甲六川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
甲六川
水系 一級水系 富士川
種別 一級河川
延長 9 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 八ヶ岳編笠山
水源の標高 1,420 m
河口・合流先 釜無川
北杜市長野県富士見町
流域 日本の旗 日本
山梨県長野県
テンプレートを表示

甲六川(こうろくがわ)は、八ヶ岳南麓を南北に流れる富士川水系河川である。

地理[編集]

長野県諏訪郡富士見町山梨県北杜市小淵沢町地区の境を始終流れる細い河川であり、山梨県と長野県の県境を形成している。

八ヶ岳山系の編笠山南麓の標高約1,420mの地点付近に源を発し、長野県諏訪郡富士見町・山梨県北杜市小淵沢町地区・白州町地区の境目にある国道20号甲州街道)の新国界橋(しん・こっかいばし)の橋の下で釜無川合流する。総延長は約9km。

主要地方道17号茅野北杜韮崎線の甲六橋のたもとに「先達甲六公園」が整備されている。公園内には展望台が設置されており、御柱が飾られている。

流域の自治体[編集]

山梨県
北杜市小淵沢町北巨摩郡小淵沢町)
長野県
諏訪郡富士見町

主な交差路線[編集]

その他[編集]

  • 映像ソフト版『「もののけ姫」はこうして生まれた。』第3巻「記録を超えた日」によれば、宮崎駿監督作品「もののけ姫」に登場する「牛飼いの甲六」は、この川の名前が由来になったとされる。

関連項目[編集]