麻績村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おみむら ウィキデータを編集
麻績村
Lake-Hijiriko.JPG
麻績村旗 麻績村章
麻績村旗 麻績村章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
東筑摩郡
市町村コード 20446-3
法人番号 1000020204463 ウィキデータを編集
面積 34.38km2
総人口 2,454[編集]
推計人口、2022年4月1日)
人口密度 71.4人/km2
隣接自治体 長野市千曲市東筑摩郡筑北村生坂村
村の木 コブシ
村の花 カタクリ
村の鳥 カッコウ
麻績村役場
村長 塚原勝幸
所在地 399-7701
長野県東筑摩郡麻績村麻3837
北緯36度27分21.9秒 東経138度2分42.7秒 / 北緯36.456083度 東経138.045194度 / 36.456083; 138.045194座標: 北緯36度27分21.9秒 東経138度2分42.7秒 / 北緯36.456083度 東経138.045194度 / 36.456083; 138.045194
麻績村役場
外部リンク 公式ウェブサイト

麻績村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
冬の聖山
冬の麻績村

麻績村(おみむら)は、長野県東筑摩郡である。

地理[編集]

長野県の中信地区、北国西街道沿いに位置し、麻績宿が設置されていた。 村内には聖山(ひじりやま)があり、越後の高僧であるがこの山を修行山としたことが名前の由来であり、その後もいくつかの寺院が建立された。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

所轄広域連合[編集]

所轄警察署[編集]

所轄消防署[編集]

村政[編集]

村長
塚原勝幸 2022年1月16日就任、1期目

議会[編集]

村議会[編集]

  • 議長:塚原義昭(2019年10月2日就任)
  • 定数:8人(任期 2021年9月30日まで)

長野県議会(松本市東筑摩郡選挙区)[編集]

  • 定数:7人
  • 任期:2019年(平成31年)4月30日 - 2023年(令和5年)4月29日
  • 中川宏昌(公明党)、百瀬智之(無所属) 、中川博司(無所属)、本郷一彦(自由民主党)、両角友成(日本共産党)、清沢英男(自由民主党)、萩原清(自由民主党)

衆議院[編集]

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
下条みつ 65 立憲民主党 101,391票
比当 務台俊介 65 自由民主党 68,958票
手塚大輔 38 日本維新の会 43,026票

人口[編集]

Population distribution of Omi, Nagano, Japan.svg
麻績村と全国の年齢別人口分布(2005年) 麻績村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 麻績村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

麻績村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

交通[編集]

聖高原駅

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

  • E19長野自動車道
  • (6) 麻績インターチェンジ
一般国道
主要県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

聖博物館

聖高原別荘地[編集]

1962年地方自治体としては例をみない地上権方式で別荘地の開発・分譲を始めた。村と賃貸借契約を締結して固定資産税の代わりに地代を納入する。閑静な高原を存続するため立木はなるべく伐採しないで別荘を建てることとした。聖山東方の聖高原の村有地300ha余りで、現在約1700区画(内別荘建築は約400件)ある。全域に道路、水道、電気、電話の引き込みがあり、別荘地の管理は株式会社聖高原管理センターが行っている。

合併からの離脱[編集]

平成の大合併が日本全国で進む中、麻績村も同郡内の「筑北地方」と呼ばれる本城村・坂北村・坂井村の近隣三村(現:筑北村)との対等合併の協議が進められていた。そして2002年には任意合併協議会が始まり、足掛け2年以上をかけた協議がほぼ終了し、後は調印するだけとなっていた。

ところが調印を翌月に控えた2005年9月12日に麻績村役場で記者会見が開かれ、麻績村長の依田政人(当時)により法定協議会からの離脱が表明された。この時の内容については麻績村公式サイト内の「村からのお知らせ」で公開されている。突然の合併離脱の発表に対し、三村だけでなく麻績村内でも大きな波紋が広がり、有志による質問状も出されている。(前述のサイト内で公開)

この決断の背景には、当時県内の市町村で三番目に低い公債費比率(8.6%)と健全な財政を維持していた麻績村と三村での財政格差による合併後の財政面での負担の可能性もさることながら、本城村が事前協議を経ないまま合併前の駆け込み事業を進めてしまったことが合併離脱の決定的要因とされている(読売新聞の記事)。また合併後の町名について、麻績村が望む「聖町」が住民アンケートで「筑北町」に僅かに及ばず、共に過半数に達していないことから二案による再アンケートを求めるも、三村の賛成多数で「筑北町」に決定したことも大きな影響を与えている。

尚、麻績村も含めて四村での合併が成立した場合には「」として発足する予定だったが、最も人口の多い麻績村(約3千人)の離脱により、町制施行に関する人口要件(長野県の場合、八千人以上)を満たすことが出来なくなり、結局三村合併後(約六千人)も「村」のままとなってしまうことになった。

出身有名人[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]