ちの町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちのまち
ちの町
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 新設合併
ちの町宮川村金沢村玉川村豊平村泉野村北山村湖東村米沢村茅野町
現在の自治体 茅野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
諏訪郡
総人口 8,126
国勢調査1950年
隣接自治体 諏訪市
諏訪郡宮川村、米沢村、中洲村
ちの町役場
所在地 長野県諏訪郡ちの町
 表示 ウィキプロジェクト

ちの町(ちのまち)は長野県諏訪郡にあった。現在の茅野市大字ちのほか茅野市中心部にあたる。日本初のひらがなの自治体だった[1]。 本項では町制前の名称である永明村(えいめいむら)についても述べる。

地理[編集]

  • 山 : 永明寺山
  • 河川 : 上川

歴史[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 20 長野県
  • 竹村美幸、伊藤岩廣、細田貴助 (ちの町史刊行会)『ちの町史』株式会社中央企画、1995年3月。NCID BN13883330

関連項目[編集]

出典 [編集]

  1. ^ くらべる地図帳93、94p、浅井建爾、2010年、東京書籍 ISBN 978-4487804757