上松町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あげまつまち
上松町
寝覚の床
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
木曽郡
団体コード 20422-6
法人番号 8000020204226
面積 168.42km2
総人口 4,373
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 26人/km2
隣接自治体 駒ヶ根市上伊那郡宮田村
木曽郡木曽町大桑村王滝村
町の木 木曽ヒノキ
町の花 オオヤマレンゲササユリ
町の鳥 コマドリ
上松町役場
町長 大屋誠
所在地 399−5603
長野県木曽郡上松町駅前通り2丁目13番地
北緯35度47分2.6秒東経137度41分39.2秒
AgematsuTownOffice.JPG
外部リンク 上松町ホームページ

上松町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
風越山から望む上松町と台ヶ峰・御嶽山

上松町(あげまつまち)は長野県の南西部に位置する木曽郡の町。本項では町制前の名称である駒ヶ根村(こまがねむら)についても述べる。

町の東端には中央アルプスの最高峰である木曽駒ヶ岳がそびえ、町のほぼ中央を木曽川が流れている。

木曽郡中北部の町村(木曽福島町木祖村日義村開田村王滝村三岳村)と合併協議していたが2004年9月26日に合併の是非を問う住民投票を実施。結果は反対多数だったため当面は合併をせず自立を目指すことになった。

地理[編集]

長野県南西部に位置する町。隣接する木曽福島町(現・木曽町)に次ぐ木曽谷2番目の人口を擁す町である。町の東部には切り立った木曽山脈、西部は定高性のあるなだらかな阿寺山地が広がる。森林セラピー基地に認定されている。町の中央を木曽川が縦断しており、寝覚の床に代表される木曽谷有数の景勝美を作り出している。木曽川の河岸段丘が発達しており、複数の段丘面上に集落が形成されている。

山地[編集]

主な山

河川[編集]

主な川

人口[編集]

Demography20422.svg
上松町と全国の年齢別人口分布(2005年) 上松町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 上松町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
上松町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 8,424人
1975年 8,082人
1980年 7,654人
1985年 7,370人
1990年 6,997人
1995年 6,641人
2000年 6,376人
2005年 5,770人
2010年 5,245人
2015年 4,670人
総務省統計局 国勢調査より

隣接している自治体[編集]

長野県

歴史[編集]

江戸時代中山道が整備され、上松宿が設置される。

沿革[編集]

政治[編集]

行政[編集]

町長

所轄広域連合[編集]

国家施設[編集]

宮内省[編集]

林野庁

施設[編集]

警察[編集]

本部
交番

消防[編集]

本部

郵便局[編集]

主な郵便局

公民館[編集]

  • 上松町公民館

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

友好都市

経済[編集]

産業[編集]

主に林業が盛んである。

工業[編集]

  • 上松電子 本社工場

マスメディア[編集]

中継局[編集]

教育[編集]

大学[編集]

国立

中学校[編集]

町立
  • 上松町立上松中学校

小学校[編集]

町立
  • 上松町立上松小学校

幼稚園[編集]

  • 上松幼稚園

職業能力開発校[編集]

県立

交通[編集]

木曽川・寝覚の床とJR中央本線

鉄道[編集]

中心となる駅:上松駅

JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)

バス[編集]

路線バス

道路[編集]

国道
県道

観光[編集]

木曽の棧
小野の滝

名所・旧跡[編集]

宿場町
主な寺院
主な神社

観光スポット[編集]

自然
公園
  • 天狗山公園
文化施設
  • 木曽路美術館
その他

舞台にした作品[編集]

映画[編集]

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]