本牧 → 三溪園入口 → 大鳥中学校前 → みなと赤十字病院 → 麦田町 → 伊勢佐木長者町駅前 → 桜木町駅前
  • 桜木町駅前 → 伊勢佐木長者町駅前 → 麦田町 → みなと赤十字病院 → 本牧 → 三溪園入口 → 大鳥中学校前
  • 本牧 → 三溪園入口 → 大鳥中学校前 → みなと赤十字病院 → 麦田町 → 伊勢佐木長者町駅前 → 桜木町駅前
桜木町駅から日ノ出町・山元町・麦田町、横浜市立みなと赤十字病院を経由し、本牧地区を結ぶ路線。
2007年3月31日までは横浜市営バスが、桜木町駅前 - 伊勢佐木長者町駅前 - 山元町 - 麦田町 - みなと赤十字病院 - 本牧原 - 本牧元町 - 本牧車庫という経路で運行していたが、翌日からフジエクスプレスが運行を引き継ぎ、本牧地区で循環するように運行経路を変更した。
1時間に1本から2本の運行。朝に2本のみ本牧発の桜木町駅前行き、夜に1本のみ桜木町駅前発本牧経由の大鳥中学校前行きが、平日・土休日を問わず毎日出入庫路線として設定される。
新山下・ダイワコーポレーション線
  • 直通: 桜木町駅前 - (無停車) - 新山下・ダイワコーポレーション前
  • 桜木町駅前 - みなと赤十字病院 - 新山下・ダイワコーポレーション前
ダイワコーポレーション前への直通バス
2008年7月8日運行開始。ダイワコーポレーション新山下営業所への直行便。企業の従業員輸送路線だが一般客も乗車可能。
2013年1月15日より一部の便が横浜市立みなと赤十字病院に乗り入れ開始、通院需要にも対応するようになった。
平日のみ運行。桜木町駅前発は7時台から12時台まで1日4本、ダイワコーポレーション前発は9時から19時まで1日5本運行。
2019年10月1日のダイヤ改正で、利用低迷と乗務員不足を理由に減便。桜木町駅前発は1日3本、ダイワコーポレーション前発は1日4本となり、日中の便が消滅した[24]

過去に運行していた路線[編集]

渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス(神宮の杜ルート)」

契約輸送[編集]

住友不動産の管理する物件への特定輸送車(T1251号車)
住友不動産の管理する物件への特定輸送車(T1251号車)
ヨコソーレインボータワー行き特定バス(T2671号車)
ヨコソーレインボータワー行き特定バス(T2671号車)

水陸両用バス『TOKYO NO KABA』[編集]

アクアシティお台場を発車するT1700号車
東京湾を泳ぐT1700号車
    • 2017年11月27日:運航開始。
    • 2021年7月17日:東京オリンピック・パラリンピックの会場設営の為、ルートを『(アクアシティお台場 →) 有明ガーデン → 豊洲ぐるり公園特設スロープ → (東雲運河)→ 豊洲ぐるり公園 → 有明ガーデン (→ アクアシティお台場)[注釈 1]』に変更となる。
    • 2021年10月2日:お台場ルートの運転を再開(10月1日は台風16号の東京接近に伴い運休)。

TOKYO NO KABAは、2017年11月27日に運航を開始した水陸両用バスである。アクアシティお台場を出発すると、陸路を約25分間走行した後、ヒルトン東京お台場前に設置された専用のスロープを渡り東京湾を約20分間航海する。車両は同じ富士急グループである富士急バスが2011年4月30日から運航している『YAMANAKAKO NO KABA』同様、ドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治がデザインを担当[26]日野・レンジャーをベースに日通商事が製造した[27]。また、東京湾で運航を行うにあたり屋形船の協会に協力を仰ぎ、淡水の山中湖を航海する従来の水陸両用バスとは異なり、海水による錆防止としてシャーシに樹脂コーティングを施し、海上で運行不能になった際の救助用にフックを装備する様アドバイスを受けた。また、スロープには車体に付着した海水を洗い流すための洗浄装置が取り付けられており、車体及び路面の塩害を防止する対策が取られた[28]

車両[編集]

富士急行全体としては日野自動車製の車両が中心であったが、元々高速車では三菱ふそう車も以前から導入しており、高速・貸切専門の営業所であった当営業所は2社の車両が主であった。しかしその後はUDトラックス(旧・日産ディーゼル)車も導入されるようになった。

かつては富士急グループ貸切車全体の看板車「Resort Wind」[注釈 2]として、富士急では唯一のボルボ・アステローペが東京営業所に在籍していた。初代の車両は3台、2代目は1台導入された。2代目は河口湖営業所に転属し、オープントップバス「KABA BUS」に改造されている。

2020年スカニアInterCityDDが2台導入された。同年11月6日より富士五湖線で運用されている[29]

ナンバープレートの分類番号が3桁化されて以降、高速車・路線車・コミュニティバス・貸切車共通で、希望ナンバー(230ナンバー)を導入した。路線バス車両ではAT車が導入されている。

東京営業所には「ちぃばす」用に日野・リエッセCNG車、除籍済)・日野・ポンチョ(2代目、2ドアロングボディ)、日野・レインボーII、「ハチ公バス」「大和田シャトル」用の日野・ポンチョ(2代目、2ドアロングボディ)が導入された。日野・レインボーIIは「ちぃばす」向けのノンステップ車の他に契約輸送用のワンステップ車も導入されており、貸切車に準じたリゾートカラーが施されている。一部の車両は住友不動産のオフィスビル循環バスとしてラッピング装飾が施されている。

横浜営業所には2013年12月現在、横浜タウンバス専用車が5台所属しており、全車が日野自動車製の中型車となっている。このうち4台はレインボーHR(2007年度導入分までは9m車、2008年度導入分は10.5m車)、残る1台は2013年に新たに導入されたレインボーIIとなっており、134系統用にはレインボーHRの9m車とレインボーIIが、新山下・ダイワコーポレーション線用にはレインボーHRの10.5m車がそれぞれ導入されている。塗装は横浜の名所をイメージしたものとなっている。かつては富士急静岡バスから転属した日産ディーゼル・スペースランナーRMが1台、いすゞ・エルガミオが1台所属していたが、2台ともすでに東京営業所や富士急シティバスなどに再転属している。

富士急行観光[編集]

富士急行観光株式会社
FUJIKYUKO KANKO CO.,LTD.
Fuji Kyuko Q Logo.svg
富士急行観光の観光バス
富士急行観光の観光バス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
133-0044
東京都江戸川区本一色2-24-26
設立 1948年昭和23年)10月25日
業種 陸運業
法人番号 3011701012239
事業内容 一般旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 茂木 一郎
資本金 1億円
純利益 ▲1億6901万9000円円
(2021年03月31日時点)[30]
総資産 21億3208万1000円
(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 98名(2016年6月現在)
主要株主 富士急行株式会社 100%
外部リンク https://www.fujikyukokanko.com/
テンプレートを表示

富士急行観光はかつて存在した富士急グループに属するバス会社である。創業は戦後間も無い1948年と非常に古く、2021年11月30日時点で富士急グループのバス会社として最古参であったが、12月1日にフジエクスプレスに吸収合併され消滅し、創業73年の歴史に幕を閉じた。

沿革[編集]

  • 1948年昭和23年)10月25日 - 東京都江東区毛利で貸切バス専業の「平和観光株式会社」として設立。
  • 1951年(昭和26年) - 「平和観光自動車株式会社」に社名変更[31]
  • 1960年(昭和35年) - 富士急行が経営を譲受。
  • 1961年(昭和36年) - 「富士急行観光株式会社」に社名変更[31]。富士急行100%出資の子会社として富士急グループの観光バス事業者となる[31]
  • 1963年(昭和38年) - 大宮営業所を設置。
  • 1993年(平成5年) - 埼玉営業所を岩槻市(現・さいたま市)に移転新設(大宮営業所は廃止)[31]
  • 2007年(平成19年) - 本社を現在地へ移転[31]
  • 2016年(平成28年) - 乗合バス(高速バス)事業開始[31]。富士五湖・富士急ハイランド方面への高速バスを運行する。日本バス協会会員[31]
  • 2021年(令和3年)
    • 10月1日 - 秋葉原-河口湖線の一部を河口湖自然生活館まで延伸[32]
    • 10月16日 - 津田沼・西船橋・秋葉原から御殿場プレミアム・アウトレット行き運行開始。
    • 12月1日 - フジエクスプレスを存続会社として吸収合併され、会社消滅。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ トライアスロン開催日のみ有明ガーデン発着。
  2. ^ 2020年現在、Resort Windの名称はスカニアInterCityDDに与えられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 株式会社フジエクスプレス 第24期決算公告
  2. ^ フジエクスプレス(お気軽クラブ)
  3. ^ 会社概要
  4. ^ 横浜市道路局プレスリリース「横浜市生活交通バス路線の運行事業者が決定しました」より。
  5. ^ 東北新幹線の寸断を人海戦術でつないだ高速バス 舞台裏のドラマ 活きた災害対応の経験 | 乗りものニュース(2021年2月23日)
  6. ^ 高速夜行バス 新東京線(久慈〜盛岡―東京)3月22日(金)運行開始のお知らせ - 岩手県北バスプレスリリース、2013年3月4日。
  7. ^ 久慈-東京に夜行バス 県北自動車22日から - 岩手日報、2013年3月4日。
  8. ^ “【新規高速バス運行開始12/19〜】渋谷駅(マークシティ)・二子玉川駅〜河口湖・富士山駅” (PDF) (プレスリリース), フジエクスプレス, (2014年12月16日), http://bus.fujikyu.co.jp/news/pdf/sibuyasen.pdf 2014年12月20日閲覧。 
  9. ^ a b さがみ湖イルミリオン線 富士急行公式サイト
  10. ^ 東京~盛岡・久慈線(岩手きずな号) 富士急行公式サイト
  11. ^ 岩手きずな号1周年企画第3弾!路線バス乗継割引導入!! 岩手県北バスプレスリリース、2014年3月24日
  12. ^ a b 春休み限定!横浜から、さがみ湖リゾートプレジャーフォレストへの高速バスを毎日運行します(相模鉄道2019年3月11日更新)
  13. ^ a b c d e f g 富士急グループ路線バス(乗合バス)消費税率引き上げに伴う運賃改定の認可申請について フジエクスプレス公式サイト、2019年8月30日
  14. ^ a b c d 消費税率引き上げに伴う路線バス(乗合バス)の運賃改定について フジエクスプレス公式サイト、2014年3月
  15. ^ 東京都シルバーパスのご案内 東京バス協会公式サイト
  16. ^ a b 渋谷シャトル時刻表 フジエクスプレス公式サイト
  17. ^ 乗合バス ちぃばす フジエクスプレス公式サイト
  18. ^ 渋谷区コミュニティバス ハチ公バス フジエクスプレス公式サイト
  19. ^ 横浜タウンバス フジエクスプレス公式サイト
  20. ^ a b 交通アクセス 渋谷区文化総合センター大和田 公式サイト
  21. ^ a b c 横浜タウンバス 運賃のご案内 フジエクスプレス公式サイト
  22. ^ a b 福祉特別乗車証 横浜市公式サイト
  23. ^ 敬老特別乗車証 横浜市公式サイト。東京都シルバーパスは利用できないのに横浜市の敬老パスが利用できるのは、横浜市営バスの民間移譲路線だからであると思われる。
  24. ^ a b 134系統・新山下線ご利用のお客様各位 10月1日付運賃改定とダイヤ改正について フジエクスプレス公式サイト、2019年9月17日
  25. ^ ハチ公バス 「神宮の杜」ルート運行事業者変更のお知らせ”. 東急バス (2021年12月10日). 2021年12月12日閲覧。
  26. ^ 水陸両用バス「TOKYO NO KABA」(観光スポット・イベント情報):JR東日本
  27. ^ 泳ぐバス、走る船って本当にできるの?|ALOZ 日通商事株式会社
  28. ^ TOKYO NO KABA | 富士急行 採用サイト2021
  29. ^ ボディにどーんと北斎富士! スカニア2階建てバス 富士急Gが導入 富士五湖線で”. 乗りものニュース (2020年11月5日). 2020年11月7日閲覧。
  30. ^ 富士急行観光株式会社 第73期決算公告
  31. ^ a b c d e f g 会社案内 富士急行観光公式サイト
  32. ^ 富士急行プレスリリース2021年9月28日

外部リンク[編集]