富士川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
釜無川から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士川
富士川
水系 一級水系 富士川
種別 一級河川
延長 128 km
平均流量 63.2 m³/s
(清水端観測所 2000年)
流域面積 3,990 km²
水源 鋸岳(山梨県)
水源の標高 2,685 m
河口・合流先 駿河湾(静岡県)
流域 日本の旗 日本
長野県山梨県静岡県
テンプレートを表示

富士川(ふじかわ)は、長野県山梨県及び静岡県を流れる河川一級水系富士川の本流であり日本三大急流の一つに数えられている。

甲斐駿河を結ぶ水運としての要路であり、古くから人々の暮らしに密着してきた。

地理[編集]

富士川河口付近の空中写真(1988年撮影)国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

釜無川本谷として、南アルプス北部、山梨県と長野県の県境に位置する鋸岳(のこぎりだけ)に源を発し、長野県富士見町にて八ヶ岳などを源流とする立場川と合流しながら、山梨県北杜市まで長野・山梨両県の県境を成す。北杜市にて山梨県域に入ってから尾白川塩川御勅使川などと合流しながら甲府盆地を南流し、西八代郡市川三郷町南巨摩郡富士川町の町境で笛吹川と合流する。ここまでを釜無川と呼ぶ。

釜無川の名前の由来には諸説あり、上流の「釜無山」にちなむというもの、のような深いがないことにちなむもの、釜のふちのような堤防がないことにちなむもの、川の水が温かいので釜が必要ないからというもの、巨摩郡を貫流する大河のゆえに「巨摩の兄(こまのせ)川」というもの、「水量が豊富で流れが速いため、釜を洗おうとするとすぐに流されて無くなってしまうから」という伝承に近いものなどが挙げられる。その中でも有力視されているのが、絶え間なく流れる様子を表した「クマナシ(隈無し)」に由来しているというものである[1][2]

一般的に釜無川笛吹川の合流点より下流を富士川と呼び、そのまま富士山の西側を南流する。途中、早川常葉川波木井川など、更に下って静岡県に入り稲子川芝川などの支流を合わせ、富士市雁堤南で東海道と交差し、富士市と静岡市清水区との境で駿河湾に注ぐ。

富士川の語源については、富士山から流れ出た水が集まって川となる説や藤川の変化だという説がある[3]

呼び方[編集]

正式には「ふじわ」と濁らない発音であり、東海道新幹線富士川橋など橋付近に掲げられている看板には英語標記で「FUJIKAWA」と記載され、国土交通省の発行の記述は「富士川」と記載されている。また流域の静岡県、山梨県では「ふじわ」と呼ばれ、これは静岡における4音の川で、2音目が濁るもの(安倍川、地名の旧芝川町(現・富士宮市)など)で共通のルールである。

辞書での呼び名はまちまちで、講談社の日本語大辞典、三省堂大辞林(goo辞書、excite辞書含む)では「ふじわ」と記載されている一方、岩波書店広辞苑小学館の日本語大辞典やYahoo辞書でも利用されている大辞泉では、「ふじわ」と誤って表記されている。他、NHKのアナウンサーでさえ「ふじわ」と誤って発音をする場合がある(2012年のNHK大河ドラマ平清盛』では「ふじかわのたたかい」)。

流域の山梨県南巨摩郡富士川町、及び2008年平成20年)10月31日まで存在した静岡県庵原郡富士川町(現・富士市)は、正式に「ふじわちょう」と発音する。

歴史[編集]

万葉集に詠まれた富士川[編集]

富士川が記録に登場するのは古く、奈良時代に編まれた万葉集第三巻 三一九の富士山を称えた長歌高橋虫麻呂の作ともいわれる)に、富士川の名がみえる。長歌には、「富士川と人の渡るも その山(富士山)の水のたぎちぞ」という一節がある。

富士川の戦い[編集]

岩本山からみた富士川と雁堤

1180年源頼朝平維盛が戦った合戦。治承・寿永の乱と呼ばれる一連の戦役の1つである。

石橋山の戦いで敗れた源頼朝は安房国で再挙し、進軍しながら東国武士がこれに参集して大軍に膨れ上がり鎌倉に入る。頼朝は駿河国で、都から派遣された平維盛率いる追討軍と戦い勝利し、関東での割拠を確立させた。

水害[編集]

江戸時代の始めには、いくつもの支流をつくりながら、富士市の東(現在の田子の浦)の方向へ曲がり、川沿いにあたる富士市は度重なる洪水による災害が多発していた。江戸時代1674年)に古郡重高・重政・重年の父子三代が50年以上の月日を費やし、富士川の流れそのものを直線となる現在の場所に変えた。水田を富士川の洪水被害から守るため、洪水が多発していた場所に遊水地としての機能も持つ全長2.7kmに及ぶ大規模な堤防雁堤』を完成させ、『加島五千石』と呼ばれる水田を加島平野(現在のJR富士駅周辺の一帯)に造成した。

現在の富士川は、潤井川などの支流への水量調整や、日本軽金属蒲原製造所が自社水力発電の為に、雁堤よりも上流で水を採水し、そのまま駿河湾へ流しているため昔のような水害はないが、1982年(昭和57年)8月2日台風10号の影響により、山梨県鰍沢町(現・富士川町)などが氾濫したほか、国道469号万栄橋と、日本国有鉄道(国鉄)東海道本線の下り線橋脚が流失。死傷者35人、家屋全半壊流出46戸、浸水戸数1,112戸、東海道本線は75日間単線運行となる被害となった。

富士川水運[編集]

廻船問屋跡(富士宮市沼久保)

富士川は急流で難所も多かったが、内陸の甲斐南部と駿河との交通路として、駿州往還とともに古くから水運が利用された。

江戸時代1602年駿河国甲斐国(現在の富士川町)との間に富士川渡船が開始されたという。江戸期には甲斐が幕府直轄の天領であったため、慶長12年(1607年)の角倉了以らによる開削事業により運行の安全が確保されて、江戸への廻米輸送を中心に水運が発達した。寛永年間には鰍沢河岸 ・黒沢河岸・青柳河岸が設置されて山梨・八代・巨摩三郡からの廻米輸送が行われ、後に信濃南部の諏訪・松本からの廻送も行われるようになった。河岸には代官所や米倉が置かれ、沿岸の町や村には多くの船着場があり、現在でもその名残をとどめる屋号などがみられる。

廻送された廻米は駿河国岩渕(現在の静岡県富士市)の河岸で陸揚げされ、カントクと呼ばれる馬力により蒲原へ運ばれそこからさらに清水港へ集められた後大型船で江戸へ廻送された。また、上荷にはや海産物など内陸の甲斐で産しない商品を中心に輸送が行われ、身延詣の旅人にも利用された。富士川沿いの沼久保地区に残る江戸時代から明治にかけての帳簿が記されている『松井文書』によると、河岸から積み出されるものは半紙やその材料となる三椏の他、煙草など多岐に渡り、到着したものは甲州より運ばれたものであった。またこれらは大宮町などに運ばれていた。

明治時代(1868年)になると廻米輸送が無くなり衰退するが、三河岸の商人による起業で明治7年には富士川運輸会社が設立され、発展した。中央線の敷設により陸上輸送が可能になると再び水運は衰退し、大正11年(1922年)には富士川運輸会社も解散。富士身延鉄道(現在のJR東海身延線)の全通(1928年)とともにその役目を終えた。

死の川[編集]

日本軽金属が運営する雨畑ダム。山梨県の自治体に多額の補償金を渡し、一方で山梨県からの天下りを受け入れることで、富士川の汚染を黙認させ、富士川を「死の川」にしたと2019年より静岡新聞の特集記事で報道されている

かつてはアユ釣りが盛んで、2010年ぐらいまでは熊本県の球磨川とともに「尺アユ」(30cmを超える大型のアユ)が釣れる川として全国に知られた。なかでも「富士川鮎釣り大会」は、富士川町制90周年記念として1991年に第一回が開催されて以来、山梨県の観光資源の一つであった。しかし2010年代以降はアユの生息がほぼ確認されていない。

静岡新聞の報道では、少なくとも2011年以降、山梨県の元治水課長が社長(当時)を務める採石業者(日本軽金属が一部出資)が雨畑川(山梨県早川町)にアクリルアミドポリマーを含む汚泥を不法投棄したことにより、富士川水系の中下流域が汚染され、生物が生息できない「死の川」となっている[4]。駿河湾におけるサクラエビ漁業も、1999年には2451トンの水揚げがあったものが2020年には25.8トンと近年は著しく減少しているが、日本軽金属雨畑ダムの濁った水が早川、富士川を経て駿河湾に注ぎ込んでいるためだと2020年現在の静岡県知事の川勝平太は主張している[5]。雨畑ダムは日軽金の経営する発電専用のダムで、ダム湖の水は日本軽金属のアルミ製錬のために利用され、普段は富士川に放出されずに日軽金の敷設した専用のパイプラインを通って日本軽金属蒲原製造所(静岡市清水区)の放水路から放出されるが、2016年時点での堆砂率93%と全く治水機能を持たないため、雨が降るたびに近隣への浸水を防ぐために発電を停止し、洪水吐ゲートからヘドロを含んだ大量の土砂を富士川に吐き出していた。採石業者は「増水すれば流れる」[6]と承知のうえで汚泥を敷地に投棄、またコンクリ業者も採石業者の許可を得てコンクリくずを採石業者の敷地に投棄し、ほとんどが雨畑川に流出した。雨畑ダムの堆砂率の多さから、2019年8月の台風10号によってダム周囲の集落が浸水するなど大きな被害を受けたため、水害対策の為に角瀬発電所への水の引き込みは2019年8月より停止しており、現在は雨畑ダムの濁った水が富士川水系にそのまま流れている。

サクラエビの不漁問題を抱える静岡県側では非常に問題視されており、山梨県の採石業者の不法投棄問題も、由比港漁協(サクラエビが水揚金額の約9割を占める)の訴えを受けた静岡・山梨両県の合同調査によって2019年に判明した。この問題は静岡新聞では積極的に報道されており、駿河湾のサクラエビ問題に始まってヘドロ不法投棄問題から戦後の日本軽金属の水利権問題にまで切り込んだ静岡新聞の特集「サクラエビ異変」が2021年に「水産ジャーナリスト賞」を受賞している[7]。静岡新聞は「駿河湾の宝石」と呼ばれるサクラエビの不漁の元凶として雨畑ダムと日本軽金属を2019年より激しく非難しており、2020年元旦には日本軽金属が雨畑ダムを含む富士川水系の4つの発電所を「アルミ製錬のために利用する」という建前で実際は売電に転用していた「水利権の目的外使用」であったことを報道[8]。2020年2月には地元政治家(山梨1区)の中島克仁衆院議員を動かして政府の答弁書を引き出し、2020年11月には山梨県が国交省からの意見聴取を受ける事態となり、2021年2月より日本軽金属の水利権問題が国会で議論されるまでに至った[9]。静岡新聞は山梨県の自治体による「水返せ運動」を引き起こすべく、山梨県や地元自治体に対する情報公開請求やアンケートなどの数々のアクションを起こしている。

一方で、山梨県側としては特に問題視もされておらず、サクラエビの不漁問題の原因も「不法投棄の泥かは分からない」と考えており、したがって検出試験などの調査も行われていない。2019年に行われた山梨県・静岡県の合同による富士川の浮遊物質量の調査の結果では、山梨県側としては「調査前にまとまった降雨の見られたときを除き、目立った濁りは見られなかった」という認識であり、「富士川は、水の汚れが少ない、清らかな川」[10]と結論付けられた。一方で、静岡県側としては「環境基準の4倍を超えた観測地点があった調査日が、早川中下流で5日、雨畑川上流・雨畑ダム貯水池では8日あった」という認識であり、その濁りの原因を公式発表に記載しようとして山梨県側と対立、公式発表まで半年もめた末、山梨県大気水質保全課の公式発表とは別に静岡県水産業局が「雨畑川上流からの土砂流入が原因の可能性が高い」と静岡県庁で「独自の補足」を行う異例の事態となった[11]。山梨県の採石業者の不法投棄問題は、当初は山梨県によって刑事告発も検討されていたが、2019年6月に「撤去完了」し、また下流域の水質にも異常は見られなかった(山梨県環境整備課の認識)ため、告発はなされなかった。

これらの富士川流域(山梨県内)の問題への対処は静岡県と山梨県で温度差があるのも問題で、静岡新聞では2019年元旦より連日報道されているが、山梨県内ではあまり報道されておらず、山梨県環境整備課も「富士川にアユがいない」ということを2020年12月に静岡新聞の報道で知ったとのこと。また、2020年現在の山梨県知事の長崎幸太郎は、雨畑ダムのヘドロ問題はあくまで浸水対策の観点から問題視しているだけで、さらに「山梨県は海がないので、われわれが関心を持っているのは河川だ」[12]と、駿河湾のサクラエビ問題には全く関心を持っていないため、[要出典]山梨県は静岡県側と協力してヘドロ問題に対処する行動をみせながら、現実には両県で対立している[13]。雨畑ダムは、2019年の台風19号で県道や「雨畑の吊橋」が崩落し[14]、地区の孤立を招いたために長崎知事がダムを視察して日軽金を厳しく批判した[15]が、日軽金自身も雨畑ダムの問題で2020年3月期に特別損失110億円を計上する[16]など手を焼いており、国から行政指導を受けたために誰かが対処せざるを得ない雨畑ダム問題は、2021年現在、山梨県と日軽金で問題を押し付け合う形となっている。[要出典]

富士川からがいなくなっても、富士川漁協(山梨県身延町)からは特に問題視されていないが、その背景として、日本軽金属から富士川漁協に年間1500万円という多額の補償金が流れていることを静岡新聞が2019年6月に報道した[17]

アニメの聖地[編集]

2015年より漫画の連載が開始し、2018年よりアニメ放映が開始された『ゆるキャン△』の聖地として全国に知られており、2010年代後半より流域の各所でキャンペーンが行われている。

「雨畑ダム」や、「雨畑の吊橋」も、『ゆるキャン△』第7巻に登場した「聖地」とされている。

流域の自治体[編集]

釜無川開国橋上から八ヶ岳を望む
長野県
諏訪郡富士見町諏訪郡原村南佐久郡南牧村
山梨県
北杜市韮崎市甲斐市南アルプス市中巨摩郡昭和町中央市西八代郡市川三郷町(ここまでが釜無川
南巨摩郡富士川町南巨摩郡身延町南巨摩郡南部町
静岡県
富士宮市富士市静岡市

観光[編集]

河口付近でのサクラエビの天日干し
身延山久遠寺(身延町)
日蓮宗総本山(祖山)。国宝などの文化財の他、数多くの宿坊も存在する。桜や紅葉の名所でもある。
釜口峡(富士宮市)
三大急流の富士川で最も川幅が狭まった場所で、激しい濁流により独特な岩肌が作り出され、雄大な渓谷になっている。
富士川楽座(富士市)
東名高速道路 富士川SAと、静岡県道・山梨県道10号富士川身延線上にある道の駅が1つになった施設。

支流[編集]

括弧内は流域の自治体

並行する交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

交差する交通[編集]

東海道新幹線車内より上流方向

鉄道[編集]

道路[編集]

富士川における境界[編集]

商用電源周波数[編集]

静岡県では、商用電源周波数が富士川を境に東側は50Hz(東京電力パワーグリッド)、西側は60Hz(中部電力パワーグリッド)となり、周波数が異なる[18]。また、かつては静岡県を3分割あるいは4分割する際には東部と中部を富士川を境にして分割していた[19]。なお、交流電源を使用する東海道新幹線がこの川を横断するが、この川以東も周波数は60Hzで統一されている。

植物分布[編集]

植物分布についても富士川を境に東西で違いが見られる(基本的に富士川以西にみられるレンリソウなど)[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 釜無川の由来を知ろう!”. 海と日本PROJECT in やまなし. 2019年9月6日閲覧。
  2. ^ 国立国会図書館. “釜無川の歴史や名前の由来について書いてある本はあるか。” (日本語). レファレンス協同データベース. 2019年9月6日閲覧。
  3. ^ 富士川の由来を知ろう!”. 海と日本PROJECT in やまなし. 2019年9月6日閲覧。
  4. ^ 富士川の中下流域 凝集剤、生態系破壊か 山梨で業者が不法投棄 静岡新聞 2020年12月28日
  5. ^ ダムの堆砂、東京ドーム5個分撤去 計画に山梨、静岡知事なお不満 - 産経ニュース 2020.1.6
  6. ^ 山梨県、雨畑川の不法投棄で業者の社名公表: 日本経済新聞
  7. ^ 静岡新聞連載「サクラエビ異変」 水産ジャーナリスト賞 |静岡新聞アットエス 2021年3月4日
  8. ^ 水利権を目的外使用か 日軽金、製錬せず売電に転用 富士川水系 静岡新聞アットエス
  9. ^ 山梨2町、水返還求め意見書提出 日軽金発電所の水利権更新問題 静岡新聞アットエス
  10. ^ 山梨県/富士川等の水質調査(山梨県・静岡県合同での水質調査) 山梨県
  11. ^ 富士川の濁り、原因は記載せず 静岡・山梨両県が調査結果: 日本経済新聞
  12. ^ ダムの堆砂、東京ドーム5個分撤去 計画に山梨、静岡知事なお不満 - 産経ニュース 2020.1.6
  13. ^ サクラエビ不漁の原因は不明 山梨、静岡両県に温度差も - 産経ニュース
  14. ^ 雨畑ダム(山梨)湖底に大量ヘドロ 魚類や水草、確認できず 静岡新聞アットエス
  15. ^ 山梨知事「日軽金を提訴も検討」 上流浸水の雨畑ダムを視察 - 産経ニュース
  16. ^ 日軽金、純利益6割減 3月期決算、雨畑ダム対策で特損|静岡新聞アットエス
  17. ^ 富士川漁協、濁り「究明せず」 日軽金からは多額補償金 静岡新聞アットエス 2019年6月24日
  18. ^ 電源周波数地域(50Hz地域/60Hz地域)について サポート・お問い合わせ(シャープ株式会社)
  19. ^ 旧富士川町と富士市の合併以降は、東部と中部の境は富士川より西に移動した。
  20. ^ レンリソウ 富士市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 富士川 - 国土交通省水管理・国土保全局