茅野市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちのし
茅野市
Tateshina kogen from Mt.Kitayokodake.JPG
Flag of Chino Nagano.svg
茅野市旗
Symbol of Chino Nagano.svg
茅野市章
1958年9月20日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
甲信静地方
都道府県 長野県
団体コード 20214-2
面積 266.59km²
(境界未定部分あり)
総人口 55,453
推計人口、2015年5月1日)
人口密度 208人/km²
隣接自治体 諏訪市佐久市伊那市
南佐久郡小海町佐久穂町南牧村
諏訪郡富士見町原村
北佐久郡立科町小県郡長和町
山梨県北杜市
市の木 白樺
市の花 りんどう
茅野市役所
所在地 391-8501
長野県茅野市塚原二丁目6番1号
北緯35度59分43.9秒東経138度9分31.7秒
茅野市役所
外部リンク 茅野市

茅野市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
茅野市中心部周辺の空中写真。1976年撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

茅野市(ちのし)は、長野県南信地方八ヶ岳白樺湖蓼科高原車山など観光資源を多く抱える諏訪地方有数の市である。本項では市制前の名称である茅野町(ちのまち)についても述べる。

地理[編集]

気候[編集]

太平洋側式の内陸性気候。ケッペンの気候区分によると、大部分が亜寒帯湿潤気候に属する。標高770 メートルから1,200メートルの裾野に街並みが広がっており、冬の朝は晴れることが多いために放射冷却により、マイナス15度以下にまで下がることも珍しくないほど寒冷であるが雪は少ない。夏は冷涼である。蓼科高原は日本で最も標高の高い場所にあるリゾート地であり、冬は非常に寒冷であり、気温はマイナス20度を下回る日もある。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

人口[編集]

八ヶ岳山麓へと宅地化が進み、本市よりも先に市制施行した岡谷市諏訪市を抜いて諏訪地域で最大の人口を擁する自治体となった。

Demography20214.svg
茅野市と全国の年齢別人口分布(2005年) 茅野市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 茅野市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
茅野市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 36,200人
1975年 39,717人
1980年 43,942人
1985年 47,273人
1990年 50,064人
1995年 52,807人
2000年 54,841人
2005年 57,099人
2010年 56,415人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

  • 市長 - 柳平千代一(2007年4月30日 就任)
  • 市議会
    • 議長:吉田久明
    • 議員 18人(任期 2011年4月まで)

経済[編集]

寒天干し

精密業を基盤とする工業都市であるが、パセリセロリといった高原野菜の産地として名高い。伝統産業として、の寒さと乾燥した気候を利用して作られる角寒天があり、その殆どは茅野市で生産されている。

姉妹都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

大学[編集]

郵便[編集]

集配郵便局

無集配郵便局

  • 茅野上原郵便局
  • 茅野駅前郵便局
  • ちの本町郵便局
  • 玉川郵便局
  • 信濃金沢郵便局
  • 米沢郵便局
  • 蓼科郵便局


簡易郵便局

  • 小泉簡易郵便局
  • ひばりヶ丘簡易郵便局
  • 鬼場簡易郵便局
  • 泉野簡易郵便局
  • 湖東簡易郵便局
  • 白樺湖簡易郵便局


交通[編集]

鉄道路線[編集]

茅野駅

路線バス[編集]

高速バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

八ヶ岳
蓼科山

祭・催事[編集]

御柱祭(木落とし)

出身有名人[編集]

五十音順

自治会・区[編集]

住民による自治組織が、住み良い地域をつくるため、住民相互の連絡、防災や防犯、環境美化や資源物分別収集、 除雪など、日頃から日常生活に密着した共同活動を行っているが、近年、自治会への加入率低下が問題となっている。

具体的には、「ごみステーション使用でのトラブル」「災害時の安否確認、情報伝達ができない」 「雪かき、出払いに協力してもらえない」等の社会問題が発生している。 特にごみ出しに関しては「収集日を守らない」「衛生委員などの役員をやらずに利用し、不公平」という意見が多く、 自治会への加入率向上が求められている。 [6]

茅野市としても、「パートナーシップのまちづくり」をスローガンに掲げ、自治会の加入率向上等、 地域コミュニティの活性化を推進している。 また、自治会への加入率向上のため、「入区条例」の制定についても検討していたが、入区を強制するのは問題があるとの意見が強く、条例の制定は見送られた。 [7] [8] [9]

自治会への加入率低下は、会費(区費)が高額であることも理由の一つであるとの指摘があるが、 区費(自治会費)を収める対象者が高齢化で減少していることを受け、自治会への加入一時金、会費(区費) の平均額は、前年同期に比べて1000円増額し、2014年3月現在の平均で、7万7000円の加入金、年間2万2000円の会費となっている。 [10]

その他[編集]

  • 昭和23年から30年まで存続した「ちの町」は日本初のひらがな市町村名であった[11]が、茅野駅の所在地であった永明村が町制施行するにあたって宮川村茅野との区別を図るための措置であった。一方の宮川村茅野は甲州街道の上諏訪宿と金沢宿の中間に置かれた間の宿であり、中央本線が開通すると、上川対岸の永明村に設置された駅の名に採用された。
  • FCアビエス(サッカークラブ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 図典 日本の市町村章 p119
  2. ^ 茅野市「姉妹都市 千葉県旭市」より(2013年10月31日更新、2015年2月12日閲覧)。
  3. ^ 茅野市「姉妹都市 神奈川県伊勢原市」より(2013年10月31日更新、2015年2月12日閲覧)。
  4. ^ 茅野市「姉妹都市 岡山県総社市」より(2013年10月31日更新、2015年2月12日閲覧)。
  5. ^ 茅野市「姉妹都市 アメリカ合衆国ロングモント市(コロラド州)」より(2013年10月31日更新、2015年2月12日閲覧)。
  6. ^ 長野日報: 区・自治会加入率67.5% 茅野市がアンケート調査
  7. ^ 長野日報: 区・自治会加入へ手引書 茅野市と区長会長会
  8. ^ 茅野市: 平成25年「まちづくり懇談会」(通称「まち懇」)の概要
  9. ^ 茅野市: (仮称)災害に強い支え合いのまちづくり条例について
  10. ^ 長野日報:茅野市調査 区・自治会費の平均額上昇
  11. ^ ただし、アメリカ占領下の沖縄においては、それに先立つ1947年5月1日にみなと村が設置されている。

外部リンク[編集]