水戸岡鋭治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みとおか えいじ
水戸岡 鋭治
Eiji Mitooka Mt.Fuji station Opening Ceremony 20110701.jpg
富士山駅改名時の式典にて(2011年7月1日)
生誕 (1947-07-05) 1947年7月5日(73歳)
日本の旗 日本岡山県岡山市
職業 インダストリアルデザイナー
団体 ドーンデザイン研究所
肩書き 九州旅客鉄道(JR九州)デザイン顧問、両備グループデザイン顧問
受賞 第59回 菊池寛賞

水戸岡 鋭治(みとおか えいじ、1947年7月5日 - )は、日本インダストリアルデザイナー(工業デザイナー)、イラストレーター

岡山市吉備津(現:北区)出身[要出典]。ドーンデザイン研究所代表取締役。九州旅客鉄道(JR九州)デザイン顧問、両備グループデザイン顧問、おかやま夢づくり顧問。公益財団法人石橋財団理事[1]。旅の文化研究所[2]運営評議委員および同研究所が選定する「旅の文化賞」選考委員[3]

経歴[編集]

岡山県で家具店の長男として生まれる。幼い頃は窓から外を眺めるのが好きで、勉強も運動も苦手だったが、絵を描くのが得意で、周りの人が褒めてくれるのが楽しくて、自然にどんどん描くようになった。家具店の跡取りとなることを見越して、親も油絵や石膏デッサンなどの習い事を積極的にさせてくれたという[4]。のんびりしていて不器用で鈍臭い少年だったため、アダ名は「鈍治(ドンジ)」であった。彼はこのアダ名を現在でも大変気に入っており、後に設立した「ドーンデザイン研究所」の名前の由来になっている。

岡山県立岡山工業高校インテリア科卒[5]。高校卒業後、親の紹介で大阪のデザイン会社に就職、3年勤めた後、家業を継ぐため岡山に帰郷しようとするも、父親から、「散々お世話になったのだから、しばらくはお礼奉公をしなさい」と言われたこともあり、退職後も家具店とのダブルワークで頻繁に大阪で仕事をしていた。ある日大阪の会社の社長から勧められ、24歳にしてミラノのデザイン事務所に勤めることとなるが、4か月で退職、1年半ほど鉄道の周遊パスを利用しヨーロッパ中を放浪した後[4][6]、帰国し東京でぶらぶらしていたところ、次第に仕事が入り、1972年、家業を弟に任せ、東京でドーンデザイン研究所を設立[4][5]。家具や建築のデザインを中心に行う[5]

彼が脚光を浴び始めたのは、九州旅客鉄道(JR九州)の車両デザインである。福岡市福岡地所の「ホテル海の中道」のアートディレクションを手がけた際、1987年4月、同ホテルのお披露目午餐会に招かれた時に、偶然同席した石井幸孝JR九州社長(当時)から直接依頼されたことを機に、同社の列車・駅・広告のデザインに携わることとなる[7][5]。最初に手がけたのは、博多駅から西戸崎駅海の中道)へ向かう香椎線用のジョイフルトレインアクアエクスプレス」で、ボロボロだったキハ58系気動車キハ28系気動車を大胆に改造し、1988年7月に完成した[4][7]。その後、熊本駅改装(旧駅舎)、キハ200形気動車のデザインを行った。

1992年の787系電車つばめ」は、ブルーリボン賞ブルネル賞といった鉄道関連の賞だけでなく、グッドデザイン認定や松下電工(現:パナソニック電工)のライティングコンテスト最優秀賞などを受賞、国内外から高い評価を得た[5]

1995年には奇想天外なデザインで話題となった883系電車ソニック」、2000年にはオール革張りシートにフローリング床の組合せで登場した在来線特急の集大成と言われる885系電車かもめ」、2004年には西陣織のシート、い草、さらには金箔(1000番台・2000番台)といった和のテイストを持ち込んだ九州新幹線800系電車「つばめ」を生み出し、JR九州が標榜した鉄道ルネッサンスを具現化していった。

また、一旦は衰退した寝台列車の復活を目指していると語っている[8]。実際、2013年10月に九州内を巡るクルーズトレイン(豪華寝台列車)「ななつ星in九州」の運行が開始された[5]

故郷岡山では、市民グループ「路面電車と都市の未来を考える会」(RACDA)からの要望を受け、両備グループ岡山電気軌道に初めて導入された超低床電車「MOMO」のデザインを担当。この後、両備グループデザイン顧問に就任し、両備ホールディングス岡山電気軌道のバス、両備フェリーのフェリーおりんぴあ どりーむ」、両備不動産の分譲マンションのデザインを行った。

その他、和歌山電鐵の「たま電車」や富士急行の「富士登山電車」、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)の「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」のデザインを手がけるなどしている。

2010年、「地域の伝統的な美を巧みに取り入れた話題性の高い数々の鉄道車両をデザインすることにより、公共交通移動空間における文化の創造に尽力した」ことで、第54回交通文化賞を受賞。2011年、「九州新幹線など数々の斬新な鉄道デザインを手掛け、列車旅の世界を革新した」として、第59回菊池寛賞を受賞。同年、「JR九州の車両デザインをはじめとする公共デザイン」で、毎日デザイン賞を受賞。

作品[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)[編集]

※子会社を含む

新規[編集]

鉄道車両
建築物

改造・リニューアルなど[編集]

鉄道車両
建築物
その他

両備グループ[編集]

富士急行グループ[編集]

その他[編集]

建築物[編集]

さいたまスーパーアリーナ

鉄道車両[編集]

バス[編集]

その他の乗り物[編集]

地方公共団体[編集]

  • 板橋区オフィシャルロゴ、区制施行80周年ロゴマーク(2012年)
  • 板橋区役所本庁舎ギャラリーモール(2015年)

書誌情報[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 石橋財団 役員一覧”. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ 近鉄グループの移動・旅・観光に関する研究機関
  3. ^ 旅の文化研究所”. 2017年4月8日閲覧。
  4. ^ a b c d “物語のつくりかた 第16回 水戸岡鋭治さん(インダストリアル・ デザイナー)”. 小説丸 (小学館). (2019年9月2日). https://www.shosetsu-maru.com/storybox/monogatari/16 2020年5月15日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 「水戸岡鋭治の「常識を疑う仕事術」」『THE21』2014年6月号、PHP研究所、2014年、 [要ページ番号]
  6. ^ 一志治夫デザイナー・水戸岡鋭治氏インタビュー「ファンを生み出す列車のつくり方」」『プレジデント』2012年8月13日号、プレジデント社、2012年、2014年5月10日閲覧。
  7. ^ a b “【九州の礎を築いた群像 JR九州編(4)】創生期編(2) デザインで勝負 今に続く観光列車のDNA”. 産経ニュース (産経デジタル). (2014年2月1日). https://www.sankei.com/smp/life/news/140201/lif1402010002-s.html 2020年5月15日閲覧。 
  8. ^ 共同通信社 2011年1月30日[リンク切れ]
  9. ^ ロープウェイ案内”. 身延山ロープウェイ. 2012年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月2日閲覧。
  10. ^ 笠沙恵比寿とは”. 笠沙恵比寿. 2017年2月2日閲覧。
  11. ^ “富山地鉄・宇奈月温泉駅に足湯「くろなぎ」竣工式”. 北國新聞. 北國新聞社. (2016年4月15日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/TO20160415511.htm 2017年2月2日閲覧。 
  12. ^ しまんトロッコ号デザイン一新リニューアル!! (PDF)”. 四国旅客鉄道株式会社. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月2日閲覧。
  13. ^ 観光列車「ろくもん」のデザイン等について”. しなの鉄道 (2014年1月21日). 2014年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月2日閲覧。
  14. ^ 水戸岡鋭治氏デザイン新・連節バス発表! (PDF)”. 岐阜バス (2016年9月15日). 2017年2月2日閲覧。
  15. ^ “中心市街地循環バス「大分きゃんバス」を水戸岡鋭治氏のデザインでリニューアル” (プレスリリース), 大分バス株式会社・大分交通株式会社, (2018年2月26日), http://wp.oitakotsu.co.jp/wp-content/uploads/2018/02/20180226newsrelease.pdf 2018年4月5日閲覧。 
  16. ^ #IKEBUKURORED”. 2019-010-18閲覧。
  17. ^ 東京都豊島区池袋副都心内を回遊する電気バスに採用されます”. 2019-010-18閲覧。

外部リンク[編集]