ヒルトン東京お台場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京臨海副都心 > お台場 > ヒルトン東京お台場
ヒルトン東京お台場
Hotel Nikkou Tokyo.jpg
ホテル概要
正式名称 ヒルトン東京お台場
運営 ヒルトンワールドワイド
階数 地下1階 - 地上16階
部屋数 453室
開業 1996年3月12日
最寄駅 ゆりかもめ台場駅
最寄IC 首都高速湾岸線臨海副都心出入口
所在地 〒135-8625
東京都港区台場一丁目9番1号
位置 北緯35度37分34.7秒
東経139度46分14.4秒
座標: 北緯35度37分34.7秒 東経139度46分14.4秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ヒルトン東京お台場(ヒルトンとうきょうおだいば、英称:Hilton Tokyo Odaiba)は東京都港区台場に所在するシティホテル2015年10月1日ホテル日航東京(ホテルにっこうとうきょう、英称:Hotel Nikko Tokyo)から改名された[1]

2014年12月5日、「ミシュランガイド東京2015」の「快適なホテル格付け順」で、「赤い家マーク4つ」を獲得した。

施設概要[編集]

当施設については台場駅を挟んだ向かいのホテル・グランパシフィック・メリディアン(現:グランドニッコー東京 台場)と共に、世界都市博覧会に間に合わせるために臨海副都心に建設していた。キャッチコピーは「大人を愉しむ、東京リゾート。」

建築家:長尾宜子の設計による建物は帆船が風をはらんで帆を広げたイメージとなっていて、全ての客室にバルコニーが設けられるなどアーバンリゾート型ホテルとなっている。全室海を見渡せるが、客室は大きく分けてレインボーブリッジ方面と品川埠頭大井埠頭方面(日航東京時代は「ポートビュー」、「パークビュー」と称した)の2方向に分かれる。

客室は5階から15階にあり、レインボーブリッジに面した客室は海岸沿いにあるため視界を遮るものはない。宴会場チャペルも完備され、ウエディングは年間1000件以上行われている[2]

2階メインロビー前の車寄せはロータリーの進行方向とは逆のスロープを登らねばならず、一般客は乗り入れられないようになっている。

宿泊[編集]

  • 総客室数:453室
  • 収容人員:906名

付帯施設[編集]

  • レストラン&バー (2・3F)
  • 大宴会場
  • 宴会場
  • スパ

アクセス[編集]

台場駅を接続する形で各方面へペデストリアンデッキが整備されている。駅周辺は立体だが各場所で1階、道路にも降りられる。

    アクアシティお台場                フジテレビ   センタープロムナード ― 東京テレポート駅
              |                    |       |
お台場海浜公園 ― + ― ウェストプロムナード ― + ―  ― + ←→ テレコムセンター
              |                    |
  ヒルトン東京お台場2階  -  台場駅  -  グランドニッコー東京 台場2階

鉄道[編集]

バス路線[編集]

その他[編集]

経営会社[編集]

当ホテルはバブル期の1988年に打ち出された「世界都市博覧会」構想で、殆ど未開発地帯で占められていた東京テレポートセンター(現在の東京臨海副都心)地区を開催地とした事から、都らの誘致により1991年日本航空出資の経営会社「東京ヒューマニアエンタプライズ株式会社」を設立。運営はJALホテルズへ委託する形で、1996年3月にホテル日航東京の名称で臨海副都心の宿泊施設第一号として開業した。

しかし、世界都市博覧会開催は1995年に都知事に当選した青島幸男の公約により撤回され、当時の周辺はUR賃貸住宅東京都住宅供給公社の公社住宅、台場フロンティアビルデックス東京ビーチなどしか建設されなかった(斜向かいのホテルグランパシフィック・メリディアンは一旦建設を中断し1998年に開業した)。

開業当初より未曾有の平成不況が深刻化する過程であったため、バブル期に計画されたホテル建設費用を含めた有利子負債額が膨らみ、2004年2月にヒューマニア社は民事再生法を申請し事実上倒産。産業活力再生措置法に基づく事業再構築計画により第三者割当増資債務の株式化を実施し、営業を継続した。

その後、経営再建が急務となっていた日本航空は、ヒューマニア社の再構築実施計画が終了する2007年3月に同社保有全株を、米投資ファンドエートス・キャピタルに約250億円で売却しJALグループの保有不動産から離脱。共同出資している伊藤忠商事も持株分を段階的に売却。2015年3月20日にはヒルトン・ワールドワイドとのマネジメント契約を締結し、同年10月1日よりホテル名もヒルトン東京お台場に変更された[1]

なお、オークラ ニッコー ホテルマネジメント(旧:JALホテルズ)は、2016年5月に京浜急行電鉄からホテルグランパシフィック株式を取得、同年7月1日に当ホテル近隣にある「ホテルグランパシフィック LE DAIBA」を「グランドニッコー東京 台場」にリブランドした[3]

周辺施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 10月1日よりホテル日航東京は「ヒルトン東京お台場」に生まれ変わります Hotel Nikko Tokyo to re-brand as Hilton Tokyo Odaiba from October 1”. News. ホテル日航東京. 2015年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月14日閲覧。
  2. ^ ホテル日航東京 ホテル開業15年目にして最速で1,000件を達成”. ウエディングビジネスニュース (2011年8月16日). 2016年4月26日閲覧。
  3. ^ グランドニッコー東京 台場 7月1日開業”. オークラ ニッコー ホテルマネジメント (2016年4月26日). 2016年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]