ひらがな・カタカナ地名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ひらがな・カタカナ地名(ひらがな・カタカナちめい)は、地名を命名法・由来などをもとに分類した地名種類の一種である。仮名書き地名(かながきちめい)とも呼ばれる。

日本の地名表記のうち地名を全て漢字で表記していないものを指す。一部に漢字を用いる場合もこれに含まれるが、長野県下高井郡山ノ内町の「ノ」のように助詞を漢字で表記せずに用いるものは含まないのが一般的である。

概要[編集]

ひらがなカタカナの市町村名は、本来は漢字表記が存在するが難読地名である、他の市名と重複するなどの理由で、意図的にひらがな・カタカナ表記にしたものが多い。市町村合併、特に新設合併によって誕生する事例が多く「柔らかなイメージを持たせるため」という理由で付けられることが多い[1]。一方で2019年1月現在、都道府県名・郡名・区名にはひらがな・カタカナのものはなく、新たに生まれる予定もない。

ただし町丁名などには漢字表記が当てられていないものや、施設名をそのまま地名にしたものもある。小字などでは正式な文字表記が不明であり、便宜上カタカナ表記される例もある。また北海道にはアイヌ語地名をカタカナ表記したものもある。

日本全国のひらがな・カタカナ地名の市町村が集まって「全国ひらがな・カタカナ市町村サミット」も開催された。

なお、日本国内で唯一ローマ字を用いた行政地名として、富山県高岡市大字ICパーク」がある。

批判的観点[編集]

ひらがな・カタカナ地名そのものや、そうした新地名を創作し採用しようとする行政の姿勢が地域住民からの反発を招くことがあり、市町村合併が破談に至るケースもあった。

南アルプス市のような漢字とカタカナの組み合わせもあるが、市名の一般公募の投票結果では、市域が所属していた巨摩郡にちなむ「巨摩野」「こま野」「こまの」などの合計の方が多かったが、単独で最多だったため決まった。

南アルプス市の誕生の翌年には、愛知県南セントレア市騒動が起きた。市域内ではなく隣の自治体(常滑市)にある中部国際空港にあやかろうと、ひらがな・カタカナ地名を合併後の市名に用いようとしたことを理由に、合併賛成派だった市民の反対を招いて合併自体が破談になった。

そのため南アルプス市も、南セントレア市の騒動後に市名が決定された場合は揉めた可能性があるとの分析がある[1]

ひらがな・カタカナの市区町村名称に対する反対意見は多い。gooが2017年2月に実施したアンケートでは、さいたま市、せたな町、まんのう町、つくばみらい市、さつま町、おいらせ町、かすみがうら市、うるま市、むつ市、さぬき市が否定的な意見の多い上位10市町だった[2]エキサイトニュースにも同ランキングと関連記事が掲載されている[3]

ひらがな地名の採用に対する批判の例として、さいたま市がよく挙げられる。

津軽中央地域合併協議会では、新市名の候補の一つに特産のリンゴにちなんだ「あっぷる市」が登場して話題を呼んだ。

ひらがな・カタカナ市町村名一覧[編集]

市町村名にひらがなやカタカナを含む市町村を一覧にしたもの。括弧内に本来の漢字・アルファベット表記を示す。

ひらがなを含むもの[編集]

北海道
青森県
秋田県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
石川県
福井県
愛知県
三重県
兵庫県
和歌山県
香川県
徳島県
高知県
福岡県
佐賀県
熊本県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

カタカナを含むもの[編集]

北海道
  • 虻田郡ニセコ町(アイヌ語。地元の社名や店名のほかアジア各国でも近年「二世古」や「新雪谷」などの表記がある。)
山梨県

かつて存在したもの[編集]

以下は、市町村合併によって廃止した市町村名。合併後も市内の地名として存続している所がある。括弧内に本来の漢字表記を示す。

ひらがなを含むもの[編集]

カタカナを含むもの[編集]

実際に使用されることがなかったもの[編集]

市町村合併などにより新市町村名に決定したが、合併の破談や名称の再検討により使用されなかったもの。候補に挙がっただけのものは除く。

ひらがなを含むもの[編集]

カタカナを含むもの[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本の特別地域 特別編集58 これでいいのか 山梨県p29,鈴木士郎, 佐藤圭亮 - 2014
  2. ^ [ランキング 正直ダサい!と思う「ひらがな市町村名」ランキング1位から9位]” (日本語). gooランキング. 2019年6月23日閲覧。
  3. ^ 正直ダサい!と思う「ひらがな市町村名」ランキング (2017年2月24日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年6月23日閲覧。
  4. ^ えびの高原エリア - すすきヶ原”. 宮崎県えびの市観光協会. 2018年4月14日閲覧。
  5. ^ 東彼杵郡三町(東彼杵町・川棚町・波佐見町)合併協議会だより 第11号 PDF(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業)
  6. ^ ◆佐々町・小佐々町合併協議会◆(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業)

関連項目[編集]