枝郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

枝郷(えだごう)とは、日本各地に所在する地名。または中世、近世の日本における新田開発により、元の村(本郷、元郷)から分出した集落[1]を指す。

概要[編集]

もとの村を本郷(本郷、元郷、親郷、親村、本村)とよぶのに対し、新村を枝郷(枝村、子村)と称した。 多くの場合、本郷の庄屋名主から村高が分け与えられていたが、中には庄屋組頭などが置かれ、本郷並の扱いを受けていた枝郷も存在した。幕末から明治初期にかけて存在した被差別部落の多くもまた枝郷であった[2]

地名[編集]

下記は地名としての枝郷の一覧であり、前述の幕末から明治初期にかけて存在した被差別部落とは関連しない

注釈[編集]

  1. ^ 村としての村領がなく、本郷の村域内に存在していた
  2. ^ 近世における「えた村」 - 社団法人部落解放・人権研究所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]