矢崎虎夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢崎 虎夫(やざき とらお、1904年(明治37年)7月25日 - 1988年(昭和63年)9月24日)は、茅野市出身の彫刻家である。 日本陶彫会副会長。亜細亜美術交友会名誉理事。茅野市名誉市民

来歴[編集]

この節の出典:[1][2]

長野県諏訪郡永明村(現茅野市)生まれ。平櫛田中に師事。1929年院展に初入選、院展白寿賞3回。1964年渡欧し、ウィーン大学で仏教芸術を講義した後、パリザッキンに師事。1966年日府展(日本画府展)で文部大臣賞。1973年長野市野外彫刻賞。晩年は仏教を主題に木彫像を制作。1988年に東京都小平市の自宅で逝去、享年84。

年譜[編集]

代表作[編集]

所蔵美術館[編集]

  • 蓼科高原美術館矢崎虎夫記念館

[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『矢崎虎夫』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『矢崎虎夫』 - コトバンク
  3. ^ 戦時中の昭和16年(1941年)長野、富山、石川県から召集された砲兵第一甲隊66名が、終戦後、昭和35年(1960年)に諏訪市で戦友会として中観会を結成した。
  4. ^ 参考文献1971年6月5日昭和寺建立を伝える南信日々新聞の記事参照(現長野日報)、国会図書館
  5. ^ 蓼科高原美術館」(2015年10月11日閲覧)。

参考文献[編集]

  • 滝澤忠義「信州とフランス」1996年 桐原書店ISBN 978-4434229480
  • 「矢崎虎夫作品集」1985年、矢崎虎夫作品刊行会
  • 矢崎虎夫「矢崎虎夫滯欧作品集 1964-1965」. NCID BN13017522.