小布施町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おぶせまち
小布施町
Chestnut wood block pavement at Obuse (Scenery).jpg
栗の小径
小布施町旗 小布施町章
小布施町旗 小布施町章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
上高井郡
市町村コード 20541-9
法人番号 3000020205419 ウィキデータを編集
面積 19.12km2
総人口 10,501[編集]
推計人口、2020年8月1日)
人口密度 549人/km2
隣接自治体 長野市須坂市中野市上高井郡高山村
町の木 クリ
町の花 リンゴ
小布施町役場
町長 市村良三
所在地 381-0297
長野県上高井郡小布施町大字小布施1491番地2
北緯36度41分51秒東経138度18分43.6秒
Obuse town-office.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

小布施町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

小布施町(おぶせまち)は、長野県の北東に位置する。長野県内で最も面積の小さい自治体である。

葛飾北斎をはじめとする歴史的遺産を活かした町づくりを行っており、今や北信濃地域有数の観光地として認知度も高くなっている[要出典]。本項では町制前の名称である小布施村(おぶせむら)についても述べる。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

鳥羽後白河院政期に出された荘園の保護を求める申請書に高井野牧東条荘などの名が見られる。

元暦元年(1184年)2月、敗戦で領地を失っていた平繁雅に旧領であった東条荘狩田郷の領主職への復活を源頼朝が認めた。

室町時代の10年間続いた「応永の平和」と言われる時期に浄光寺薬師堂が建立されている。

信濃国が室町幕府の直接統治を受けた時期に、この地の支配者であった高梨左馬助朝秀が所領の実態究明を迫る幕府代官の命に反抗して町域及び近隣各地を戦場とした。応仁3年、高梨政高と井上政家との間で狩田郷の領有を巡る争奪戦の舞台となった。高梨氏は戦国時代までこの地を支配していたが、越後の上杉氏に臣従し、上杉氏が豊臣政権により会津に移封されたことに伴い、この地を去った。

戦国時代の猛将福島正則徳川幕府によって広島藩50万石から川中島藩2万石に減封されて終焉の地となった。

1742年戌の満水・寛保の大水とも言われる千曲川の大洪水で町域にも広く被害が及んだ。

幕末には、豪商高井鴻山が招いた葛飾北斎佐久間象山小林一茶ら当時の一流文人との交流の地となった。

沿革[編集]

  • 明治22年4月1日 - 町村制の施行により、小布施村・福原村・大島村・飯田村・山王島村・北岡村・押羽村の区域をもって小布施村が発足。
  • 昭和29年2月1日 - 小布施村が町制施行して小布施町となる。
  • 昭和29年11月1日 - 都住村と合併し、改めて小布施町が発足。

人口[編集]

Demography20541.svg
小布施町と全国の年齢別人口分布(2005年) 小布施町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 小布施町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

小布施町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

常備消防事務は須坂市消防本部に委託している。

歴代町長[編集]

  • 冨田啓介(1954年 10日間)
  • 鶴田博友(1954年から1961年まで 2期目任期中に病気のため辞職)
  • 内山一郎右衛門(1961年から1969年まで 2期)
  • 市村郁夫(1969年から1979年まで、元・長野県議会副議長、3期目任期中の1979年12月30日死去 ※現町長・良三の伯父にあたる)
  • 中村功(1980年から1984年まで 1期)
  • 葦澤明義(1984年から1988年まで 2期目任期中の1989年12月5日死去)
  • 唐沢彦三(1989年から2005年まで 4期 ※観光カリスマ
  • 現職:市村良三2005年1月22日就任 4期目 ※観光カリスマ)

町議会[編集]

  • 議長:関 悦子
  • 議員定数:14人
  • 議員任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日

経済[編集]

産業[編集]

小布施栗
  • 観光業
  • 農業(りんごぶどうなど)
  • 製菓業
    • 1987年(昭和62年)、北斎館などがある町並修景地区に、和菓子店小布施堂本店が開業した。その後、桜井甘精堂や栗庵風味堂など他の和菓子店も町並修景地区に隣接して店舗を構え、和風に整備された修景地区の景観に一体感を与えている。小布施町内には9つの和菓子店があり、特に栗かの子栗金団栗落雁などを使った土産菓子銘菓)の製造が盛んである。
本社を置く企業

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

幼稚園・保育園[編集]

  • 町立つすみ保育園
  • 町立栗ガ丘幼稚園
  • 町立わかば保育園

交通[編集]

小布施駅
道の駅オアシスおぶせ
小布施パーキングエリア

鉄道路線[編集]

長野電鉄
  • 中心となる駅:小布施駅

路線バス[編集]

道路[編集]

一般道路は、町内を南北に国道403号が通過し、千曲川の対岸地域に僅かながら国道18号が通過している。高速道路上信越自動車道が通過し、小布施パーキングエリアハイウェイオアシスが設置されている。開業当初、町内にインターチェンジは設置されていなかったが、2005年(平成17年)4月24日から2006年3月31日まで、小布施パーキングエリアにおいてスマートインターチェンジETC専用インターチェンジ)の社会実験を実施。2006年10月から小布施スマートインターチェンジとして正式に稼動している。

高速道路
一般国道
県道
その他の道路
道の駅

名所・旧跡・観光スポット[編集]

小布施町立図書館まちとしょテラソ
岩松院
千曲川の洪水水位標(小布施町押羽)

美術館・博物館[編集]

町内には12の美術館・博物館が存在する。「北斎館」が完成した1976年(昭和51年)には町内の美術館・博物館への入館者数は5万人ほどだったが、町並修景事業が行われた1980年代半ばに入館者数が大きく増加し、年間30 - 40万人を集めた。1993年(平成5年)の上信越自動車道須坂長野東IC開通時と1997年(平成9年)の北陸新幹線一部先行開業時にピークを迎え、両年には90万人前後の入館者を集めた。その後は漸減傾向にあるものの、60 - 70万人ほどの入館者がある。

図書館[編集]

温泉[編集]

  • おぶせ温泉

旧跡[編集]

祭事・催事[編集]

  • 1月 - 安市
  • 4月 - 境内アート小布施
  • 7月 - くりんこ祭り
  • 11月 - 北信濃小布施映画祭

2017年・2018年9月、町内でスラックラインの全国大会が開催された[2]

郵便[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 「町並修景と一体となった小布施町―栗菓子ブランドの形成」 関満博・及川孝信編書『地域ブランドと産業振興』、新評論

関連項目[編集]

外部リンク[編集]