編笠山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
編笠山
Mount Amigasa from Mount Gongen 1994-5-14.jpg
権現岳より望む編笠山と青年小屋
標高 2,523.72 m
所在地 日本の旗 日本
山梨県北杜市
長野県諏訪郡富士見町
位置 北緯35度56分30秒
東経138度20分42秒
座標: 北緯35度56分30秒 東経138度20分42秒
山系 八ヶ岳連峰
種類 コニーデ型火山
編笠山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

編笠山(あみがさやま)は、八ヶ岳連峰の最南端に位置する標高2,524m1964年昭和39年)6月1日八ヶ岳中信高原国定公園に指定され[1]山梨百名山[2]に選定されている。

概要[編集]

編笠を伏せたなだらかな山容が山名の由来とされている[3]。山頂は森林限界ハイマツ帯で、北斜面などに大きな岩塊がある。西山麓に武田信玄が開設した「棒道」が残る[4]。権現岳に向かう登山道上には「ノロシバ」と呼ばれる小ピークがあり、16世紀後半に高坂弾正狼煙台を置いた場所とされている[3]

登山[編集]

登山道[編集]

各方面からの登山道があり、八ヶ岳縦走時に登られる場合がある。山腹の東側に巻道がある。

  • 小淵沢駅 - 観音平 - 編笠山
    • 小淵沢駅から徒歩で登る場合は標高差1,600mに及ぶ長大な登りとなる。中腹にある観音平駐車場までは県道が通じているので自家用車やタクシーで入ることができる。

ただし、この県道は冬期閉鎖になる。

周辺の山小屋[編集]

青年小屋
  • 青年小屋
  • 権現小屋
  • キレット小屋
  • 赤岳頂上山荘


周辺の山[編集]

阿弥陀岳より権現岳(左)と編笠山(右)。奥は南アルプス

八ヶ岳の最南部にあり、山頂からは南アルプスや八ヶ岳などの360度の展望が得られる。富士川支流の源流の山で、その水は太平洋へ流れる。

山容 名称 標高
(m)
三角点
等級
編笠山との
距離(km)
方角 備考
Akadake from yokodake 33 994 2 7.jpg 赤岳 2,899.17 一等 3.9 16 cardinal points NNE.png北北東 日本百名山
Mount Gongen from Akadake 1994-1-2.jpg 権現岳 2,715 1.6 16 cardinal points NE.png北東
Gthumb.svg 西岳 2,398 1.3 16 cardinal points NW.png北西
Mt.Amigasa 05.jpg 編笠山 2,523.72[5] 二等 0
Akaishi Mountains from Mount Amigasa 1995-5-28.jpg 甲斐駒ヶ岳 2,967 一等
(2,965.58m)
22.6 16 cardinal points SSW.png南南西 日本百名山

山頂からの眺望[編集]