汽車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
汽車道
Kishamichi Promenade
Kisyamichi.jpg
汽車道
分類 港湾緑地
所在地
横浜市中区新港二丁目、西区みなとみらい二丁目
座標 北緯35度27分10.6秒東経139度38分5.7秒座標: 北緯35度27分10.6秒 東経139度38分5.7秒
面積 9,129 m2
前身 鉄道線路
開園 1997年7月19日
運営者 横浜市
横浜博覧会開催時に走った列車(転用後の「三陸鉄道36-300形気動車」の項も参照)
汽車道と港1号橋梁
新港地区側より(右端に港3号橋梁)

汽車道(きしゃみち、英文名称Kishamichi Promenade)は、神奈川県横浜市桜木町駅前と新港地区とを結ぶ、鉄道廃線跡を利用して1997年に開通したプロムナードである。港湾環境整備施設(港湾緑地)として整備されており[1]2002年に設定された散策コース「開港の道」の起点側にあたる[2][3]。また、一部はみなとみらい地区(17街区)の運河パーク内を通っている(詳細は後節)。

本項ではプロムナードとしての汽車道だけでなく、その歴史や産業遺産としての価値についても触れる。

概要[編集]

汽車道は元々、ウィンナープロムナードと呼ばれていたが、1996年平成8年)に行われた名称公募により改称となった。1911年明治44年)開通の旧横浜駅と新港埠頭を結ぶ臨港線(通称税関線とも)の廃線跡を利用し、その一部にあたる約500mの区間を緑地として整備したものである。

この臨港線は当初貨物輸送目的で作られたもので、新港埠頭内の横浜港荷扱所(後に横浜港駅へ昇格)を経由して岸壁倉庫の前、さらに横浜税関構内の荷扱所まで結んでいた(詳細は「高島線」の項を参照)。一方、1920年大正9年)からはサンフランシスコ航路の出航日に限り、旅客列車(ポートトレイン)の運行が行われるようになった。戦後米軍により一時接収されたが、1952年昭和27年)に返還され、以降1961年(昭和35年)の氷川丸の最終航海時まで旅客運送が行われていた(詳細は「ボート・トレイン#横浜港駅」を参照)。

その後、貨物支線としては1986年(昭和61年)に廃止となった[注 1]が、1989年(平成元年)の横浜博覧会開催時にはこの路線を利用して会場ゲートがあった桜木町駅近辺(日本丸駅を設置)から山下公園の氷川丸付近(山下公園駅を設置)まで旅客列車(気動車)の運行[注 2]を行い、博覧会終了と共にこの区間も廃線となった後、1997年(平成9年)に汽車道として整備されるに至った。

汽車道は日本丸側と新港地区を2つの人工島並びに3本の橋梁で結ぶ構造となっている[4]。また、開通当時に架設されたアメリカ製とイギリス製のトラス橋を改修・保存しており、新港地区からの列車が頻繁に行き来していた頃の、かつての面影を残している。

橋梁[編集]

汽車道上に架かる港1号橋梁〜港3号橋梁の3橋梁は、横浜市認定歴史的建造物に認定されている[5]

港1号橋梁[編集]

1907年(明治40年)に、港2号橋梁とともにアメリカン・ブリッジで製作されたトラス橋で、1909年(明治42年)に鉄道院により架設された[6]。30フィートの鈑桁橋2連と100フィートのトラス橋からなる[7]。複線相当の幅がある。2012年(平成24年)10月24日から2013年(平成25年)3月15日まで補修工事を実施している。

概要[6]
構造概要:鋼トラス橋
設計者:鉄道院
製作者:アメリカン・ブリッジ

港2号橋梁[編集]

100フィートの複線トラス橋。港1号橋梁と同年に製作された[6]

概要[8]
構造:鋼トラス橋
設計者:鉄道院
製作者:アメリカン・ブリッジ

港3号橋梁[編集]

元は1906年(明治39年)に架設された北海道炭礦鉄道夕張線夕張川橋梁の100フィートトラス橋と1907年(明治40年)に架設された総武鉄道江戸川橋梁の2基の100フィートトラス橋であり、1928年(昭和3年)に横浜生糸検査所引込線の大岡橋梁として転用された[4][9]。現在は夕張川橋梁のトラスの一部が再移設され、プロムナードに沿って保存されている。1号・2号橋梁と異なりイギリス製であり、トラスの高さが低くなっている[4]

概要[9]
構造概要:鈑桁橋(鋼ワーレントラス橋)
設計者:鉄道院
製作者:川崎造船所兵庫分工場

ギャラリー[編集]

受賞歴など[編集]

土木学会デザイン賞2001[編集]

汽車道をまたぐ「ナビオス横浜」、赤レンガ倉庫を遠望する

汽車道は土木学会による「土木学会デザイン賞2001」において最優秀賞を受賞した[10]。選考の講評にあたって、選考委員の大熊孝(新潟大学教授)[11]は、みなとみらい21の中心にあって観光資源を結ぶ歩行者空間を、歴史的資産の巧みな保全・活用と施設整備によって人々が楽しみながら回遊する空間となっていると捉え、特に汽車道をまたぐように建設されたホテル「ナビオス横浜」の開口部によって確保された汽車道から赤レンガ倉庫への見通し景観を、優れた動線設計として評価した[10]。榊原和彦(大阪産業大学教授)[11]は、同じくホテル建物の開口部によって確保された景観を高く評価する一方、由来の異なる港3号橋梁の移設に疑問を呈した[10]。佐々木葉(日本福祉大学助教授)[11]は、汽車道を横浜が「持てる資源をきちんと活かして嫌味のない意匠に仕立て」[10]たものであり、20年以上にわたる横浜市における正統派のアーバンデザインの積み重ねを評価した[10]

近代化産業遺産群33[編集]

汽車道の3つの橋梁は「旧臨港線港一号橋」「旧臨港線港二号橋」「旧臨港線港三号橋」として、2007年(平成19年)11月30日に経済産業省が公表した[12]近代化産業遺産群33のひとつに認定されている[13]。汽車道は「『貿易立国の原点』 横浜港発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」の一部として認定され[14]、日本における近代産業の発展と軌を一にし、「貿易立国」の原点となった横浜港の歴史を証する遺産のひとつとされた[15]

周辺の緑地整備(運河パーク)[編集]

ナビオス横浜西側(横浜ワールドポーターズ前)のみなとみらい地区17街区には運河パーク 〔MAP〕 が整備されている。汽車道は港3号橋梁を渡ると同パーク内を通り、ナビオス横浜下部に造られた開口部(吹き抜け)の先まで続いている。

同パーク内には日本丸メモリアルパーク象の鼻パーク大さん橋方面と行き来する水上バスの乗り場「ピア運河パーク」がある[16]。また、同パークの南側に広がる運河の対岸は森ビルなどにより再開発が進められている北仲通地区となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 高島より新港埠頭内にある横浜港信号場(旧横浜港駅)までの書類上の旅客営業廃止は翌年(1987年)のことである。
  2. ^ 横浜博覧会委員会が期間限定で鉄道事業者免許を取得した。

出典[編集]

  1. ^ 横浜市港湾施設使用条例第2条第2項の規定に基づく港湾施設の告示(昭和43年5月1日 告示第94号)”. 横浜市総務局 (1968年5月1日). 2013年3月10日閲覧。
  2. ^ 開港の道(横浜線沿線 街角散歩)
  3. ^ ヨコハマ ~ 「開港の道」バーチャル散歩(matiere)
  4. ^ a b c 「汽車道パンフレット」(横浜市港湾局)
  5. ^ 認定歴史的建造物一覧”. 横浜市都市整備局. 2013年3月10日閲覧。
  6. ^ a b c 歴史的建造物30”. 横浜市都市整備局. 2013年3月10日閲覧。
  7. ^ 現地設置の橋梁説明板
  8. ^ 歴史的建造物31”. 横浜市都市整備局. 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ a b 歴史的建造物32”. 横浜市都市整備局. 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ a b c d e 土木学会デザイン賞2001”. 土木学会 景観デザイン委員会. 2013年3月10日閲覧。
  11. ^ a b c 選考委員の所属は次のウェブサイトによる。デザイン賞2001選考委員”. 土木学会 景観デザイン委員会. 2013年3月10日閲覧。以下、同じ。
  12. ^ 地域活性化のための「近代化産業遺産群33」の公表について”. 経済産業省. 2013年3月10日閲覧。
  13. ^ 近代化産業遺産 認定遺産リスト (PDF)”. 経済産業省. 2013年3月10日閲覧。
  14. ^ 近代化産業遺産群33 近代化産業遺産が紡ぎ出す先人たちの物語 (PDF)”. 経済産業省. pp. 52-54. 2013年3月10日閲覧。
  15. ^ 近代化産業遺産群33 近代化産業遺産が紡ぎ出す先人たちの物語 (PDF)”. 経済産業省. p. 52. 2013年3月10日閲覧。
  16. ^ 京浜フェリーボート:水上バス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]