佐久郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長野県佐久郡の範囲

佐久郡(さくぐん)は、長野県信濃国)にあった

郡域[編集]

現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

歴史[編集]

古代[編集]

佐久郡の郡衙は、西近津遺跡群の発掘調査により発見された「郡」の文字を刻んだ須恵器の出土や周防畑遺跡群の発掘調査により、これら遺跡群が所在する佐久市長土呂付近に存在したものと推定されている [1]

「佐久」という地名は遅くとも866年に編纂された日本三代実録に記載があることからそれ以前に根付いていたものと考えられる。

長野県中野市の清水山古窯跡から、「佐玖郡」という文字の刻まれた須恵器が出土している[2]。須恵器とは古墳時代から平安時代に作られた陶器であり、清水山古窯跡は奈良時代の遺跡である。

和銅5年(712年)編纂の古事記に登場する伊弉諾命の孫神である宇都志日金拆命(うつしひかなサクのみこと)が開拓したので「拆 サク」となったという[3]

「サク」という音に関しては諸説あり、『新開(にいさく)の地』が省略されたものとする説、『裂く』を意味し開けた土地であることを意味する説、『柵』を意味し古くより牧場が多く存在したことを意味する説などがある。佐久の発音抑揚は間違われることが多いが、「サ」のように「ク」にイントネーションがおかれる。「サ」にイントネーションをおくと地元民は違和感を覚えることが多い。発音抑揚としては柵(さく)と同じである。

近代以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は南佐久郡#郡発足までの沿革北佐久郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^
  2. ^ 中島英子、清水山古窯跡発掘調査報告書、中野市教育委員会、1994年3月、14ページ。(奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にてPDFファイルをダウンロード可能)
  3. ^ 『佐久新聞』佐久史考小林基茂昭和59年1月30日
  4. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
南佐久郡北佐久郡