源次郎岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
源次郎岳
Gthumb.svg
画像募集中
標高 1,476.6 m
所在地 日本の旗 日本
山梨県甲州市
位置 北緯35度41分48.3秒
東経138度47分56.9秒
座標: 北緯35度41分48.3秒 東経138度47分56.9秒
源次郎岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

源次郎岳(げんじろうだけ)は、山梨県甲州市にある山である。標高は1,476.6メートル山梨百名山の一つ。

概要[編集]

大菩薩嶺から日川をはさみ、東側に大菩薩連嶺(小金沢連嶺)、西側に日川尾根があり、この尾根の中心となる山である。

山名の由来は、木曾義仲の乳母父である中原兼遠の従臣、岩竹源次郎源頼朝の手勢に追い詰められ、山頂の南西側の枡岩と呼ばれる大きな岩の上で自害したという伝説がある[1]

主な登山コース[編集]

甲斐大和駅から登山口までタクシーを利用。嵯峨塩鉱泉付近からいくつかの登山コースがある。

脚注[編集]

  1. ^ 日本山岳会編著 『新日本山岳誌』 ナカニシヤ出版、2005年、700頁。

外部リンク[編集]