矢崎虎夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

矢崎 虎夫(やざき とらお、1904年7月25日 - 1988年9月24日)は、日本の彫刻家である。

来歴[編集]

長野県諏訪郡永明村(現茅野市)生まれ。平櫛田中に師事。1929年院展に初入選、院展白寿賞3回。1964年渡欧し、ウィーン大学で仏教芸術を講義した後、パリザッキンに師事。1966年日府展で文部大臣賞。1973年長野市野外彫刻賞。晩年は仏教を主題に木彫像を制作。

年譜[編集]

  • 1904年 長野県諏訪郡永明村(現茅野市)に生まれる。
  • 1923年 長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒業と同時に平櫛田中に入門。
  • 1929年 第16回日本美術院展に「カナリヤ」(木彫)初入選。
  • 1931年 東京美術学校(現東京芸術大学) 彫塑科卒業。
  • 1934年 日本美術院展「老母座像」入選。院友に推挙される。
  • 1946年 日展出品「バリ島の女の首」政府買上。
  • 1952年 法隆寺金堂再建の修復彫刻にあたる。
  • 1953年 日本美術院展白寿賞「若き女」。
  • 1954年 日本美術院展白寿賞「浴光立女」。
  • 1959年 日本美術院展白寿賞「立女」。
  • 1964年 渡欧オシップ・ザッキンに師事。
  • 1965年 フォワイエ・デ・ザルテイスト画廊(パリ市)にて個展。
  • 1966年 日府展・文部大臣賞「雷電像」。
  • 1970年 EXPO'70に「平和観音像」出展。
  • 1973年 パリ市ヴァンセンヌの森に「雲水群像」建つ。箱根彫刻の森美術館大賞展「托鉢」当館に収蔵。
  • 1974年 長野市第一回野外彫刻賞「托鉢」。
  • 1976年 木彫巨匠展出品。
  • 1988年 茅野市駅前「調和」経つ。9月24日東京都小平市の自宅にて逝去、享年84歳。
  • 1990年 蓼科聖光寺境内に観音菩薩化身12体建つ。
  • 1991年 ピラタス蓼科ロープウェイ(現北八ヶ岳ロープウエイ)に蓼科高原美術館・矢崎虎夫記念館開館。

代表作[編集]

  • 雷電像
  • 托鉢 他

所蔵美術館[編集]

蓼科高原美術館矢崎虎夫記念館 [1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]」蓼科高原美術館(2015年10月11日閲覧)。

参考文献[編集]