上原城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
上原城
長野県
上原城居館跡の石碑
上原城居館跡の石碑
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 諏訪氏
主な改修者 板垣信方
指定文化財 なし
位置 北緯36度00分33.0秒
東経138度08分54.9秒
座標: 北緯36度00分33.0秒 東経138度08分54.9秒

上原城(うえはらじょう)は、信濃国諏訪郡(現在の長野県茅野市茅野上原)にあった中世日本の城山城)。長野県指定史跡。上原城の支城として桑原城がある。

概要[編集]

金毘羅山(標高978m)の山頂と中腹の居館からなる諏訪総領家の本拠であった根小屋式山城である。

築城年代は定かではないが、室町時代の文正元年(1466年)頃、諏訪信満が中腹に居館を建て、5代70余年にわたり諏訪地方を統治したと考えられている。『守矢頼実書留』によれば、上原町には堀廻りが存在し、信濃国衆の小規模城下町である「宿城」(町宿)であったと考えられている。上原城下町には諏訪大社上社とその別当寺である神宮寺の門前町を包括していた。

天文11年(1542年)には、甲斐国武田晴信(信玄)が高遠頼継とともに領主・諏訪頼重を滅ぼし、諏訪郡は武田氏の領国となる。

武田氏の諏訪支配では譜代家老の板垣信方が諏訪郡代として赴任し、上原城は武田家の信濃領国支配の拠点のひとつとなる。板垣信方は武田氏の諏訪・佐久郡侵攻において先発隊を指揮しており、上原城配置以前から両郡における所領宛行などを行っている。信方は正式には諏訪郡司(郡代)の立場であったが、天文17年(1548年)2月の信濃村上氏との上田原の戦いにおいて戦死する。信方の死後、上原城には弟の室住玄蕃充虎登が派遣されるが、同年8月には長坂虎房(光堅)が配置される。天文18年(1549年)には上原城に代わり高島城(茶臼山城、諏訪市高島)が築城され、虎房は高島城へ移り、諏訪郡の政治的拠点は高島城に移転された。

天正10年(1582年)3月の織田・徳川連合軍による武田領侵攻(甲州征伐)により武田氏は滅亡し、廃城となった。上原城下町は政庁移転後も存続しているが、江戸時代には諏訪高島城が築城され新城下町が整備されると、上原城の町宿は移転され消滅する。

現在は主郭や土塁・二の郭・三の郭・曲輪・空堀・物見石などの遺構が残されている。

歴代城主[編集]

城主[編集]

諏訪氏時代

郡司[編集]

武田氏時代は郡司(郡代)を置いた。

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 丸島和洋「戦国大名武田氏の領域支配と「郡司」-信濃国諏訪郡支配を事例として-」『史学』75巻2・3合併号、2007年

外部リンク[編集]