半保護されたページ

諏訪郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長野県諏訪郡の範囲(1.下諏訪町 2.富士見町 3.原村)

諏訪郡(すわぐん)は、長野県信濃国)の

人口40,220人、面積254.89km²、人口密度158人/km²。(2021年9月1日、推計人口

以下の2町1村を含む。

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記2町1村に岡谷市諏訪市茅野市を加えた区域にあたる。

歴史

  • 和名類聚抄に見える名は土武、佐補、美和、桑原、山鹿、弖良と記述され、このうち佐補、美和、弖良は中世以降、伊那郡に所属したと比定されている[1]。また諏訪大明神絵詞には「信州に至り給し時、伊那郡と諏訪郡の堺に大田切と云所にて」との記述があり、また『修補諏訪氏系図』には「近代迄伊那郡に於ける北部にして諏訪郡に接続せる村里を外の諏訪郡と呼称せしことあり」と記述されていることから、古代においては大田切川以北、現在の上伊那郡北部も当郡に含まれていたことが推察される。
  • 戦国時代以前は甲斐国巨摩郡との国境が、現在の甲六川ではなく、立場川であったとする伝承がある。
  • 郡衙は岡谷市長地の榎垣外遺跡に比定されている。
  • 天保5年2月6日1834年3月12日) - 諏訪藩の内示により、元来「諏方郡」とも書かれていた表記が諏訪郡に統一。

近世以降の沿革

知行 村数 村名
藩領 信濃高島藩 2町
143村
神戸村、赤沼村、飯島村、上金子村、新井村、上赤田新田村、下赤田新田村、中河原村、横内村、上原村、塚原村、向河原新田村[2]、矢ヶ崎村、粟沢村、下古田村、宮原新田村、福沢村、埴原田村、鋳物師屋新田村、北大塩村、一本木新田村、塩沢村、芹ヶ沢村、中村、●湯川村、堀新田村、南大塩村、塩之目村、上古田村、中込新田村、中沢村、山田新田村、金沢村、大沢新田村、大池新田村、柏原村、金山新田村、糸萱新田村、笹原新田村、須栗平新田村、新居新田村、白井手新田村、山口新田村、上菅沢新田村、下菅沢新田村、上場沢新田村、大日影新田村、御作田新田村、槻木新田村、小屋場村、中道村、子ノ神新田村、菊沢村、穴山村、大久保村、柳沢村、八ツ手新田村、払沢新田村、柏木新田村、中新田村、室内新田村、菖蒲沢新田村、木舟新田村、川久保新田村、青柳新田村、福島村、下金子村、中金子村、田辺村、文出村、小川村、有賀村、上野新田村、覗石新田村、北真志野村、板沢新田村、南真志野村、椚平新田村、後山新田村、大熊村、●神宮寺村、安国寺村、茅野村、舟久保新田村、二久保新田村、大河原新田村、下河原新田村、坂室新田村、御射山神戸村、栗生新田村、松目新田村、大平新田村、若宮新田村(現・富士見町)、木間村、休戸村、先能村、木戸口新田村、とちの木新田村[3]、花場新田村、横吹新田村、瀬沢村、机村、平岡村、神代村、烏帽子新田村、上蔦木村、下蔦木村、田端村、先達村、小東村、森新田村、葛久保村[4]、池袋村、高森村、乙事村、瀬沢新田村、立沢村、小六新田村、下桑原村[5]、大和村、高木村、富部村、下諏訪町[6]、友之町[7]、●下原村[8]、東山田村、西山田村、今井村、東堀村、西堀村、小梅沢新田村、若宮新田村(現・岡谷市)、小井川村、小口村、岡谷村、三沢村、新倉村、駒沢村[9]、鮎沢村、橋原村、花岡村、小坂村、上桑原村、田道新田村、小和田村[10]
その他 諏訪大社 7村 久保村、武居村、高部村、北久保新田村、田沢村、丸山新田村、神之原村
明治7・8年の合併
  • 上諏訪村 ← 大和村、下桑原村、小和田村(明治7年10月13日
  • 下諏訪村 ← 下諏訪町、友之町、下原村、久保村、武居村、富部村、高木村(明治7年10月9日
  • 川岸村 ← 橋原村、鮎沢村、駒沢村、三沢村、新倉村(明治7年10月25日
  • 平野村 ← 岡谷村、小口村、小井川村、今井村、若宮新田村(現・岡谷市)、小梅沢新田村、西堀村(同上)
  • 長地村 ← 東山田村、西山田村、東堀村(明治7年10月9日)
  • 四賀村 ← 上桑原村、赤沼村、飯島村、神戸村(明治7年10月13日)
  • 永明村 ← 上原村、横内村、塚原村、矢ヶ崎村(明治7年10月9日)
  • 米沢村 ← 埴原田村、鋳物師屋新田村、北大塩村、一本木新田村、塩沢村(明治8年3月7日
  • 北山村 ← 柏原村、湯川村、芹ヶ沢村、糸萱新田村(同上)
  • 湖東村 ← 中村、笹原新田村、須栗平新田村、堀新田村、金山新田村、新居新田村、山口新田村、上菅沢新田村、白井手新田村(明治8年2月18日
  • 豊平村 ← 下菅沢新田村、福沢村、南大塩村、塩之目村、下古田村、上古田村、宮原新田村、中込新田村、御作田新田村(同上)
  • 玉川村 ← 山田新田村、中沢村、田道新田村、粟沢村、神之原村、子ノ神新田村、菊沢村、穴山村、北久保新田村(明治7年11月25日
  • 泉野村 ← 中道村、小屋場村、槻木新田村、上場沢新田村、大日影新田村(明治8年3月7日)
  • 原村 ← 大久保村、柳沢村、八ツ手新田村、払沢新田村、柏木新田村、菖蒲沢村、中新田村、室内新田村(明治8年1月23日
  • 本郷村 ← 乙事村、立沢村(明治8年3月7日)
  • 境村 ← 田端村、先達村、葛窪村、池袋村、高森村、小六新田村(明治8年3月7日)
  • 落合村 ← 上蔦木村、下蔦木村、神代村、平岡村、机村、瀬沢村、瀬沢新田村、先能村、木戸口新田村、烏帽子新田村(明治7年10月25日)
  • 富士見村 ← 木間村、休戸村、花場新田村、横吹新田村、とちの木新田村[3]、若宮新田村(現・富士見町)、松目新田村、大平新田村、栗生新田村、御射山神戸村(同上)
  • 金沢村 ← 金沢村、木舟新田村、大池新田村、大沢新田村、川久保新田村、青柳新田村(明治7年11月7日
  • 宮川村 ← 丸山新田村、田沢村、二久保新田村、舟久保新田村、坂室新田村、茅野村、向河原新田村、大河原新田村、下河原新田村、中河原村、安国寺村、新井村、上赤田新田村、下赤田新田村、高部村(同上)
  • 中洲村 ← 神宮寺村、上金子村、中金子村、下金子村、福島村(明治7年10月22日
  • 湖南村 ← 北真志野村、南真志野村、大熊村、田辺村、後山新田村、板沢新田村、椚平新田村(同上)
  • 豊田村 ← 有賀村、上野新田村、覗石新田村、文出村、小川村(同上)
  • 湊村 ← 小坂村、花岡村(明治7年10月25日)
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により長野県の管轄となる。
  • 明治12年(1879年1月4日 - 郡区町村編制法の長野県での施行により、行政区画としての諏訪郡が発足。郡役所を上諏訪村に設置。
  • 明治16年(1883年) - 本郷村が分割されて乙事村・立沢村となる。

町村制以降の沿革

諏訪郡役所
1.上諏訪村 2.下諏訪村 3.川岸村 4.平野村 5.長地村 6.四賀村 7.永明村 8.米沢村 9.北山村 10.湖東村 11.豊平村 12.玉川村 13.泉野村 14.原村 15.本郷村 16.境村 17.落合村 18.富士見村 19.金沢村 20.宮川村 21.中洲村 22.湖南村 23.豊田村 24.湊村(紫:諏訪市 桃:岡谷市 赤:茅野市 橙:富士見町 黄:下諏訪町 青:合併なし)

変遷表

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和25年 昭和26年 - 昭和30年 昭和31年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
  平野村 平野村 昭和11年4月1日
改称市制
岡谷市
岡谷市 岡谷市 岡谷市 岡谷市
湊村 湊村 湊村 昭和30年1月1日
岡谷市に編入
川岸村 川岸村 川岸村 昭和30年2月1日
岡谷市に編入
長地村 長地村 長地村 長地村 昭和32年3月25日
岡谷市に編入
上諏訪村 明治24年4月28日
町制
上諏訪町
昭和16年8月10日
諏訪市
諏訪市 諏訪市 諏訪市 諏訪市
豊田村 豊田村
四賀村 四賀村
湖南村 湖南村 湖南村 昭和30年4月1日
諏訪市に編入
中洲村 中洲村 中洲村
永明村 永明村 昭和23年5月3日
改称
ちの町
昭和30年2月1日
茅野町
昭和33年8月1日
茅野市
茅野市 茅野市
宮川村 宮川村 宮川村
金沢村 金沢村 金沢村
玉川村 玉川村 玉川村
豊平村 豊平村 豊平村
泉野村 泉野村 泉野村
北山村 北山村 北山村
湖東村 湖東村 湖東村
米沢村 米沢村 米沢村
下諏訪村 明治26年6月30日
町制
下諏訪町
下諏訪町 下諏訪町 下諏訪町 下諏訪町 下諏訪町
富士見村 富士見村 富士見村 昭和30年4月1日
富士見町
富士見町 富士見町 富士見町
境村 境村 境村
本郷村 本郷村 本郷村
落合村 落合村 落合村
原村 原村 原村 原村 原村 原村 原村

行政

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 坂本俊秀 明治12年(1879年)1月4日
2 鳥居義処 明治19年(1886年)8月
3 坂本俊秀 明治23年(1890年)10月 初代の再任
4 小島義知 明治30年(1897年)4月
5 平林斧吉 明治33年(1900年)3月
6 山中助蔵 明治33年(1900年)12月
郡長代理 藤原光蔵 明治37年(1904年)1月
7 広長本光 明治38年(1905年)1月
8 長田章 明治41年(1908年)12月 明治42年(1909年)10月29日 在任中に死去[11]
9 犬童長豊 明治43年(1910年)1月
10 竹下源六 明治45年(1912年)6月
11 平川房吉 大正3年(1914年)9月
12 佐藤三男 大正10年(1921年)3月
13 阿蘇温蔵 大正12年(1923年)2月
14 安藤兎毛喜 大正13年(1924年)3月
15 石原快三 大正13年(1924年)12月 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 「角川日本地名大辞典 長野県」p.635
  2. ^ 同名の2村に分かれて記載。
  3. ^ a b 「とちの」は草冠に子。
  4. ^ 葛久保村・円見山村に分かれて記載。
  5. ^ 下桑原村・角間新田村に分かれて記載。
  6. ^ 記載は湯之町。
  7. ^ 友之町・土波止新田村に分かれて記載。
  8. ^ 下原村・萩倉新田村に分かれて記載。
  9. ^ 駒沢村・萩山新田村に分かれて記載。
  10. ^ 「旧高旧領取調帳」には掲載なし。
  11. ^ 大植 1935, 1136頁.

参考文献

  • 大植四郎 編 『国民過去帳 明治之巻』 尚古房、1935年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1262271 
  • 長野県史 近代史料編 第2巻 郡政』
  • 角川日本地名大辞典』20 長野県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1990年7月1日。ISBN 4040012003
  • 旧高旧領取調帳データベース
  • 長野県公式ホームページ 現在の市町村名から合併の経過を調べる[リンク切れ]
「長野県公式」に記載されているが「旧高旧領」に記載されていない村は枝郷とみなし、本項では割愛した。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

関連項目