東京都シルバーパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京都シルバーパス(とうきょうとシルバーパス)は、東京都福祉乗車証である。

概要[編集]

このシルバーパス制度は、2000年(平成12年)の東京都シルバーパス条例(東京都条例第133号)[1]によるものである。前身は東京都シルバーパス交付条例(昭和55年東京都条例第23号)。なお、都営交通の老人無料パスは1973年1月から、他の民間バスも利用可能にしたパスは1974年11月から始められている[2]

この福祉乗車証は東京都内在住で、満70歳以上であればパスの交付を受けることができる。有効期間は毎年10月1日から翌年9月30日までである。パス交付の費用は20,510円(一年間有効)であるが、有効期限が半年以内であれば10,255円となる。ただし、市町村民税(特別区民税含む)非課税者の場合は、期間によらず一律1,000円である[3]

この乗車証を利用することによって、以下に記載された路線バス都営地下鉄を自由に乗り降りでき、交通弱者とされる高齢者の利便を図るものとなっている。 都営地下鉄新宿線の本八幡駅を除き、原則として東京都内での使用に限られているため、以下に示すような他県にまたがる路線バスに乗車する場合は、利用できる区間が東京都内に限られる。

路線バス・都電を利用する際は乗務員にシルバーパスを提示する。運賃前払い式の場合は乗車時に、運賃後払いのときは降車時に提示することとなる。一部バス路線では乗車時に整理券を取らなければならない。

都営地下鉄を利用する際は有人改札通路を利用することとなっていたが、2007年1月よりシルバーパスを自動改札機に投入して利用することも可能となった。日暮里・舎人ライナーも同様に自動改札を利用することになる。

発行受付は都内の路線バス・都営地下鉄の定期券発売所・バス案内所などで行っている。毎年9月のパスの更新時期には各バス事業者が更新受付限定の臨時窓口を設けることがある。

使用できる路線・区間[編集]

東京メトロ各線を運営する東京地下鉄株式会社はこのパスが適用される運送事業者に含まれないため、東京メトロ各線は対象外であるが、都営地下鉄三田線との共用区間である南北線目黒駅白金台駅白金高輪駅相互間は乗車できる。なお、東京都交通局の運営する上野動物園モノレール(休止中)は対象外。

都県境に跨る路線・系統の扱い[編集]

都営地下鉄[編集]

本八幡駅は千葉県市川市に立地するが利用は可能。

路線バス[編集]

他県に跨る路線は都内のみでの乗降となる。他県乗降の場合別途運賃が必要。

例外として西武バスの新座市、和光市の全線都区内運賃を採用している一部の停留所及び、国際興業バスの荒川大橋停留所(川口市)から乗降のどちらかが都内の場合は使用可能。


深夜バスは差額精算の場合と別途全額運賃が必要なところがある。

銀河鉄道や一部のコミュニティバスは使えない。

備考[編集]

紛失による再発行は一回限り認められる。ただし、火災、盗難、災害等による場合はこの限りではない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京都シルバーパス条例
  2. ^ 「来月から都内の全バス お年寄り無料に」『朝日新聞』昭和49年(1974年)10月16日朝刊、13版、22面
  3. ^ 東京都シルバーパス条例施行規則(平成12年東京都規則第340号) 第2条第1項、第2項。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]