坂本宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木曾街道六拾九次 坂本(渓斎英泉画)

坂本宿(さかもとしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて十七番目の宿場

概要[編集]

現在の群馬県安中市松井田町坂本。JR信越本線横川駅から国道18号線(旧道)を軽井沢方向に2kmほど行ったところにあり、その途中に碓氷関がある。中山道有数の難所であった碓氷峠の東の入口にあたり、本陣脇本陣合わせて4軒、旅籠は最盛期には40軒ある、比較的大きな宿場であった。

中山道坂本宿、碓氷峠を西へ下った軽井沢から見た浅間山。軽井沢宿は食売などで繁盛していたが、天明3年(1783)の浅間山爆発で大打撃を受けた。また明治に入り碓氷新道が開通するとともに、同村は衰退していく。 — 長崎大学附属図書館、「中山道軽井沢からの浅間山」『幕末・明治期日本古写真コレクション』に拠る。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、坂本宿の宿内家数は732軒、うち本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠40軒で宿内人口は732人であった。

最寄り駅[編集]

隣の宿[編集]

中山道
松井田宿 - (碓氷関所) - 坂本宿 - (碓氷峠) - 軽井沢宿

参考文献[編集]

写真[編集]

  • 日下部金兵衛「中山道軽井沢からの浅間山」、長崎大学附属図書館『幕末・明治期日本古写真』コレクション、2008年。

関連項目[編集]

  • 浅間山
  • 中山道
  • 宿場町