荒井広宙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒井 広宙 Portal:陸上競技
Hirooki Arai Médaillés du 50 km marche (36180448400) (cropped).jpg
選手情報
フルネーム あらい ひろおき
ラテン文字 Hirooki Arai
国籍 日本の旗 日本
種目 競歩
所属 富士通陸上競技部
大学 福井工業大学
生年月日 (1988-05-18) 1988年5月18日(33歳)
出身地 長野県上高井郡小布施町[1]
身長 180cm
体重 62kg
成績
国内大会決勝 日本選手権
50km競歩 優勝 (2015年2017年)
自己ベスト
20km競歩 1:19:00 (2019年)
50km競歩 3:40:20 (2015年)
獲得メダル
陸上競技
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 50kmW
世界選手権
2017 ロンドン 50kmW
世界競歩チーム選手権
2018 太倉 50kmW
編集 テンプレートのヘルプを表示する

荒井 広宙(あらい ひろおき、1988年5月18日 - )は、日本競歩選手。長野県上高井郡小布施町[1]出身。福井工業大学卒業。現在は富士通陸上競技部に所属。2016年リオデジャネイロオリンピック男子50km競歩銅メダリスト。2017年世界陸上ロンドン大会男子50km競歩銀メダリスト[2]

経歴[編集]

長野県中野実業高等学校2年から競歩を始めた。福井工業大学を卒業後、石川県内のホテル(北陸亀の井ホテル)に所属して競技を続けた。2011年世界陸上50km競歩に出場して10位になったが、2012年ロンドンオリンピックへの出場は叶わなかった。

2013年より自衛官となり自衛隊体育学校に所属。2015年4月、日本選手権50km競歩で自己ベスト(3時間40分20秒)をマークして初優勝[3]同年8月の世界陸上50km競歩では4位入賞を果たした。さらに2016年日本選手権50km競歩でオリンピック派遣設定記録を上回り、同年のリオデジャネイロオリンピック50km競歩日本代表に選出された。リオ五輪では3時間41分24秒で銅メダルを獲得した(後述)。日本競歩界で初の五輪メダルとなったほか、長野県出身者としては初の夏季オリンピック個人種目の男子選手のメダリストともなった[注 1]埼玉県から彩の国功労賞を受賞。

2017年4月、日本選手権50km競歩で2年ぶり2度目の優勝。同年8月の世界陸上50km競歩では銀メダルを獲得。

2018年5月、IAAF世界競歩チーム選手権大会のシニア男子50kmで個人優勝し、団体でも金メダルを獲得[4]

富士通でコーチを務める今村文男の指導を仰ぐため[5]、2019年1月末で自衛隊を退職。同年2月17日、埼玉陸協の選手登録で日本選手権20km競歩に出場し、同種目の自己ベスト(1時間19分00秒)をマーク[6]。同年4月1日に富士通へ入社。

エピソード[編集]

リオ五輪では3位でゴールインしたが、レースの最終盤でカナダエバン・ダンフィーに一度抜かれた荒井が再び抜き返そうとした際に腕と肩付近が接触したとして、カナダチームが反則であると抗議。審判長により抗議が認められ荒井は失格処分となった。しかし、その後日本陸上競技連盟側が不服として上訴し、国際陸上競技連盟の理事5人の裁定により再度一転し、荒井が銅メダルを獲得した。荒井は「ゴールしてカナダが抗議したと聞いて、失格になるかと思ったが、皆さんのおかげ、無事確定しました」「悪いこと(失格になるようなことをした)とは思ってなかった。レース後、カナダの選手から謝ってきてハグした。選手同士に問題はなかった」と状況を振り返った[7]

主な成績[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 女子選手ではバドミントン奥原希望が初である。

出典[編集]

  1. ^ a b “五輪競歩代表決定 県勢から2人 20キロ藤沢、50キロは荒井”. 信毎web (信濃毎日新聞社). (2012年4月19日). http://www.shinmai.co.jp/feature/2016olympic/2016/04/post-28.html 2016年8月19日閲覧。 
  2. ^ 男子50キロ競歩で銀・銅 世界陸上、20キロは藤沢11位が最高”. 日本経済新聞 (2017年8月14日). 2020年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 第99回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。
  4. ^ 第28回世界競歩チーム選手権 兼 ジャカルタ2018アジア競技大会 男子50km競歩日本代表選手選考競技会”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月23日閲覧。
  5. ^ 東京2020オリンピック 選手一覧 荒井 広宙”. NHK. 2021年4月23日閲覧。
  6. ^ a b 成績記録表”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月14日閲覧。
  7. ^ “競歩・荒井、接触選手から「謝ってきてハグした」 選手間に問題なし”. デイリースポーツonline (株式会社デイリースポーツ). (2016年8月20日). http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/20/0009407137.shtml 2016年8月20日閲覧。 
  8. ^ 【競歩】荒井広宙V、日本勢表彰台独占. 産経新聞.(2018年5月5日)2018年5月5日閲覧
  9. ^ 第95回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  10. ^ 第96回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。
  11. ^ 第96回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  12. ^ 第97回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  13. ^ 第98回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。
  14. ^ 第98回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  15. ^ 第99回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  16. ^ 第100回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。
  17. ^ 第100回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  18. ^ 第101回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。
  19. ^ 第101回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  20. ^ 第103回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。
  21. ^ 第103回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月15日閲覧。
  22. ^ 第105回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]